ニュー・シネマ・パラダイス SUPER HI-BIT EDITION [DVD]

  • 187人登録
  • 4.39評価
    • (43)
    • (27)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 30レビュー
監督 : ジュゼッペ・トルナトーレ 
出演 : フィリップ・ノワレ  サルヴァトーレ・カシオ  マリオ・レオナルディ  ジャック・ペラン  アニエーゼ・ナーノ 
制作 : ジュゼッペ・トルナトーレ 
  • アスミック・エース (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126206970

ニュー・シネマ・パラダイス SUPER HI-BIT EDITION [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラストシーン。映画技師としての人生を追うようでもあり、人生の足りないピースを埋めるようでもある。

  • 雨振りで外出が億劫な日に、ちょうどGyaO!で配信されていたのでそちらで観ました。(カテゴリが【レンタルで観たDVD】になってますがご容赦のほどを(^_^.))

    たぶん配信されていたのはエピソードのボリュームから完全版ではなく、こちらの劇場公開版だと思います。

    イタリア映画らしく、ほろ苦いエピソードはあるものの、全体として人生礼賛型のストーリーでした。

    実らない初恋、時代の変化から取り残されていく自分の愛すべき映画館…。
    そして、親子ほど年の違うトトとアルフレードの友情ですが、やがて生まれる世代の格差。いろんな可能性を秘めた朝日のようなトトの人生と、沈み行く夕日のように、やがては終焉を迎える自分と。
    トトの可能性を摘まないために、アルフレードは故郷である村から出ることをすすめます。
    「人生はお前が観た映画とは違う」
    「帰ってくるな。私たちを忘れろ。手紙も書くな」
    「ノスタルジーに惑わされるな」
    たたみかけるようなアルフレードのセリフが、印象的なシーンでした。

    しかし、ほろ苦いエピソードを挟みつつも、脇役にいたるまで登場人物が魅力的に描かれているため(基本的に悪人は出てきません(笑) 特にトトの幼少時は破壊的に愛らしいです)、人生そんなに捨てたものじゃないよね、みたいな気持ちで観終わりました。

    ラスト、カットされていたフィルム(ポルノ的な映画は上映ダメ、という神父の考えで)をつなぎ合わせて一人で上映するトトの、涙を堪えた表情や、幼い頃と同じこぶしを頬に押し当てて感慨にふけるしぐさがとても心に残りました。
    カットされていたフィルムのシーンがキスシーンばかり、というのも、これからの彼の人生に、真実の愛が訪れるかもしれないという希望を暗示しているようでした。

    万人にオススメできる、よい映画だと思います。

  • まさに映画愛に満ちた映画。ラストシーンは言葉がありません。スクリーンを見つめるトトの涙を湛えた笑顔…きっと色々なことが走馬灯のように巡ってるんだろうな。優しくなれる映画です。泣けます。アルフレドに会いたくなります。

  • NO.1ムービー

    映画ってほんとにいいものですね。

    と思える映画。

    完璧。

  • イギリスでプレミアBOX買って帰ってきてしまった!
    本当に名作!古いけどこんなに心にじーんと来る映画も久しぶりだ☆

  • 映画好きの少年と映画館勤務のおっさんの交流物語。

  • 父を知らずに育った無邪気で愛くるしいトト少年と、ぶっきらぼうだけど愛情深い映写技師アルフレードの
    親子の関係にも似た深く優しい友情を描く。

    モノもカネも情報もなかった替りに、人間臭さが充満していた時代。
    映画が唯一の娯楽だった時代。
    人々は喜劇に笑い転げ、メロドラマに泣き、映画を心から愛していた。
    暗闇でこっそりタバコを吹かす子供たち、酒瓶片手の酔っ払い、セリフを覚えて先に言っちゃう親父、
    銃撃シーンで自分が撃たれたと勘違いしてショックで死んじゃった爺さん、
    上映中にオナニーする少年や、おっぱじめるカップル、映画観ながら授乳しているお母さん。。。
    人々はパラダイス座に集まっては、笑い、泣き、冒険に胸を躍らせ、恋に身を焦がす。
    一歩外にでればそれぞれに人生がある。頭のいい奴も悪い奴も衝突しながら存在を認め合っていた。

    一癖もふた癖もある映画館の常連たち、トトの成長と旅立ち、そしてアルフレードとの親子にも似た関係。
    映画も、故郷も、そして古き良き時代も「まぼろし」に過ぎない。しかし、それはかけがえのない幻影なのだ。

    アルフレードが今生の別れ際にトトへ伝えた数々のアドバイスが印象的だった。
    「お前もいずれ判るだろうが、話すのも黙ってるのも同じことだ。黙ってるほうがいい。」
    「そういう運命だったのだ。人にはそれぞれ従うべき星がある。」(意図せず音信不通となった彼女について)
    「村を出ろ ここにいると自分が世界の中心だと感じる 何もかも不変だと感じる。
     だがここを出て2年もすると 何もかも変わっている。」
    「一度村を出たら 長い年月 帰るな そうすれば懐かしい友達や土地に会える。」
    「人生はお前が観た映画とは違う。人生はもっと困難なものだ。」
    「行け お前は前途洋々だ 私は年老いた もうお前とは話さない お前の噂を聞きたい。」
    「自分のすることを愛せ 子供のころ映写室を愛したように。」

    エンニオ・モリコーネの美しく優しい楽曲に乗せて綴る 大いなる人間賛歌。

  • 20150418視聴。2015年18作目。
    GYAO

  • いつまでも心に残る名作

  • 泣けなかったけど、不思議な作品だった。

全30件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ニュー・シネマ・パラダイス SUPER HI-BIT EDITION [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ニュー・シネマ・パラダイス SUPER HI-BIT EDITION [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ニュー・シネマ・パラダイス SUPER HI-BIT EDITION [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする