けいおん! 5 [DVD]

  • 65人登録
  • 3.96評価
    • (6)
    • (10)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
出演 : 豊崎愛生  日笠陽子  佐藤聡美  寿 美菜子  真田アサミ 
  • ポニーキャニオン (2009年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013843448

けいおん! 5 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつものことながら涙腺緩すぎマンです。2度くらい流れてしまいました。
    トレースの事なんですが、これやりすぎじゃないかと思えてきた。丸々使ってる箇所があるとかじゃなくて、ほとんど全編を通してトレースしてるんですね。アイス屋さんはわからないけど、一乗寺のマクドとか宝ヶ池、食器までトレース。最初のお茶シーンのはリチャードジノリのティーカップで僕が使ってるのと同じやつでした。
    気になるのは劇中に流れるBGM、きいたことあるんですよね。あれなんだっけ。ペッポケペッポケペッポペッペペポッケみたいなやつ。
    あと、唯と律のギャグ声の設定も知ってる気がする。朋先生のようなそうじゃないような。

  • 1年坊の中野さんがかわいすぎて生きるのが辛い・・・

    と、いうのももちろんありますけど
    どちらかというと唯&憂の方が好きで
    10話の中野さんとかはちょっとあざとすぎて・・・
    そらみんな好きになるわwwwwスタッフしねばいいのにwwwwww
    としか・・・。

    12話はいちおう最終話とされてましたが、
    実質的な最終話は13話でこちらの方がやはりよい。
    12話はただ6話を焼き直しただけのクソ回で、6話の方が断然よかったです。
    というのは、TVアニメの場合だと重要な回はメインのスタッフが配置されるので
    作画が悪い回は演出も脚本もダメになっちゃうという・・・
    (ここ最近のだとそこらへんがシャッフルされてる作品もけっこうある気が)

    12話がなんでダメだったかというと、一番の問題は
    クライマックスで流れる『ふでペン~ボールペン~』の歌詞と
    内容のリンクが特になされてない点。
    だから、ただの澪のキャラソン回でしかなくなってます。
    あそこは唯の一番大切なシーンなので、
    歌詞とリンクできてたらもうちょっとよくなったはず。

    逆に6話のときの『ふわふわ時間』はよかったんですよ。
    あれはラモーンズっぽい曲なので・・・
    『リンダリンダリンダ』がブルーハーツなのと同じ効果がある。

    今、自分がいちばん読みたいレビュー、評論、感想としては
    本でもネットの文章でもいいんだけども
    『けいおん!』をきっちりと音楽的に分析したものです。

    これは映像面、ネタとしての画的な解説ではなくって・・・
    Jがつくギタリストネタとか、カートが憑依したあずにゃんとか
    2期のウィンドミル&SG回とかそういう引用の解説は
    知ってるからほんとどうっでもいい!!!!
    音楽オタクがニヤニヤする為だけのネタなんてまっぴらだ!!

    そういうネタとしての引用ではなくって、
    例えばBGMで毎回といっていいほどよく流れる曲はレゲエだけど、
    ベースの伸びがもっとあればもっといい、とかそういうやつ。
    『ふわふわ時間』も、グーグルで検索したら予測機能で
    「ふわふわ時間 ラップ いらない」とか出てくるんですよw
    くっだらねえなwwwwwwって。
    要る/要らないとか、それはただの好みの話で。
    で、それでいいんだけどもうちょっと踏み込んだ変な話が聞きたい。

    『ふわふわ時間』のラップを擁護するのは実はとっても簡単なんです。
    というのは、パンクの人たち特にNY勢はラップにアプローチしてたので。
    ラモーンズのベースのディー・ディー・ラモーンも脱退してラッパーになってるので
    ラモーンズ由来の『ふわふわ時間』にラップが入ってても
    なんらおかしくないわけですよ。

    パンクとラップについてはそんな感じなのですけど
    もういっこ、アイドルラップについての流れがある。
    で、これを語れる適任者なのは宇多さんしかおらんのでw
    ちょっとそこらへんを調べてみたいです。

    だからそれを踏まえた上で「製作者サイドがどう考えてたわかんないけど、
    好みとしてあれはあんまり好きじゃない」ならいいんだけども、
    短絡的に「あれはダメ」っていうのは一番つまらないわけです。
    『けいおん!』の作品自体を叩くのもめちゃくちゃ簡単。
    叩いたりダメ出しするのはほんと、なんでも簡単なんですよね。

    僕自身は『けいおん!』に特にハマった口ではなくて
    今後もそうだと思うので、叩いてる人がいても不快には感じないし
    「もっとやれ!」というところも大いにあるんですけどw
    そういう、単純な好き嫌いの話ではなくって
    もうちょっと面白い文章や考察を読みたくなる。
    これは『けいおん!』に限らず、なんでもそうですけど。


    『けいおん!』の音楽面に関してはそんな感じですけど、
    やっぱり1期のOP曲はとっても良い。ちゃんと韻を踏んでるし。
    個人的に昔から大好きなのは、このMMDのマッシュアップ動画で
    定期的に観たくなりますね。
    こういうのが良い楽しみ方、面白い方向性なんだよ!!
    http://youtu.be/QT1OKy-Zwoc

    ここらへんのバンドはアニメ好き界隈との親和性も高くて、
    元ネタの平沢さん→P-MODELもピロウズも
    どっちもそうですよね。
    そういやこないだイースタンのライヴを観に行ったら、
    隣のライヴハウスはピロウズのライヴだったので笑いましたw
    (吉野とさわおは同い年で、元々札幌時代から知り合いで
    伝説のロッテリア軍団の一員、ボスは当然吉村)
    ピロウズの客層はいまだに若いファンが多かったんだけども、
    アニメとのタイアップを以前からけっこうしてるのも理由だと思う。

  • あずにゃんのいらだち、すごくよくわかる。でも、帰ってきたあずにゃん。音楽って何なんだろう。ちょっと深いものを感じた。

  • あずにゃんがムスタングを使う理由を知りたかったかなー。カート・コバーンっぽい何かが登場したけど…

    中学生だか高校生の頃、深夜にチラッと(何回か)観たことのある『苺ましまろ』を思い出した。ちょっと懐かしい。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

けいおん! 5 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

けいおん! 5 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

けいおん! 5 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする