アンドリューNDR114 [DVD]

  • 439人登録
  • 4.03評価
    • (76)
    • (79)
    • (48)
    • (6)
    • (3)
  • 59レビュー
監督 : クリス・コロンバス 
出演 : ロビン・ウィリアムズ  エンベス・デイビッツ  サム・ニール  オリバー・プラット 
制作 : アイザック・アシモフ 
  • ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2009年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462057105

アンドリューNDR114 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • NDR型ロボットのアンドリュー。
    彼が、リトル・ミスやその家族との関わりの中で
    変わっていく様子が微笑ましい。
    そして、その金属の顔が、なぜだか最初から
    ロビン・ウィリアムズに見えてしまっていた。
    思い込みもあるかもしれないけど。
    その存在を素直に受け入れているリトル・ミスも
    とても可愛い。

    彼は、ある意味、人間よりも人間らしいのかも
    しれない。
    そして、それを認めてもらいたいと願っていた。
    でも、最後、「世間」に認められるよりも大事な
    ことに気付いたのかもしれない。
    だからこその、あの表情なのかなと。

  • 「あったかな気持ち」に充ちた作品。
    アンドリューの気持ち、旦那様の気持ち、リトル・ミスの気持ち、ポーシャの気持ち、ドクターの気持ち。
    機械のお話なのに、だからこそ心が描かれている素晴らしいお話。

    子どものころには分からなかった、ヒロインふたりの気持ちに気づいた。
    改めて見てみて本当によかった。

    クリエーターとして見てみると、細部までよく出来てるってことが分かる。アンドリューが時計を作る、という皮肉も。死なないアンドリューが時を刻む道具を作ってる。中盤からは時計を作っている様子はでないし、後半では人工臓器の研究に投資しているけどね。
    ポーシャが「美術品の修復」をしてるってとこも、アンドリューと共通点があり、それはリトル・ミスがアンドリューから学んだことで、それがポーシャに伝わってるのかなと思ったり。

    アンドリューが自由になりたいと思って自立することも、仲間を捜して旅をすることも、ポーシャへの愛ゆえに人間に近づきたいと思い努力することも、死ぬことを選択することも。
    すべての行動の原点になる思いに共感できる。
    だから、この作品が面白いんだよね。
    共感だいじ。

  • メカメカしたSFじゃなくて、
    終始ふんわりした
    せつない雰囲気のSF。

    よかった。

  • ロボットとして生み出されながら、回路のバグにより感情を持つようになったアンドリュー。人間のことを学び続けていき、次第にその存在に憧れを抱くようになる。

    アンドリューが人間とロボットとの違いを克服する過程、人間とは何なのかという本質が浮き彫りになっていく。
    他ならぬ人間賛歌の物語であり、改めて人として生きることの奥深さを感じさせられる。

    余計な悪役などは出てこない。ただ、優しく時間の流れに身を委ねているようなストーリー展開が素晴らしかった。

  • 幼少期のリトル・ミスがとても可愛い。

  • 設定がご都合主義な部分はあるが、俳優が皆うまいので、退屈せず観れた。

  • ロボットと人間の交流という、ほのぼのとした映画なのかなぁと思ったら、わりと壮大かつ内省的なSF映画でした。アシモフの原作は未読ですが、感情を持つロボット、人間に憧れるロボットはアシモフのロボットSFでは定番ですね。

    ただの工業ロボットがさまざまな人間との交流から、人間になることを望むようになるプロセスが丁寧に描かれています。人間になりたくて死を望むというのは驚きのロジックで、それに共感するのはなかなか難しいですが…。

    悪くはないです。ただ、「アイ・ロボット」もそうなんですけど、途中で「ロボット工学3原則」が必ずどっかいっちゃうんですよなねぇ。それが残念で。

  • 死にたく無く無くなる映画

  • (Bicentennial Man; 1999/米、132min.)

    近未来ファンタジー。アンドロイド。
    人間になりたい.. そう願うロボットの200年と「老衰死」。

  • レンタル>1999年制作。少し切ないけれど心温まるいいお話でした^^♪好みです。ロボットを通して「人間」というものを改めて考え直す事ができました。チップの不具合からか人間の感情を備えていたお手伝いロボ,アンドリューが主人;マーティン一家に奉仕していく中で学び成長し、やがて自分が人間として生きたいと考え、近付こうとする近未来のSF話。笑いの要素はロビンならではの面白さwwNDR114の造形は旧ロボコップやC-3PO的。近未来の映像描写が多少古さを感じるwメイキングも○小さなリトルミスが可愛いw

全59件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アンドリューNDR114 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

アンドリューNDR114 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする