ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~ DVD BOX I

  • 84人登録
  • 3.67評価
    • (11)
    • (15)
    • (13)
    • (5)
    • (1)
  • 18レビュー
出演 : キム・ミョンミン  チャン・グンソク  イ・ジア 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2009年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427644045

ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~ DVD BOX Iの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★2.5

  • 韓国版のだめカンタービレともいわれてますが
    年代も様々だし音楽とラブストーリーだけでなく
    ほかの出演者たちのさまざまなストーリーも盛り込まれていて
    もっと重厚感がある感じです。

    カン・マエを演じたキムミョンミンさんの演技力には脱帽
    指揮してる姿は本当に素敵です
    漫画から飛び出したような
    こんな愛すべきキャラクターの
    ツンデレおっさん(爆)を現実化できたのは
    キム・ミョンミンさんが演じたからだろう。

    毒説も最初のうちはむかついても
    最後のほうは心地よく感じてくるからほんと不思議
    その毒舌も一本芯が通っていて
    下手糞なオーケストラの団員だろうが
    政治家だろうがまったく変わりません。

    性格は悪いけども一途で純粋な部分も持ち合わせてる。
    その性格の悪ささえも話を経ていくにしたがって
    愛さずにはいられなくなっていく。

    毒説を堪能するには吹き替えじゃなくて
    絶対字幕で見ることをお勧めします。
    カン・マエの毒舌で名言集が作れそうだ。

  • おもしろかったです。
    私はのだめよりも、こっちのほうが好きです。

  • まさに韓国版のだめ!
    最後には皆オレ様カンマエ様が大好きになると思う。

    面白かったけど、ずっと同じ展開の繰り返しで終盤は少し飽きたかも。

    グンちゃんのあごひげ可愛くない。笑 トゥ・ルミは初めて見たけどキレイな人だなー☆

  • ドラマタイトルはつまらなさそうだが、ドラマ自体は普通におもしろい。この時期(短髪)のチャン・グンソクがかっこいい。

  • のだめカンタービレの韓流版。
    のだめの方が音楽的リアルさの面では大分上だが、ドラマとしてはこちらのほうが数段面白い。
    頑迷な世界的指揮者カン・マエと田舎オーケストラの成長、団員それぞれの人間模様。
    そのカン・マエと天才的な若者カン・ゴヌを対置し、ヒロイントゥ・ルミとの三角関係を絡める。
    ぐいぐい話に引っ張られて飽きない。演技もいい。
    もちろん、音楽自体も素晴らしい。
    フワッとした最終回のラストも余韻を残した。
    お勧め。

  • 韓国版のだめ・・・なんて言われてるけど、なるほどのだめのように鑑賞後音楽(特にオーケストラ)やりたくなる!!

    韓国ではカンマエ・シンドロームと呼ばれる社会現象をも巻き起こしたらしい。そのカンマエ(マエストロ・カン)は確かに魅力的。
    今や日本で大フィーバしているグンちゃん、こと、チャン・グンソクもなかなかいい役だけど、このカンマエがいい!!
    偏屈で、嫌われ者なんだけど、本当はただ不器用で真っ直ぐなだけで・・・とありがちな設定。このありがちな設定にまんまとハメられるわけです。

    痴呆老人、経歴なしのキャバレーの店員、苦学生、生活に疲れた主婦・・・色んな事情を抱えた人たち、愛すべき団員たちの悲喜こもごもでいくのかと思いきや、
    グンちゃんとカンマエの師弟関係、さらには三角関係・・・と発展していき、そのあたりでちょっと賛否がわかれるらしい。

    恋愛の話に発展したのは、個人的にはありだった。
    カンマエの人間らしさがより一層浮かび上がらせたし。

    ラストも賛否わかれるようだけど、これまた個人的には〇。

    ただ、観終わったあと、すごーく淋しかった。
    もっとカンマエや団員たちの音楽を観たかった~。
    私と同じように続編を望む声も多かったみたいだけど、作られないようです(涙)ガックリ

  • う〜ん。


    評価よさそうやったケド。

    グンソク派のせいかがっつり入り込めず。

  • 第1→8話



    5話まで見た感想/  
    市役所で企画された住民寄せ集め楽団の市民ホール公演までの道のりと、団員それぞれの人間模様も描かれていて仏映画『オーケストラ!』(2009年)のような達成感と感動が味わえるので★5。

  • 会話がおもしろい~こういうドラマは日本にはないなあと思った。
    世界的に有名だが、どこのオケにも長くいることのない偏屈な指揮者カン・マエと個性的なオケの人たちを描いたコメディ。
    ストーリーは徐々にシビアな展開を見せるのだが、暗くならず、うまく魅せられたドラマでした。

全18件中 1 - 10件を表示

ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~ DVD BOX Iはこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~ DVD BOX Iを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~ DVD BOX Iを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~ DVD BOX Iを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする