シャッフル [DVD]

  • 433人登録
  • 3.12評価
    • (10)
    • (66)
    • (131)
    • (44)
    • (6)
  • 109レビュー
監督 : メナン・ヤポ 
出演 : サンドラ・ブロック  ジュリアン・マクマホン  ニア・ロング  ケイト・ネリガン  アンバー・ヴァレッタ 
  • クロックワークス (2009年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013803640

シャッフル [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夫が死んだという報せを聞いた翌日から、夫が交通事故で死ぬ前後の一週間の曜日をシャッフルされて体験するというストーリー。夫が死んだという報せを聞いた翌日、起きると夫が生きている。そのまた翌日、起きるとまた夫は死んだことになっている。
    夫が死ぬという日がやって来て、彼女は夫を救おうとするが、虚しく夫は死んでしまう。
    運命は変えられないが、愛を取り戻すことはできた。
    シャッフルという不可解な現象は未来を変えるために起こったのではない。日常化してしまって忘れてしまっている大切なものを気付かせた。
    宗教的な面もあるから、日本人には分かりづらい?
    最初は不気味な感じがしたけど、面白かった。

  • シャッフルされた一週間を送る話。
    設定は面白かったと思う。最初はわからなくても後で繋がる所とか。
    でも全体的にすごくつまらなかった。

    机の引き出しを必死に探ったり、家具を派手に倒したりして
    何かを必死に探すっていう描写。映画やドラマでもよく出てくるけど
    もう食傷気味のシーンなのでうんざり。

  • 観たあとしぬほど人恋しくなる個人的にものすごく鬱な気分になる映画。
    回避できる方法をみつけられて、しかも抱きしめたりできて悲しい日と嬉しい日が交互にきて、でも っていう流れがかなり個人的にだめだった。一般の鬱映画では別に感情移入しないのにこれはすごかったです
    「もうにどとあえないはずのひとが帰ってきている」っていう一時的な嬉しさはだめだとおもう、悲しすぎて
    だったらもう二度と会えないほうが変な希望もたずにすむのにいいいいうがあああってなった。思い出しても結構きつい。個人的に。

  • 突然の訃報。でも目が覚めるとそれは夢だった・・・。
    が、翌日また目が覚めるとお葬式の準備が進んでいて・・・
    どっちが夢なの?と混乱する主人公

    すぐに仕掛けがわかってがっかり。
    しかもラストもそうなるだろうなと思ったとおり。
    爽快感はないです。

    本当のラストに少し希望があるけどでも、なんか残念感が漂うね。
    納得できない部分もチラホラ。

    まぁ、ストーリーとしては面白いかな。

  • 2017/12/11

  • 寝て起きたら日にちが遡ったり未来だったりで行ったり来たり。
    それにしてもこの人ちょっとヒドイんじゃ・・・
    いくらレスとはいえ2人も子供産んで長年過ごした夫なのに。

  • 旦那が交通事故で昨日無くなったと連絡をうけた日から、主人公の1日が1週間をシャッフルした日に飛ぶようになる。
    旦那が死んだと思えば生きていたり、娘の顔に傷が出来たり、知らないはずの人が自分を知っていたり…混乱する日々。
    1週間がランダムで過ぎているんだと気付いたものの、実は浮気しようとしていた事を知り更に混乱する。
    それでも旦那が死なないようにと行動するも、大元の結果は変わらない。
    無駄だったように思えるシャッフルだが、旦那との愛を再確認出来る結果となる…という展開で、旦那死なずに済んでハッピーとならないのが現実的ではあるけど悲しすぎる!

    保険会社の社員も、タイミングが良すぎるんですよ…ってわざわざ言うのイヤだなぁ。
    本当に事故なんですか?って、事故じゃなく他殺(あなたが殺したのでは?)とか、自殺なのでは?と勘繰るだけならまだしも妻に聞かせる事じゃないよねって思ってしまう。(いや物語が進まなくなってしまうのだけどw)

  • 「午後のロードショー」にて。朝、目が覚めると、1週間がランダムに訪れるというSF設定はなかなかユニーク。「メメント」みたいに謎めいた出来事の意味がわかってくるところも面白いのですが、夫の交通事故という最大の出来事が最後にやって来るのは、ちょっと都合良過ぎやしないかと。

    結局夫の命を救えなかったけど不倫の誤解は解けたというオチですが、この話自体が壮大の夢オチだったとも解釈できる?

  • 【あらすじ】
    出張中の夫のジムから「こないだ娘たちの前で言ったことは本当だよ」という謎の留守電が。何のことかと折り返すリンダだが電話は不通。そこへ夫が事故に巻き込まれ死亡したとの知らせが!悲しみにくれた翌朝(2日目)、何もなかったかのように台所にいるジム…夢だったのか…洗濯中にカラスの死骸を見つけたり、運転中に夫の訃報を知らせに来た警官にあったりと不吉なものを感じた翌朝(3日目)、今日はジムの葬儀だと言う…なぜか家中の鏡に布がかけられ娘の1人は顔にケガ。葬儀には見知らぬ女性(昨日会ったと向こうは言う)がいたりと、何がなんだか分からないリンダは…

    【以下ネタばれあらすじ】
    朝洗面所で見つけた身に覚えのない薬を処方したロス医師の電話番号を調べる…タウンページの該当箇所は破られ、ゴミ箱から発見する。時間外のため電話は通じない。

    その夜、何とロス医師自身が警官と共に来訪、娘の情緒不安定を恐れた母親が通報したのだ。そのまま拘束され安定剤を打たれるリンダ。薄れゆく意識の中「水曜に夫が死亡?しかし彼女は火曜に『夫が死んだ』と来院している!」と医師が話しているのを聞く。

    翌朝(4日目)、また生きている夫がシャワーを!ほっとするのもつかの間、おかしな現象に悩んだリンダは夫の職場に行き、葬儀で出会った謎の女性が夫のアシスタントであることに気づく。その後、ロス医師の元へ。3日目に見つけた薬を処方される。

    突然の大雨に洗濯物が濡れる!と慌てたリンダは子供らに手伝ってーと声をかけたところ、姉の方が慌ててガラス戸に激突して大怪我!救急に運び命に別状はなかったが、なぜ戸にシールを貼らなかったのかとじわじわ責めるジム。その時リンダは気づいた(遅い)。1週間がシャッフルされている?

     月曜:2日目:カラスの死骸を見つけた
     火曜:4日目:夫の職場とロス医師のところに行く、娘がケガ
     水曜:?日目:夫出張の日、事故死
     木曜:1日目:夫が昨日死亡したとの知らせを聞いた
     金曜:?日目
     土曜:3日目:夫の葬儀

    まだ水曜と金曜を経験していない…

    翌朝(5日目)は金曜だった。シャッフルを理解したリンダは、葬儀の手配を事務的に済ませ、夫が水曜の朝に保険金を3倍にしていたことに気づく。またアシスタント女性の下に行き、夫は浮気直前だったが未遂に終わっていたことを知る。

    翌朝(6日目)は日曜だった。シャッフルが始まる前日であり、リンダは教会にもどかしい気持ちを話しに行く。夫の死を止められなければ、夫を殺すことになるのだろうか…牧師(神父かも)は「何かを始めるのに遅いということはない。生きて存在することが奇跡なのだ」と語る。

    帰りに夫が事故で死亡するであろう220MILE標識を確認するリンダ。その夜リンダは、娘らに寝る前の挨拶をする際「パパに愛してると言って、パパも娘たちに言って」とマジ顔で確認するように言う。何も知らないジムは促されるまま愛してると言い「もちろんママも愛してる」と言う。その夜、庭に落雷がありカラスが死亡。

    翌朝(7日目)は水曜だった。既に娘を送るついでに出かけてしまったジムを追うリンダ。出張+浮気旅行だったジムだが、リンダ達家族がいかに大事だったか気づき、出掛けに保険金を吊り上げ、浮気相手に関係の終わりを告げ、留守電を残す。そこへリンダから電話が!→あなたの後ろにいるわ!浮気は許すから愛してるなら私を信じて車をUターンして!→ジムは急にUターンしたため、やってきた別の車とニアミス→車線中央で立ち往生したジムの車はトレーラーと激突!→結局死亡してしまう…。

    後日、運命全てを受け入れたリンダはケガが直りつつある娘と共に引越しをする。腹にはあの日(日曜か?)できたであろう赤ちゃんが…。

    シャッフルが始まったのがあたかも日曜からなのですが、実際リンダは水曜の夜までは普通に過ごしていたはず、と考えます。

    おそらく日曜夜の寝る前の挨拶も、ジムは家族を考え直すきっかけだったが、リンダはいつもどおりの夜と特に考えなかったからこそ水曜の留守電の内容に???だったと思われます。

    シャッフル後、リンダが何か行動を起こしたからジムが変わったのではなく、ジム改心は前から確定していたこと(ジム死亡が確定であるように)。日~水曜を再経験することで、ただただ通り過ぎた日常がいかに大事だったかとリンダは気づいた!

    という展開の方が個人的には良いと思うのだがどうか。

    それはともかくやはり水曜にリンダがジムの車を止めなければと思わずにはいられません。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  •  夫を突然事故で亡くした女性。しかし翌日夫は普通に生きていた。そしてその翌日は夫の葬儀。彼女は夫を亡くした一週間がシャッフルされて順不同にやってきていることに気づく。

     『スローターハウス5 』のトラルファマドール星人みたいなことが起きるこの映画。どうしたら不幸な出来事を回避できるかという視点で動いていくのだが、最後には避けられない不幸にどういう意味を持たせるのかという視点に変わっていく。
     ミステリーに見せて実はミステリーでない映画。なかなかに重要なテーマを扱っている。サンドラ・ブロックはこういうイロモノ映画で着実に結果を出してるなぁ。

全109件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

シャッフル [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

シャッフル [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

シャッフル [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする