ターミネーター3 [Blu-ray]

  • 108人登録
  • 2.70評価
    • (2)
    • (3)
    • (17)
    • (12)
    • (3)
  • 6レビュー
監督 : ジョナサン・モストウ 
出演 : アーノルド・シュワルツェネッガー  ニック・スタール  クレア・デーンズ  クリスタナ・ローケン 
  • ジェネオン エンタテインメント (2009年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102652432

ターミネーター3 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <スカイネット>が支配する未来社会。
    人類抵抗軍のリーダーとなる宿命を負ったジョン・コナー。
    世界は「審判の日」から救われたはずだった…。
    しかし、燃え盛る溶鉱炉に姿を消したはずのターミネーターが、今、再び成長したジョンの目の前に現れる。
    いったい何のために…?

  • シリーズ初の女型ターミネーターが登場して話題となったシリーズ3作目。

    「T2」から10年後。
    1997年8月29日の“審判の日”は回避された。
    しかし、未だに不安を感じ、人との接触を避け、ターミネーターの夢にうなされる日々を送っていたジョン・コナー。
    そんな彼の前に2032年から送り込まれた2体のターミネーターが現れる。
    ジョン抹殺を目的とするT-X。
    そしてジョンの護衛を目的とした、シュワルツェネッガー扮するT-850。
    前作でスカイネットの誕生を阻止したはずなのに何故ターミネーターが現れたのか…
    ストーリーの入り口はこんな感じ。

    単なるアクション作品としては悪くないです。
    か、根本的に前作「T2」を否定してしまう内容なのが残念。
    前作は何だったんだよ…といった具合に。
    キャッチコピーの「恐れるな。未来は変えられる。」というのも内容にそぐわないし…何なんでしょう?
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • 映像的には前とは変わらんなぁ

    ジョン・コナーがオッサンになってたし、ラストシーンが悲しかったよ~。

    やっぱ2のインパクトが強かったね。

  • 一周回っておもしろいと思う
    初めて劇場で見た時はジョンコナーがISSAの声で棒読みだったり(DVD版からプロ声優に直されてます)、オチが1と2を台無しにするようなもので怒りさえ沸いた本作
    T4が公開され、あれはあれで面白いとは言え全然ターミネーターではない映画になってしまい、そうなってくるとT2の焼き直しに近いT3が何故か愛おしく思えてくるから不思議
    やっぱりシュワちゃんのターミネーターが最新ターミネーターから命懸けで守ってくれるのがターミネーターだよね!
    明らかにT1000より弱い気がするTXも可愛くていい
    T2に一番雰囲気が近いのはサラコナークロニクルズだと思うが、T3はT3でいい
    Blu-rayになってもパッケージ裏に書かれる「恐れるな。未来は変えられる。」という意味不明なキャッチコピーがそのまま載せられるところに漢気を感じました!

  • 「えっ!?」って感じの終わり方。期待はずれだった。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ターミネーター3 [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ターミネーター3 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする