崖の上のポニョ [DVD]

  • 3140人登録
  • 3.42評価
    • (277)
    • (439)
    • (685)
    • (203)
    • (48)
  • 525レビュー
監督 : 宮崎駿 
  • ¥ 3,350 (参考価格 ¥ 5,076)
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2012年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241981264

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

崖の上のポニョ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 息子が映画館で初めてみた作品。

  • 岩を這うフナムシ。
    足を海に浸し、異界の濃度に馴染んでいく確信、プラスチックバケツが台風の風に転がってゆく坂道、水圧の高いゼリーのように硬くて柔らかい水、内海に浮かぶ船、波、島の向こうに感じる音の反響と拡散の気配。
    そして、沈んだ街を見下ろしながら、足のすぐ側を古生代の生物がかすめていくリアリティ。そのリアリティは現実よりリアルで、心地よさに身を任せたくなる。

    様々な記憶と夢の断片が散りばめられて、それが洪水に浸され、繋がっている。

    10代、20代と、生きているという事実の現前性が掴みたくて、ずっと焦燥にかられていた。
    「今」が奪われたまま、他人の目や、やむない事情に振り回されて生きていると、食べるとか、死ぬといった因果から離れて、例えば海が様々なものを様々なまま内在させて巨大にそこに現前していることを感じるような、危機を察知するセンス、言ってしまえばそれは畏れなんだけど、そういう直感がカサカサになるまでスポイルされてしまう。

    季節が大きなうねりのようにうつろう中で、ゆっくりと花が入れ替わり、咲きながら散ってゆく狂気を、庭の陰から眺めていたい。いくつものハレとケが交錯して日常がある。ポニョを見ながらそれを確かめて、明日が少し、楽しみになった。

    そうやって暮らしながら、大好きな人に触れたい気持ちが夜の海にほどけてゆくのは、美しいことのように思う。逢いたい気持ちで全力で駆けること、抱きしめること、笑ったり、食べたり、眠ったり、すごく大切なことのように思う。

    これを子どもが観る映画なのだというのなら、近くにいる誰かに、抱きしめられたくなればいいと思う。

  • オープニングから駿の想像力と誠実さで描いた海に溺れそうに。満月が揺れてて、あー、何か起こりそうな荒れる前の月だなぁと思う。今宵も満月。
    手描きに拘った大胆さと繊細さが混在した表情の豊かな海。舞台となった瀬戸内海の島育ちの人間が観ても、納得の原風景。描くもののことに尽くしてると思う。
    嘘や不謹慎も描いてもいるのに、確信をついてて嫌な気持ちにならない。
    船が走る時になる歌。波の音。
    オープニング観るだけで、相当、気持ちが穏やかに晴れやかになる。

    透明な海に沈む街とカンブリア紀の生物にやって来る既視感。
    様々な女性の人となり、立ち居振る舞いの描き分け。この作品、大人の女の愛の仕草の物語でも。駿の女性に対する敬意、ジブリを観ると、女に生まれて良かったなって思わせてくれる。

    「ぼくが守ってあげるからね」。
    たった5歳の子の、愛の言葉はとっても神聖で。

  • 5歳の頃の自分なら、女の子はぽいーして海の魚見て一日終わっていたかもしれません。運命に導かれる、あの意志が機能しない感じ、夢の中みたいだなーと思いますね。だから軽自動車でも海に飲まれず突っ切れる。いろいろと議論を呼ぶ作品だと思いますが、不思議なことはあとでわかるでしょ、という前置きは避けられなかったようで、その点ドラえもんの練馬区のスゴさが実は引き立つ。

  • 劇場?>ポニョが可愛い。人魚姫のお話を宮崎流に少しアレンジ作品。

  • 勇敢な宗介に脱帽。
    謎の多い作品。

  • とっても可愛い。
    海の描写が凄い。

  • ハムをのせたラーメンが食べたい…!!

  • たくさんの色が出てきて、海の色も何色もあって、波が少し怖かったけど、ポニョは相変わらず可愛かった。都市伝説やなんやってあるけど、そんなの考えずに色に魅了されながら観ればいい。あのラーメンとってもおいしそうだったね。笑

  • 平成狸合戦などウル物とは違うので、感動はしませんが、かわいい映画でしたよ。

    ポニョ、かわいいですね~。

    人間に恋したぽにょ。恋をかなえるために、一生懸命頑張ります。現代版、女の子が頑張る人魚姫です。
    ジブリの女の子は、みんな頑張ってて、さわやかです。

  • 地上波で。3回目位?
    太古の海の深い感じや色鉛筆風の描写や・・・
    いろんな海が見ていて楽しい。
    ポニョが進化したり、退化したりするシーンなど
    何度も見てますが、細かく描いてあるので毎回、何かしら発見があるのも楽しいです。

    ハムとゆで卵をのせたチキンラーメンが食べたくなります( *´艸`)

  • 子ども向けに作ったらしいけど、子どもが見たら面白いんだろうか。
    だとしたら、宮崎駿の感性ってすごい。
    俺はラピュタや魔女宅のほうがいいです。

  • 不思議な作品。見ていて分からないところがたくさんある。訳も分からないままに感動したり興奮している。
    色鉛筆で描かれた背景が温かくてとてもきれい。
    グランマンマーレはジブリの中で大好きなキャラクターです。

  • ぼーにょぽにょぽにょ
    あージブリの絵っていいよね!!!
    ぽにょ可愛い!!!

  • 映画より、歌が勝ってる。

  • お父さんがグラムロッカーだよな

  • 世界が魔法の海になる物語。
    それだけで、
    深く広がりのある本質的な話だと思う。

    ファンタジーとは、こういうものである。

    限りなくデフォルメされた空間が、
    内的世界を投影しているようで素晴らしい。

  • 生まれてきてよかった。

  • 幼い従兄弟にせがまれ観に行きました。
    う~ん…映画館で寝たのは初めてかも。
    ポニョを平然と受け入れる大人に少々恐れに近い感情を抱きました。

  • ポニョみたいに、なりふり構わず、好きな人のところにいきたいな。恋する勇気が湧きます。私もがんばりたい。

  • 途中から魚映画として観ることにしました。なので魚映画としての評価。
    津波のシーンは圧巻ですね。ありえないけど。
    しかし、ポニョがあまり魚っぽくないので残念。適当なデザインに見えます。あのスカートみたいなのは何…?
    デボン紀魚類が名前を紹介されつつも、特に意味なくわらわら泳いでいます。もっと役割与えてあげて!ただ好きだから登場させた感が満載です。お魚好きとしても不完全燃焼です。。
    宮崎監督のアニメには、いつも超優秀いい子キャラが出てきますね。この映画では宗介。こういうキャラがいると、絶対主人公パワーで何でも上手くいっちゃうのが見えるんで、面白くないです。

  • 絵本のページをめくっているみたいな感覚だった
    色鉛筆の線がきれい。


    3.11が起きる前に見ていたらまた違う感想だったのかもしれない。
    津波の恐ろしさ、沈んだ街で泳ぐ魚たちのシーンの残酷さ。
    無謀なリサの運転。

    フィクション、ファンタジー、アニメーション映画の一部だと知りつつも、どうしてもあの日の事を連想してしまった。

    人魚姫の話をモチーフにしているんだなーとはわかったけど、最後のあの急な展開はちょっと強引な気がした。

    そーすけ、すきー♡ この台詞はやっぱり癒し〜!!!

  • 3歳の観察も、映画と同じくらい 楽しかった。(ゆ)
    よかったねー(ぶ)

  • ポーニョポーニョポニョ

全525件中 1 - 25件を表示

崖の上のポニョ [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

崖の上のポニョ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

崖の上のポニョ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする