16ブロック [DVD]

  • 68人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (8)
    • (22)
    • (5)
    • (1)
  • 13レビュー
監督 : リチャード・ドナー 
出演 : ブルース・ウィリス  モス・デフ  デヴィッド・モース  ジェナ・スターン 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462057303

16ブロック [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「もう一つのエンディング」ではなく「正しい(?)エンディング」の方が好み

    モス・デフ(エディ・バンカー)の舌足らずの演技が「子供時代の愛情不足」「犯罪へ」「一途な心」をとても良く表現している

    ケーキ屋さんの名前に「GOOD SIGN」

  • やっぱりなっていう展開

  • ドハデとまではいかないけれど、ハデなシーンは色々と。救急隊員の女性のオチがよかったなw

  • 思った以上に面白かった!
    最後は感動

  • 前半はとにかくエディに終始イライラしっぱなし。なぜ、追われる身で黙っていられないのか。頭が悪すぎる。
    でも、だんだん引き込まれていき、最後は泣ける。救いがあってよかった。

  • ブルースウィリスかっこいいなぁ。

    ケーキ屋さんのくだりが好き。

  • こういう救われるパターンのやつは好きだ!よかったよかったああ!

  • 『わずか16ブロック(区画)先に証人を護送する──。それは簡単な任務のはずだった…。』
    (2006/10/14公開 原題:16 BLOCKS)

  • ブルースウィリスが渋い。
    だいぶ歳を重ねたなーと思ってしまった。

    NYの16ブロック先の裁判所に、警察に拘留していた一人の容疑者を連れて行く間に様々なことが起こります。

    その容疑者を巡って、以前から相棒として20年以上も共に仕事していた2名の警官が駆け引きを繰り広げていくのですが、派手なアクションシーンやスリルが味わえるというよりは、心理戦であり、そこで描かれる人間性に引かれる映画でした。

    自分的に興味を持ったのは今まで見たことのないNYの顔。
    今まででは見たことのない地下やビルの裏の部分にアジアを感じさせる空間が描かれていたことに驚きました。いわゆる押尾学の甲殻機動隊やブレードランナーで描かれているようなアジア的な雰囲気をもつ、仮設・高密度な市場のようなな場所。今までにNYは行ったことないので実際にどうなのかは定かではないですが。そういう場所もあるんだなーと。

    出来れば行ってみたいけど、案の定少し危険な匂いが漂っていたのできっといくのは危ないんだろうなー。あういうところはスラム化しているんだろうか。

    全体としては何気なく手にとったけど、満足できる作品でした。

  • まずまず。

全13件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

16ブロック [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

16ブロック [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする