Pen (ペン) 2009年 やっぱり、鉄道は楽しい。 6/15号 [雑誌]

  • 34人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 阪急コミュニケーションズ (2009年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910279630692

Pen (ペン) 2009年 やっぱり、鉄道は楽しい。 6/15号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり、鉄道は楽しい。
    ・・と言われてしまえば・・
    決まってるだろ・・と答えるしかない「鉄」な私。(笑

    このグリーンの表紙を見た時は「確かに目立つけど、あまり感じ良くないなぁ」と思ったんですが・・中身は、流石「Pen」でした。
    「乗る」「見る」「知る」「楽しむ」のカテゴリー分けと、美しい写真で、鉄道趣味の広く深い世界を見せてくれています。
    久しぶりに血中鉄濃度を高めてくれる「鉄道ファン必読」の書です。

    先ずは「乗る」。
    私が一番注目したのが「九州のデザイン列車」です。
    「ハチロク」とという大正時代の名機と呼ばれたSLが牽く「SL人吉号」をはじめ、他の地域では見られないユニークなデザインの列車が沢山登場しています。
    レトロな展望室がある客車なんて、素晴らしいです。
    九州ですから、すぐに行けるわけではありませんが・・
    他にも、九州新幹線「つばめ」や「ソニック」「リレーつばめ」「はやとの里」など、外観だけでなく、かなりレベルの高いインテリアの列車があります。
    他に「新幹線全車種」「小田急ロマンスカー各種」「全国の路面電車」「豪華寝台列車」など、乗ってみたい列車が色々紹介されています。

    鉄道の醍醐味は、「見る」という行為にあり。
    けだし名言でありますね。
    新宿区で生まれた私は、山手線の電車を見に行くのが好きだったそうで、父に手を引かれて茶色い電車を見に行った2才の時の記憶があります。
    写真を撮るのもその延長線上にあります。

    「知る」ことで、無限に広く深くなるのが鉄道ですね。(笑
    この「駅長たま」の話題などは結構有名ですが、住むところが無くなりかけていた猫を「駅長」にしたところ、人気が出たという事です。
    廃止予定だった鉄道が復活しただけでなく、和歌山県内の観光客増加など、その経済効果は11億円にものぼるとか。

    そして「楽しむ」は、鉄道博物館や、鉄道気分の店、駅弁など色々あり、しかもディープなものが多いですが、私なら何と言っても「鉄道模型」ですね。
    モノツクリ系の人間としては外せませんが「見る」ことと「知る」ことがなければできない「楽しみ」でもあります。

  • 国鉄に勤め、鉄道を愛し誇りを持っている(ように見える)父のため。

  • てっぱくでバックナンバー購入。
    電車乗りたい。九州の電車乗りたい。

全3件中 1 - 3件を表示

Pen (ペン) 2009年 やっぱり、鉄道は楽しい。 6/15号 [雑誌]はこんな雑誌です

Pen (ペン) 2009年 やっぱり、鉄道は楽しい。 6/15号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Pen (ペン) 2009年 やっぱり、鉄道は楽しい。 6/15号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする