レッド・ドラゴン(2002) 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD]

  • 37人登録
  • 3.89評価
    • (4)
    • (10)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
監督 : ブレット・ラトナー 
出演 : アンソニー・ホプキンス  レイフ・ファインズ  エミリー・ワトソン  ハーヴェイ・カイテル  メアリー=ルイーズ・パーカー 
  • UPJ/ジェネオン エンタテインメント (2011年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102661939

レッド・ドラゴン(2002) 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まぁ確かに不気味だけど。でも全体に流れる不気味な空気が重厚でとても惹かれるものがあって、最後まですんなり見れました。羊たちの沈黙も見たことないから、見なければ。

  • 「羊たちの沈黙」に続くプロローグ作品の映画化。何というかこのシリーズの「濃度の濃い冷めた狂気」の空気感の表現は絶妙。アンソニー•ホプキンスは完全にハマり役だなぁ。

  • ヨーク、イギリスなどを舞台とした作品です。

  • ほぼ5つ星に近い、4つ星な感じ。

    『羊たちの沈黙』は、間違いなく傑作です。
    まぁ、犯人逮捕のシーンには少々不満があるんですが。

    『ハンニバル』は、
    やっぱり柳の下に二匹目のどじょうはいないか・・・、
    というのが私の感想。
    後味の悪いギャグ映画のようでしたもんね。

    柳の下に三匹目はいるわけないだろう、
    ってことで、ずっと観ずにいた『レッド・ドラゴン』。

    観てびっくり、よいではないですか!
    『羊たちの沈黙』のように、
    映画の底に流れ続ける、なんとも嫌な感じの緊張感。
    観ていて、ぞくぞくしてきます。

    エドワード・ノートンが、
    ごくごく普通のよき夫でありパパでありながら、
    天才的な勘のよさとひらめきを持つ捜査官を好演。
    女性版クラリスのようでありながら、
    エドワード・ノートンらしい、
    普通の人っぽいんだけど普通の人じゃない雰囲気が、
    この役柄にぴったりです。

    そして、なんと言ってもアンソニー・ホプキンズ。
    この役を演じるときの彼は、
    表情だけでなく、もう目つきがレクター博士。
    レクター博士は実在の人物で、
    アンソニー・ホプキンズに
    憑依してるんじゃないかとさえ思えてきます。

    レイフ・ファインズ、エミリー・ワトソン、ハーヴェイ・カイテルと、
    脇を固める俳優陣も素晴らしく、
    静かに狂気を内に秘めるレイフ・ファインズの
    存在感には圧倒されます。

    さて、『ハンニバル・ライジング』は観るべきかしら~。

  • 面白かった…!!
    当時、小説の文章が難しすぎて
    よく理解できなかったのが悔しい。

    羊たちの沈黙からまた読み直そうかな

  • ベストセラー作家トマス・ハリスが「羊たちの沈黙」の以前に執筆したレクター博士3部作の第1章を遂に映画化!
    アカデミー賞俳優のアンソニー・ホプキンスとエドワード・ノートン新旧の演技派二人が緊迫感あふれるストーリーを展開。

全7件中 1 - 7件を表示

レッド・ドラゴン(2002) 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

レッド・ドラゴン(2002) 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ツイートする