ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]

  • 50人登録
  • 4.65評価
    • (14)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : 富野由悠季 
出演 : 古谷 徹  池田秀一 
  • バンダイビジュアル (2009年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569635808

ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たまたまチャンネルを回していると
    やっていたので、
    ひさびさに観入ってしまった(^^;)

    コレ観たのはいつの頃やったかな~

    多分中学生くらいに
    ビデオで観た記憶があります(汗)


    劇場版三部作の中で一番好きだった作品だし、
    ( 安彦良和書き下ろしのポスターというか、ジャケットがカッコよ過ぎる!)

    井上大輔さんの歌う、勇壮で躍動感漲る主題歌「哀 戦士」の素晴らしいこと!
    (メロディーもさることながら、歌詞をじっくり聴いてみてこそ、素晴らしさが分かります!)

    今改めてじっくり観ると
    学生時代には気づけなかった奥深い物語であることに
    今更ながらビックリしたし、
    当時社会ブームを起こしたことも納得できるほど
    緻密でよくできたアニメやったんやなぁ~って、
    新たな発見がありました。


    従来のロボットアニメの
    善と悪がハッキリ分かれた勧善懲悪なストーリーではなく、

    敵味方分かれながらも
    苦悩し葛藤する同じ人間同士の戦いとして描いたところと、
    戦争とは人を殺すことなのだという、当たり前の事実を
    日本という平和な国に生きる若者たちに知らしめたことが 
    当時斬新で支持を得たその理由だと思います。
    (大人も鑑賞しうるアニメとして、それまでのアニメは低俗で幼稚だという世間の認識さえも覆した功績は大きいですよね)



    兄を探すセイラ・マスの苦悩、「黒い三連星」のジェットストリームアタック、壮絶なリュウ・ホセイとアムロの憧れの人、マチルダ中尉の死、ジオン軍の士官ランバ・ラルの男気、悲しき女スパイ、ミハルとカイ・シデンの悲恋、
    ジオンがガンダム工場に仕掛けた爆弾を巡るカツ、レツ、キッカの大冒険、
    赤いズゴックを操るシャアとガンダムに載ったアムロとの対決、
    様々な死を乗り越え傷つき成長していく少年兵たちの姿…など
    TV版を編集した内容ながら見所は盛り沢山。

    個人的には映画「アンタッチャブル」でのショーン・コネリーの最期を思わせる
    老兵ランバ・ラルの記憶に残る死にざまと、
    ミハルの死をきっかけに
    何をするにも本気になれなかった皮肉屋のカイが
    大人の男として生まれ変わるエピソードには
    本当に泣かされました(。>A<。)

  • 例え三部作の中継ぎで地味な内容であろうとも、面白いものは面白い(笑)

  • ガンダムの中で一番好きな作品。
    もう、何回見たか、数えきれない。

    でも、自分が成長したからか、
    子どものころに見た時の感じ方と、今の感じ方は全く違います。

    昔は、アムロ目線で見てたけど、
    今は、ブライトの気持ちがよくわかったりします。

  • 劇場版 機動戦士ガンダム LDで全3部作を所有しています。
    その中でも一番面白い作品はこの第2作 哀戦士編です。

  •  ファーストの映画版の中編。宇宙に帰ったホワイトベースを追い掛けて、シャア様がザンジバルに乗り込むところまで。いつ見ても、この乗り込む所の姿はかっちょいい。最初の1段をとん、って飛ぶんだよね。かっちょいいよぉ。とはいえ、この回は出番が少ない。山場は、ジャブローでセイラと再会するところか(笑)

  • 2009年8月7日鑑賞。『機動戦士ガンダムファースト3部作イッキミNIGHT』にて。地球でのランバ・ラル隊、黒い三連星との激闘、連邦の本拠地・ジャブローの攻防戦・オデッサ作戦の成否、ホワイトベースによる地球出発までを描く。ランバ・ラル、ハモン、マチルダ、ウッディなど連邦でもジオンでも、正義感に燃え人情に厚い人物たちがことごとく戦場に散っていくのが、哀れ。重要サブエピソード、カイの下船とミハルとの出会い、そして別れが描かれるのもこの章で、一介の民間人として否応なく戦いに巻き込まれ、戦う意味を見出すカイの姿を幼い頃は私も「軟弱者」としか見られなかったものだが、今なら共感できる。だが、ガンペリーには乗りたくないものだ。また、ガルマ・ザビの死は、後のサビ家の命運・一年戦争の帰結に大きな影響を与えた出来事だったのだな。

全6件中 1 - 6件を表示

ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする