トライアングル(通常盤)

  • 740人登録
  • 4.10評価
    • (101)
    • (109)
    • (64)
    • (4)
    • (0)
  • 59レビュー
アーティスト : Perfume 
  • 徳間ジャパンコミュニケーションズ (2009年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988008008647

トライアングル(通常盤)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 01 Take off
    02 love the world
    03 Dream Fighter
    04 edge (トライアングル-mix)
    05 NIGHT FLIGHT
    06 Kiss and Music
    07 Zero Gravity
    08 I still love U
    09 The best thing
    10 Speed of Sound
    11 ワンルーム・ディスコ
    12 願い (Album-mix)

  • 一方に「love the world」(M-2)「Dream Fighter」(M-3)といったアイドル歌謡的な曲。もう一方に「edge」(M-4)「Kiss and Music」(M-6)といった尖った楽曲。両者が融けあうことなく連続するため、アルバム全体としてはどこか散漫とした印象を受ける(曲が変わるたびに軸がブレていく感じ)。

    また、個々の曲単位で見た場合も「Dream Fighter」「ワンルーム・ディスコ」(M-11)など、「キャッチーなサビで商品性を確保しつつ、それ以外の部分でやりたいことをやる」という(悪くいえば)安易な妥協が透けて見えるところがあって、どこか吹っ切れていない印象を感じてしまう。

    一方で、中田ヤスタカ氏の歌詞が俄然面白くなりはじめたのもこのアルバムから。「テクノポップユニット」という看板を考えればいくらでも綺麗な嘘に逃げることができるはずなのに、ミもフタもない現実と真っ向勝負を挑みつつ、しかも「あえて芯を外して打ち返してくる」ような言葉とでも言えばいいのか。たとえば、

    《ねぇ みんなが言う「普通」ってさ なんだかんだっで 実際はたぶん 真ん中じゃなく 理想にちかい/だけど 普通じゃ まだもの足りないの》(M-3)とか、

    《シャンプーをしながら 目を閉じたまま シャワーも出せない けれど そのうち慣れてくるでしょ〔…〕/新しい場所でうまくやっていけるかな〔…〕たぶん できるはずって 思わなきゃしょうがない》(M-11)とか、

    音を創る才能以上に、この人の言葉を選びとるセンスは本当に天才的だと思う。

  • これも、GAMEと同時に借りた私のPerfume初アルバム。
    最初の印象は「なんて読むんだ?」でした・・・(
    これも中毒になりました・・・(^o^三
    特に⊿はドハマりソングばかりで、大好きなアルバムです。

  • あんまりいいのないな
    Dream Fighterは好き

  • 良かったのは、Dream Fighterくらいかな。
    途中、ボーカロイドみたいな曲もあり、微妙でした。

  • love the worldとか

  • あ~ちゃんがインタビューで少し不満っぽいことを漏らしてたり、
    彼女以外の二人に熱愛報道が出てファンが減ったり・・・と、いわくつきな時期に出た一枚ですが、GAMEに劣るものの良曲は多いです。

  • だんだんすきになるきになるすきになる

  • タイのTRIUMP KINGDOMあたりが懐かしくなっていよいよパフュームに着手。図書館より拝借。映画『モテキ』でもかわいかったにゃー。かわいい女の子はだれだって、スキ。

  • まず、タイトルとジャケット写真がかっこいい。
    近未来という言葉がぴったりのテクノです。
    満員電車とクラブで聞きたい音楽。何も考えなくていい、また考えられないときに、Perfumeを。
    なかでも私はDream Fighterがお気に入りです。

全59件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

トライアングル(通常盤)を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

トライアングル(通常盤)を本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

トライアングル(通常盤)を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ツイートする