マッチポイント [DVD]

  • 504人登録
  • 3.51評価
    • (29)
    • (96)
    • (92)
    • (20)
    • (5)
  • 94レビュー
監督 : ウディ・アレン 
出演 : ジョナサン・リース・マイヤーズ  スカーレット・ヨハンソン  エミリー・モーティマー 
  • 角川書店 (2009年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126207038

マッチポイント [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 脚本は至って普通のメロドラマ。
    ただ最後に何かがあると思って見続けたものの、結局は…

    まぁ総合的には★2だが、期待を裏切られたので★1

  • フェデラーvsキリオス戦を見た後に鑑賞。男ってホントしょうもない。けど金持ちの暮らしも妖艶な美女との情事も捨て難いのは分かってしまう。ノラはもう少し上手く立ち回ればよかったね。投げ捨てた指輪が手前に落ちて、これは破滅に向かって真っしぐらかと思いきや、ボールはネットの向こうに落ちたようであるよ。テニスは下手だったけど。

  • すげー悪いやつだけど、すげー運がいいやつ

  • 貧しい青年が上流階級に受け入れられ成り上がっていく話は昔からありますが、お嬢様に一方的に好かれめでたくゴールイン。淡々としていて野心家に思えません。それだけに、スカーレット・ヨハンソンとの恋愛は本物か!と思ったのですが... 最後で大方の予想を裏切るのは、「太陽がいっぱい」に重なるを避けたのでしょう。S.ヨハンソンの魅力にノックアウトされる作品でした。

  •  元テニス選手の男がレッスンプロをきっかけに富豪の男と接近。妹と付き合い成功の足掛かりにするが、兄の婚約者が気になり。。。

     色男が演じてるが、よくあるウディ・アレンの男と女の物語。中身はそんなに変わってないが、ロンドンを舞台にしてる為か古典劇っぽさが増している。

  • 投げられた指輪が冒頭のテニスの映像と重なった時、おっ、となった。最後の「できる子よりも強運の子を」というセリフはまさに総括。ノラがほんとに不憫でならず、愛って結局悲劇だなという、まさしくオペラのような美しさと苦しさを見た気がした。

  • なんて強運の持ち主。
    投げた指輪が海に落ちずネットのこちら側に落ちたのでそれを拾った麻薬がらみの殺人犯がクリスの罪もかぶってくれたなんて。
    あーコロンボかホームズだったら絶対捕まえただろうに。
    このもともとは婚約者の兄の婚約者女優志望のノーラ役の
    スカーレット・ヨハンソン、イメージぴったり男を惑わすセクシーな気の強い感じがドンピシャリだったわ。
    どこか”リプリー”を彷彿とさせる映画だった。
    クリス役のジョナサン・リース・マイヤーズ 、孤児院育ちらしいから余計そう思うのかな。

    Match Point 2005年 124分 英・米 BSプレミアム
    監督 : ウディ・アレン
    出演 : ジョナサン・リース・マイヤーズ スカーレット・ヨハンソン エミリー・モーティマー

    愛に負けるか。欲に勝か。
    それでも人生は、運が決める――

  • 同じくウディ・アレン監督「それでも恋するバルセロナ」を見終わったときと同じく、なんて身勝手なと思わずにはいられないのですが、そんな話は日常大なり小なり転がっていて、極端な映画のストーリーになって面前に差し出されたからといって、ことさら嫌悪感を表すこともないか…と考え直した映画でした。

  • おもしろかったけど、女のありようを考えさせられる映画だった。
    もちろん男性が一番いけないのだけど、男性を追い詰めたら、全てがぶち壊しというか、女にとっては何の特にもならない。
    あんなに魅力的だったスカーレットヨハンソンが、ラストはいたたまれない女になってしまった。
    (妊娠して追い詰められてるから、そうしてしまう気持ちは十分分かるのだけど)

    以下あらすじ引用
    アイルランド出身の元プロテニスプレーヤー、クリスは、上昇志向の強い野心家である。
    ロンドンでテニスクラブのコーチを始め、大富豪のトムと出会うとすぐに親しくなり、彼の家族とも付き合うようになり、妹クロエとは恋仲になった。
    クロエはクリスを会社で働かせてやるように父に頼み込み、クリスはコネでどんどん高い地位にのぼっていった。

    クリスはクロエに招待されたパーティーで、アメリカ出身で女優を目指しているノラと出会う。一目で恋に落ちたが、ノラはトムの婚約者だった。それでもクリスはノラに夢中で、一度関係を持ってしまう。

    クロエと結婚してもノラが忘れられないクリス。トムの婚約者だからと諦めかけていたが、トムの母はノラを激しく嫌ったため、二人の婚約は破綻してしまう。

    ある日偶然ノラと再会する。クリスはクロエに隠れて頻繁にノラと会うようになっていた。
    クロエは子供を欲しがったが、なかなか恵まれず、二人は不妊治療をしていたが、皮肉なことにノラがクリスの子を身ごもってしまう。

    ノラは、妻と別れようとせず煮え切らない態度のクリスに呆れつつも、いつか離婚して自分の元に来てくれると信じていた。
    だが、クリスの本心は違っていた。大金持ちの生活を捨てることができないし、ノラへの愛も性愛に過ぎなかったのだ。



    クリスは、ノラの存在が邪魔になり、強盗殺人の二次被害に見せかけて猟銃でノラを殺害する。警察はクリスを疑ったが、偶然の運によってクリスへの容疑は晴れるのだった。

    クリスは罪の意識に苛まれ、夜中に死んだノラと巻き添えで死んだ老女の幻覚を見るなど苦しむ。

    その後クリスとクロエの間には男の子が生まれる。
    これから先ずっと罪を抱えて生きていく苦しみの一方で、運に恵まれたクリスには、幸せな人生が続いていくのだった
    冒頭、テニスコートでボールが行き来する映像が流れる。ネットに当たったボールが手前に落ちるか奥に落ちるか、これを左右するのは「運」である。
    クリスはナレーションでそう語り、運を信じる彼はまさにその強すぎる運によって人生が変わる。
    大富豪の青年と親しくなり、その妹に好かれて結婚、ビジネス界で出世する。これは全てクリス本人の努力によるものではなく、運が良かったからこその結果である。

    だが、そんなクリスが窮地に立たされる。愛人ノラが妊娠し、これを妻に知られたらただ事では済まない。立場が揺らぐことを恐れたクリスはノラを殺す。かつてないほどの窮地である。

    だが、クリスは強運に恵まれた男である。ノラ殺害のために巻き添えにした老女の家から、強盗に見せかけるために奪った宝石類を、クリスは川に捨てる。しかし老女の結婚指輪は跳ね返ってしまう。
    その後、この指輪を拾ったヤク中の男が殺される事件が発生し、クリスの容疑は晴れるのである。

    クリスはこうして偶然の運で平穏な人生を保ったのである。
    何も悪いことをしていないノラや老女は殺され、人殺しのクリスは幸運で助かる。なんとも皮肉なラストで、いかにもウディ・アレンらしい

  • ウッディ・アレンさん監督&脚本でスカーレット・ヨハンソンさんがセクシーな愛人を演じた映画『マッチポイント』を鑑賞しました。

    貧しい青年がお金持ちの令嬢に見初められて結婚、義父の会社の重役になるも、浮気した相手にお子ちゃまができて離婚を迫られ、窮したボクちゃん愛人さんを噛むのお話でした。

    しかも愛人さんは、元義理兄の婚約者。
    女優志願のアメリカ人で、ボクちゃんと似たような境遇。
    そもそもが彼女と親しくなりたくて令嬢とも付き合ったようなもの。

    ある意味、古今東西どこにでもあるストーリーなんだけど、オペラの楽曲が印象的に使われていたり、ボクちゃんがすっごい強運の持ち主だったりで、なかなか面白い作品になっていました。

    やっぱりヨハンソンさんはセクシーだわ。
    中年になって太っちゃったら厳しいビジュアルだと思うけれどね(笑)

全94件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マッチポイント [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

マッチポイント [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

マッチポイント [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

マッチポイント [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする