恋のはなし

  • 63人登録
  • 4.00評価
    • (10)
    • (16)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
アーティスト : イメージ・アルバム  武内健  三木眞一郎  石川英郎 
  • インディーズ・メーカー (2009年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4571153232007

恋のはなしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (新山慶吾) 三木眞一郎×武内健 (多和田知生)

  • やばい!
    武内くんもいいけどみっくんにむっちゃときめいた!
    最初は視点が入れ換わっておいおいって思ったけど、ここどう思ってんの!?ってところがわからないから余計モヤモヤした(笑)。
    やられたわ…。
    色々突っ込みたいところあったんだけど、もうみっくんがよすぎてどうでもいい(笑)。
    身体つなぐまでのあっさり感とか修羅場の肩すかし感とかとか(笑)。
    ひでろーもいい人だったな…鈍感だったけど。
    過去の話だからって言っただけで友達してくれてほんとにいい人(笑)。
    しかしテレビ見ないからってだいぶ長い期間騙されてたな…そんなことあるのか…。
    個人的にはドラマを見て自分で気づいてほしかったなー!
    それからぶちぎれるっていう修羅場を待っていたんだけど、そんな自分好みには展開しないよね(笑)。
    何故かみっくんがバイバイって言ってから追いかけていって大団円ってところで涙出た(笑)。
    なんで泣いたんだ…。
    その前のみっくんの演技のせいなのか。
    過去の話が突然過ぎてびっくりしてたくらいなのに。
    愛のはなしは2人ともかわいくてもうニヤニヤしてた(笑)。
    みっくんの溺愛っぷりがもうたまらん。
    武内くんの天然というか純真な感じもよかったけど、これはみっくんに全部持っていかれたわ…。
    早く聞けばよかった(笑)。

  • 原作未読。

    正直言って、私は受けの武内さんがあまり好きではありません。
    いい声だと思うし、演技も上手いと思うのですが、単純に趣味に合わない。

    でも、そんなの全然関係なくなるくらい、いい話でした。
    受けの心情にシンクロして非常に切なくなるけれども、最後はハッピーエンド。

    蛇足ながら、三木さんの言葉攻めはゾクゾクしますね、さすがです。

  • うるうるでキュンキュン。いいわあ~。

  • みきしんは「少し性格に難がある」くらいの役をやってくれた方が魅力爆発する。演技力の賜物だと思う。性格の悪さを「悪い」だけで終わらせないところが凄い。
    ノンケの新山が知生に惹かれて愛情を真っ直ぐに抱いて行く様と、初めて人と恋をして、その戸惑いと自分がゲイであると言う負い目とにぐらぐら揺れまくってる知生との心の紡ぎ合いが物凄くリアルだった。

  • 玄関

  • 多和田知生 CV:武内健
    新山慶吾 CV:三木眞一郎

    武内くんってこういう声も出せる人だったんだ・・・
    改めて声優さんってすごい!と思わせてくれた作品。

  • 三木さんの独壇場です笑

    ストーリーはよくある話ですが、三木さんの素晴らしい演技で何倍も違いました。
    武内さんの受も可愛くて面白かったです。でも「恋人がいたら一人えっちしない」は流石に騙されてるって気付けよと思いましたが……。

  • 三木×武内。

    ゲイで恋愛に対して臆病な男と、その男をちょっとしたきっかけから利用する脚本家の恋愛の物語。三木眞のキャラ、無邪気に酷いです。

  • 原作好きなだけに
    若干物足りない感もあるような。

    武内さんの受がすきなので4w

全14件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

恋のはなしを本棚に「聴きたい」で登録しているひと

恋のはなしを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

恋のはなしを本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

ツイートする