めまい <初回生産限定版>

  • 18人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571264914588

めまい <初回生産限定版>の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1958年公開、アメリカ映画。
    製作背景を知ると、なお面白い。
    映画史上、始めてCGが使われた映画であること。
    主演女優の降板。
    女性蔑視のイデオロギーへの批判と評価。
    床が落ちるような「めまいショット」。

  • LOVEとサスペンスの巧みな融合
    。男女が互いに目がくらむのは一瞬なり。後述。

  • ヒッチの映画は全部★5つ付けたくなる。先生の影響か。大いにあるだろう。

     高所恐怖症になった元警官が、大学時代の同級生からその妻の尾行を依頼される。彼女の行動が奇怪である、どうやら先祖の霊が乗り移っているらしいというのだ。そこで彼は尾行を始めるが…。

    って書きだしてもまだストーリーの五分の一くらいなんだよね。ヒッチの映画はいつもひねりが効いていて、筋が二転三転する。つまりプロットが精巧に練られている。観ていて驚きの連続。そして緊張感が長く続く。まさにサスペンス。

     観客は最後の方まで真実は葉からいままだが、主人公よりは早く知らされる。心理戦だわ。でもちょっと殺人のからくりがわかりにくいかも。ジェームズ・スチュワートが恋したのは最初からあの身代わりの子のほうでしょう?

     「めまい」はカラーフィルターとアニメーションも特徴的。うずまきも。主観ショットが多用。zooming forward and ~(前景を拡大させながらカメラを後退させる)あのショットは素晴らしい!

    ヒッチコックはfollowerがまじでいるからあまり大きなこといえない。

  • オープニング怖すぎるからやめろオオオ観るのやめようかと思った。笑
    中盤面白かったのに、最後なんかあっけなくてエッてなりました。シスター何してんすか

  • 後半部分で、アニメーション、光の演出がとても先進的ではっとさせられた。
    話がどう進んでいくのか、最後まで引きつけられた。でも、最後がよくわからなくて、リピートでは観なくていいや、と思ってしまった。

  • わからない。
    感情移入もしにくいし。
    あらすじはイイんだけど。
    残念。

全6件中 1 - 6件を表示

めまい <初回生産限定版>はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする