YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ

  • 237人登録
  • 4.43評価
    • (77)
    • (20)
    • (25)
    • (0)
    • (0)
  • 31レビュー
アーティスト : YOKO KANNO SEATBELTS  奥井亜紀  AKINO  Scott Matthew  Origa  May’n  Gabriela Robin  RaJu Ramayya  steve conte  Origa with Heartsdales  山本千夏 
制作 : YOKO KANNO SEATBELTS 
  • flying DOG (2009年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4580226564976

YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • E:\太朗\My Music\
    菅野よう子 フォルダ

    菅野さんもキャリアが長くなってきたし、知名度も高くなってきたので、新規ファンのための入門アルバムを作りましょうか、的なアルバム。

    tank!はオープニングのサイズが一番ちょうどよかった。聞き慣れているからそう感じるだけかもしれないけど。

    無個性と、器用さと、審美眼の確かさ。
    この三種の神器を極めることで菅野よう子は生き残ってきたのだろう。

    長いキャリアの中で、菅野よう子はまったく進化や成長をしていない。驚くほどだ。

    音楽に愛されるような天才ではないけれど、職業作曲家としての才能には恵まれているのだろう。

    The Garden of Everythingの、だったん人の踊りの所!すごくいい!何度聞いてもわくわくする。だったん人の踊りを、うまいことアレンジしてるな。

    クロエの、「ファッキャナウェリフォ~」のはじめの単語がFワードに聞こえるのは、私の心が汚れているせいだ(笑)。かわいい曲なんだけどね。

    このアルバムに収録されていて、私が持っていない曲の中で、嬉しかったのはThe Garden of Everythingだけだった。eco.verとかいうのは、聞き比べてみても違いがよく分からなかった。言われてみれば、ちょっとあっさりめになったかな?って感じだった。アレンジは変えてないけど、ちょっと20秒から一分くらい短くしました。とか、なぜわざわざそんなことを?意味不明。
    どうせならリアレンジしてくれたら嬉しかったのに。

    兄が遺した音楽データにあった菅野よう子の曲はこれでおしまい。この人のアルバムを聴き続けるのはひどい苦行だった。(東方系の同人音楽よりはましだけど。あれは拷問だったから)もうこの人の音楽を、自分から積極的に聞きに行くことはないだろうな。

  • 音楽:菅野よう子

  • 【Disc 1】
    ・どうしても8曲目「could you bite the hand?」から聴いてしまうんだ・・・!それくらいsteve conteのこの曲が大好きです。ブックレットにこの曲について解説がありましたが、steveすっげー!オケ曲なのをボツにしたって話だけど、だからってオケでも聴いてみたいなと思わないところがまたsteveすっげー!いやすごいのは菅野さんか。
    ・「DANCE OF CURSE」は未だにワイドショーとかから聴こえてきますね。私この曲聴くとエスカフローネが暴走していると錯覚してしまうんですが、そんなシーンあったっけ。
    ・「地球共鳴」も大っ好き!『アルジュナ』見てみたいとは思ってるんですが、どこもレンタルないんだよなー。
    ・Disc 1からしてもう飛ばしすぎだー!大分端折りましたがこれでも。そんで、感嘆符いくつつけても足りないくらいです。
    ・何気に『WOLF’S RAIN』からの選曲多い気が。内容はサッパリ覚えちゃいないんですが、サントラはタイトルと曲名が一致しそうな勢いで大好きです。

    【Disc 2】
    ・「約束はいらない」もうほんと最初から最後まで好きだ・・・ストリングスから何から全部好きだ・・・いっそボーカルいらないくらい好きだ。真綾さん大好きですよ本当ですよ。
    ・Scott Matthew「be human」も溜まりません。切ねえええぇぇ!
    ・あああそんで、もういっそSteve Conte Feat.坂本真綾と言っても過言ではないと思う(だから真綾さん大好きですってば)「THE GARDEN OF EVERYTHING ~電気ロケットに君をつれて~」は2人の歌声になんかもうじっとしていられません。
    ・Joyceさん唯一の曲は「CORACAO SELVAGEM」なのかー!私は「run, wolf warrior run」が大好きだ・・・!
    ・ターンAのオケ曲はどれもこれも聴いててテンション上がります。本編は劇場版しか見てません。
    ・「指輪」はシングルver.かー!これは嬉しい。脱線しますが、劇場公開合わせ?のドラマCD収録のピアノアレンジver.が実は一番好きです。ピアノが素晴らしいんだ!そりゃそうか菅野さんだもん。
    ・「時の記憶」これも菅野さんだったんだなぁ・・・『ぼく地球』は何かで見て、この曲は記憶に残ってました。案の定、内容は覚えてないんですが。
    ・『マクロスプラス』の「VOICES」も同じく。『マクロスF』の後に本編と劇場版見たんですが、やっぱり内容は覚えてなか以下略。
    ・「BULE」これ冒頭のコーラス部分をライブで真綾さんが思いっきり音外していた映像を、たったの1度しか見たことないのに鮮明に思い出してしまいます(だから真綾さん大好きなんで以下略)(つかこんなことは覚えてんのな私)。山根さんが切なくかっちょええ!
    ・そして「THE STORY OF ESCAFLOWNE ~ END TITLE」で締め。
    ・選曲はもちろん曲順にも言うことない・・・!

    【Disc 3】
    ・犬も猫も馬もタチコマも居る(笑)
    ・「猫のキモチ (demo version)」こ、これは・・・!Gabriela Robin名義で日本語で歌ってるの初めて聴いた!
    ・「魅惑のホースライディング」は笑いと突っ込みなしにはとても聴けない(笑)
    ・「WO QUI NON COIN」なんか無性に泣けるんだよこれ・・・。
    ・「夜明けのオクターブ」この真綾さんが違う声に聴こえる・・・!一倉さんの言葉遊びのような詞が大好き

  • 私が菅野よう子さんを初めて知ったCDです。

    もともとカウボーイビバップやマクロス、ガンダム、攻殻機動隊などに興味があったので、見付けた時は衝撃でした。
    日常的に聴くのにも適しており、アップテンポな曲が多く、楽しい気分になってきます。

    良作アニメの使用曲ばかりなので、これを機会にアニメの視野も広がれば良いと思います( ̄∀ ̄)

  • Tank!を聴き込んだあとのさすらいのカウボーイがたまらない。
    ほんとこのひと器用ですぜ。
    大好き チーン

  • 菅野よう子さんが手がけたアニメサウンドをたっぷり詰め込んだ、3枚組のベストアルバム。菅野さんのアルバムを初めて手に取るならオススメです。

  • お徳アルバムです。
    ポップでロックでジャズで、かわいくてかっこよくてせつない。主にアニメーションの楽曲。

  • 菅野よう子の何周年だかの集大成的アルバム。
    「七夕ソニック」にも参加しましたが、あちらよりも作品毎に曲がばらけている感があり好印象。
    曲によっては別アレンジだったりオリジナル音源だったりと既存の曲でも楽しめる作りに。

    ただアニメの作品に限られている(というかウエイトが重い)のが残念かな?
    「集大成」であれば映画だのCMだのの曲もあってもいいなあとかは思いました。

  • 菅野よう子さんのアニメ関係の仕事の宝石箱。
    よくあれだけの多様なジャンルをコンポーズできるなと感心。

    そして、意外に統一性を持っているので同一のアルバムに入れてもそこまでの違和感がない。

    DAPに入れてシャッフルして聴いてみるのも面白い1枚(3枚組だけど)。

  • ベストに挙げた人:
    @takaraism

全31件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージに関連する談話室の質問

YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージを本棚に登録しているひと

YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージを本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ツイートする