ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.[DVD]

  • 1116人登録
  • 4.32評価
    • (277)
    • (179)
    • (73)
    • (12)
    • (2)
  • 163レビュー
監督 : 庵野秀明 
制作 : 林原めぐみ  緒方恵美 
  • キングレコード (2011年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003800796

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.[DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この世は生きるには値しない。

    そのような物語があってもいいと思う。否定はしない。
    それでも、やっぱり世界は美しいと信じたい。

    『新世紀エヴァンゲリオン』を諦念の物語とみるならば、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』は希望の物語にみえる。
    そう信じたい。

    うつむいている時には空の青さにはなかなか気づけない。
    イヤフォンで音楽を聴いてばかりでは鳥のさえずりや木々のざわめきがわからない。

    何をみて、何を聴いて、何を嗅ぎ取るのか。
    同じ世界でも捉え方がまったく変わってくる。

    市井の人々が生活している。
    潮風の匂いがする。スイカ畑の土の匂いがする。
    おはよう、ありがとう、いただきます、が聴こえる。

    きちんとご飯を食べる。料理を作る。
    自分のために、誰かのために。

    同じようなストーリー、シチュエーションであっても微妙な変化が生じる。意味合いが変わってくる。

    ジェリコの壁の消失。
    アイスのハズレ棒。

    碇ゲンドウの描き方も、過去に固執する利己的な男から、仕事人間で不器用な父という印象に変わった気がする。
    ゲンドウ、シンジ共に、少しずつではあるが互いに向き合う努力をしている。

    そして、世界の命運を賭けた「ボーイ・ミーツ・ガール」に魂が震える。

    「Q」に期待。

  • ラミエルから始まった使徒のかっこ良さは依然健在。
    鬼頭莫宏の第3使徒のデザインもアスカ登場時の新使徒の水飲み鳥デザインも素敵過ぎる。始まってすぐ大興奮。


    そしてなによりもシンジの成長フラグが消化されてるのが良い。
    テレビ版はゲンドウに褒められたと思ったらダミープラグ発動だし
    ゼルエルに意を決して立ち向かったと思ったら暴走だし
    悉く折られ続けてきた成長フラグが、
    新劇場版ではゼルエル戦で暴走したにも関わらず、
    自分の意思で綾波を助け出すところにシンジの成長と気概を感じた。

    ハッピーエンドに期待してしまう。

  • 前作序はテレビ版のラミエル戦までをうまくまとめた形だったけど
    今作はまったく違うものになってました。
    が、それがものすごく良くて見終わった後すぐにもう1回見たい!と
    思ってしまったほど面白かったです!!!!
    新キャラも出てきてラストもまったく想像つかず。
    アスカの名前が替わったり、レイの性格がかわいくなってたり
    委員長とトウジが・・・と、もういろいろ違うところが多くて
    でもそれが新鮮ですごくよかったです。
    若干、好きだったシーンが削除されててがっかりなトコもあったけど
    使徒も派手になったし続きが気になる作品。
    ラストどうなるのか楽しみ♪

  • めちゃくちゃ面白かった。

    相変わらずエヴァの動きが大迫力ですごい。
    あっという間に終わってしまった気がするのに内容が濃い。

    Qが早く見たくて仕方ない。

    あとマリかわいい。

  • エヴァンゲリオン新劇場版第2作目。
    TVシリーズの話をある程度踏襲しつつも、新キャラクターが出てきたり、かなり違うストーリー展開を見せる。
    やっぱり面白いが、今度こそ、しっかりとした決着がつく終わり方をしてほしいと願う。
    あくまでも途中の段階なので次回作と最終作に期待。

  • Q公開を前に今更ながら鑑賞。今のところなぜ、あんなにブームだったのか、こんなに期待されているのかわかりません…。

  • 普段評価つけないけど、これだけは。

  • 購入
    いつでも好きな時に観ることができるのが 嬉しい。

  • 戦闘シーンがかっこよすぎた。タイトルどおり地上波アニメとはだいぶ話が変わってたな。
    起承転結の繰り返しがちょっと疲れるとか変な唄が流れるとか気になるところはあったけど面白かった。

  • 完全にマニア向け使用。ストーリー知らない人が観ても何のこっちゃ分からんと思う。巨乳新キャラにアニメマニアが喜ぶ戦闘シーン。描写。これでもかとオタク層に媚びを売っている。庵野さん、フリルの付いたパンツ履いてるねって感じだ。しかしオタクを否定した監督だ。一周回ってあえてそう言う見せ方をしているのかも知れない。
    しかし深読みは禁物。そう見せる事こそエヴァンゲリオンの真骨頂。シンパは何をしても深読みして誉めてくれるだろうが、その辺も読んだ上でそうした可能性もある。結局問題はあくまで最後だ。
    新では無い劇場版は見せ方をややこしくしていたが、前世代アニメのオマージュであり、メッセージ性もあった。
    だが「新」は現時点では絵が綺麗な同人誌と変わらん。オタフィルターを通さなければ、ストーリーも何も無いままチャンバラやってるだけとしか思えんだろう。ファンはそれで喜ぶだろうが、現時点ではあくまで信者向けアニメでしかない。純粋に一つの映画として2とした。あと2作。どう言った結末を迎えるのか見届けたい。

全163件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.[DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.[DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.[DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.[DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする