ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 213人登録
  • 3.33評価
    • (12)
    • (38)
    • (52)
    • (16)
    • (3)
  • 51レビュー
監督 : ソウル・ディブ 
出演 : キーラ・ナイトレイ  レイフ・ファインズ  シャーロット・ランプリング  ドミニク・クーパー  ヘイレイ・アトウェル 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2009年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113824682

ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 18世紀後半のロンドン。スペンサー家の令嬢ジョージアナは世界有数の名門貴族であるデヴォンシャー公爵との婚約が決まる。美しく聡明なジョージアナはたちまちロンドン中の注目の的となる。
    ところがデヴォンシャー公爵は男子の後継者をもうけることに興味がなかった。
    愛のない結婚生活に孤独が募るジョージアナ。
    そんな時彼女はエリザベスと出会い友情を築くことで大きな心の慰めを得る。名門貴族のデヴォンシャー公爵に嫁ぎ、社交界では華やかに振舞いながらも 結婚生活では孤独を強いられる女性、ジョージアナの
    スキャンダラスな生活をキーラ・ナイトレイとレイフ・ファインズ共演で描いた作品です。
    英国貴族の雰囲気を味わえる私は好きな作品です。

  • 貴族ってきらびやかで優雅なものかと思っていたけど、個人ではどうしようもない葛藤や立場があって、かなり息苦しく感じる。だからと言って、個人の幸せを優先しても決して幸せにはなれなくて、個人の幸せを少し離れたところに置いて感じられる幸せもあるって感じ。旦那さん、言葉足らずなだけで決して悪い人ではない。

    心に残ったセリフ
    He is a dreamer like yourself, and you both dream of another world that does not exist and it never will.

  • "個人の満足よりも品位を"
    そうやってたもたれるものがある。

  • 腰に黒い紐を巻いたドレスと帽子がとってもステキ。公爵が人格者っぽい顔をしているので、どうしても冷血夫に見えない・・・

  • 大奥のドラマの再放送観たらなぜかこれを観たことをふと思い出した。
    ヨーロッパの歴史も大奥みたいな話多いな。

    キーラナイトレイ演じるジョージアの気の強さと、抱える苦しみが辛かった。

    ただ世継ぎを産む道具として迎えられて、本当に愛されることがないなんて、どんなに煌びやかな生活ができても囚人のようでしかない。

    女児を産んでもガッカリされて、流産を繰り返しても男児ができるまで愛のない性生活を繰り返す。
    レイフ ファインズが演じる公爵ウイリアムの冷たい目が忘れられない。

    特別に育む奇妙な女友達との友情。
    愛してくれる男との道ならぬ恋。
    お先真っ暗すぎたジョージアに光が通ってはまた消されていく繰り返しで一気一憂したりした。

    アカデミー賞を受賞した衣装が本当に素晴らしくてうっとりする。このゴージャスな衣装に身を包んだキーラナイトレイが神々しかった。

  • なかなか、
    「プライドと偏見」を超える
    キーラ・ナイトレイは
    現れないですね。

    そしてどうしても魅力の無いキャラクターたちに
    私の記憶から将来ストーリーが
    消えていきそうなので。

  • 公爵家に嫁いだ主人公がなかなか男の子生めないことに苛立つ公爵。
    家柄がすごいと周りのプレッシャーもあったどろうし、お金持ちも大変だなあと思った。

    主人公は、最後の方の公爵の「子どもは自由でいいな」という言葉で、公爵の苦しみをやっと少し理解したと思う。
    夫も自分と同じ、自由を奪われた人間の1人だということ。辛いのは自分だけじゃないよね

  • 130520

  • 本当こういう話って嫌いなんですけど、見てしまうんですよね。見終わった後には言い表せないもやもや感が残って後味は最悪ですが。
    かつて女性がどれだけ社会的に、また家庭的にも虐げられていたかという主題であり、その抑圧された中での禁じられた愛が目玉なわけです。
    もう本当にこの公爵がクソ過ぎて・・・・゚・(ノД`;)・゚・
    結局主人公も浮気はしてしまいますが、公爵に比べたら全然ですからね!!よく耐えたなと思います。それに「最高の母親」が主題になっても良いんじゃないかと思うほど、子供たちを愛しむシーンが多かった印象です。

  • 歴史大作は苦手なんだけど、キーラ・ナイトレイが魅力的だったから最後まで楽しめました。

全51件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする