インビジブル コレクターズ・エディション [DVD]

  • 89人登録
  • 2.74評価
    • (0)
    • (5)
    • (19)
    • (13)
    • (1)
  • 10レビュー
監督 : ポール・バーホーベン 
出演 : ケビン・ベーコン  エリザベス・シュー  ジョジョ・ブローリン  キム・ディケンズ  グレッグ・グランバーグ 
  • ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2009年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462057907

インビジブル コレクターズ・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  透明人間になってしまった科学者の狂気。それは薬のせいか本人の気質か。欲望のままに行動してしまった天才の末路とは。
     人間の本能といえば性欲です。この映画でもまずそれが描かれます。その後は凶暴性。そして殺人。透明人間になれたがゆえに可能となってしまう行動がどんどん激化していきます。閉鎖空間が舞台なので緊張感も高まります。
     苦悩や葛藤、激化していく行為の段階などをもう少し丁寧に細かく描いてほしかったとも思いますが、短く簡潔にまとめるにはこれでもよかったのでしょう。さらりと鑑賞できる映画です。

  • 見所はやはり透明になる(あるいは逆)過程かな。人によってはオススメできないけど、皮膚→筋肉→骨が細かく消えていく表現は面白かった。

  • なんといっても尺の短さが気になる。映画はどうしても2時間前後という時間制限があるので、透明人間となった主人公がエロへの煩悩から道を踏み外し、次第に利己的な理由のための連続殺人犯に成り下がるまでの2週間近い時間を急展開で描かねばならず、特権を手に入れた人間がいかにして狂ってゆくか、そこがどうしてもあっさりとした描き方になってしまい物足りない。人が人でなしになってゆく過程をじっくりと描けばサイコホラー的な作品になる可能性もあっただけに惜しく感じる。

    ただ、性犯罪者から殺人者へ移行するくだりは急展開すぎたものの、眠っている間に脱がしたり触ったりという段階を経て強姦魔へと変貌する過程はそれなりに道を踏み外している感があって好印象。いっそエロのほうに特化してしまうという手もあっただろうに、歯止めになったのは良心か何なのか、最後には連続殺人犯からのニトロ大爆発というお馴染みすぎる展開で実にもったいない。

  • 透明人間!それは、男の欲望!って言うのを真面目に表現してるのが面白い。
    真面目にバカ殿を作った感じ(失礼)

  • 子供の頃に夢見たこと・・・

    空を飛べること
    透明人間になること
    相手の心を読むこと
    瞬間移動すること
    遠隔操作でモノを動かすことができること
    などなど・・

    やはり、透明人間は見ねばならない。
    DVD屋で、購入し、透明人間を見る。

    透明人間の最初のシーンが、とても印象的となる。
    それは、ネズミが登場する。
    ネズミは、とてもいい役者である。
    グリーンマイルのネズミも、重要な役割をしていた。

    ネズミが走ると、食べられてしまう。
    それが、透明動物であることが、あとからわかる。
    最初に「透明動物」がでる。

    天才的な研究者で、軍の研究者。
    自分自身が、「透明人間」となるが、
    最初にやることは、やはり、男だった。
    おい。おい。おまえは、そんなために、透明人間になりたかったのか?
    軍の研究者なら、凶暴なテロリストのところに、
    侵入しやっつけるくらいのことをしろ・・

    しかし、徐々に、透明であることがエスカレートしていく。
    結末は、技術の進歩が不幸であることを
    証明しようとしている。
     
    この作品は、人間から透明人間になる様を、
    実に、医学の解剖のように、
    リアルに表現する。

    しかし、透明人間になってどうするのか?
    そのことを考える前に、脚本家は、疲れ果ててしまったのである。

    透明人間になれば・・・
    銀行強盗もできるし、
    競合相手の会社の状況を知ることもできるし・・・
    国家機密を盗むことができるし・・・
    ふーむ。
    結局は、泥棒かよ・・・
    やっぱり、なんで、透明になりたいの・・・

    若かりしときに作った詩。

    <こころだけであったなら、>

    人間の身体なんかなくていいな。
    こころだけで生きることができたなら、
    何て素敵だろう。

    なるべく、お互いのこころが、
    透けて見えるようなのが、
    もっといい。
    もっと自分をすなおに表現できる方がいい。

    こころに、色がついてなくて、
    透明だったら、
    いろんなものに混じり合い、
    とけあい、そして、わかりあい、
    自由になれる。
    何て素敵だろう。

    もっと、あなたに、
    ふかく、まじりあえるものを、・・・・
     
    ******です。

    そうなんです。透明人間で、ロマンスストーリーを・・
    うつらない。そうか。それも作品にならないのか?

  • 前半エロいことにしか発想がいかない博士

  • 10年ほど前の作品なのにこの古臭さはケビン・ベーコンのせい?

  • 透明人間になったら考えることってあんなことなんですか?モラルが崩壊していくって事ならもっと他の事が・・・。

  • ▼キャスト&スタッフ
    出演: エリザベス・シュー, ケビン・ベーコン, ジョシュ・ブローリン, キム・ディケンズ
    監督: ポール・バーホーベン

    ▼ストーリー
    国家最高機密に属する研究プロジェクトを率いる天才科学者のセバスチャン・ケイン。人間を透明にするというプロジェクトを進めていた彼は、ついに自ら実験台となる。ところが、“透明”の力の虜になったケインは理性を失い、次第に行動は殺意を帯びてエスカレートしていく――。(amazonより抜粋)

  • 透明人間てことで、ちょっと子供ぽい感じがしたが、
    観てみたらまあまあ。

全10件中 1 - 10件を表示

インビジブル コレクターズ・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

インビジブル コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

インビジブル コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする