レスラー (ミッキー・ローク 主演) [DVD]

  • 12人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・映画

レスラー (ミッキー・ローク 主演) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 救いがなさすぎだよ。。。

  • ミッキー・ロークの闘う身体、その男の生き様を物語っている。栄光のあとも人生は続く。不器用にプロレスに命をかけるしかない男のかっこよさ、元気が出た。

  • 激情ではないが故の肌で感じる現実味がある。
    救いがあるわけではなく、かと言って救いがないわけでもなく、『ああ、自分の人生のツケは自分で払うものさな』と身につまされる。

  • いろいろな触れ込み(「(ヴェネチア映画祭の)作品賞と主演男優賞を与えるべきだ!」「尊敬するミッキー・ローク復活祭!」)を見て、また一プロレスファンとしても見逃せないと思い(ジェシー・ベンチュラのようなミッキー・ローク)、西宮北口のTOHOシネマズまで観に行きました。(私が観た回は40名ほどの観客だったか?!)
    同じ男として自分の半生と重なる部分も多く、主人公の意地の張り方や弱さや寂しさが痛いほど共感できました。80年代の栄光を20年ぶりに取り戻す気概に共感する人も多いと思います。プロレスリング=ショー(見世物)であることを堂々と描いていますが、体を酷使することには間違いなく、ボロボロの肉体に鞭打ってリングに立つ様は、痛すぎました。
    自分がいつ死ぬかわからない体になり、娘と再会し、自分が父として至らないことを詫びるシーンにも泣けました。家族や女性やこどもから見たらくだらない“男の見栄”を張るばかりに、家族に不愉快な思いをさせてしまうことは多々あると思う。それを詫びる気持ちがありながら、どうすればいいのかわからない悲しさ。すでにみすぼらしい自分。再びリングに立つことを選択するのは、ごく当たり前であった。それを後押ししてくれる人は、自分がずっとがんばってきた姿を見ていたレスリング・ファン以外にはいないかもしれないけれど・・・。
    “プロレス”や“自分勝手な男”が大嫌いな人や、ストリッパーを演じるマリサ・トメイのセクシー過ぎるシーンを観たくない人には、つまらない映画かもしれませんが、男ならわかる映画だと思います。

  • ■あらすじ。
    かつて栄光を味わったレスラーの行く末を描く物語。

    ■DVD感想文。
    折しも日本の最高峰レスラー三沢の死がタイムリーすぎるタイミングで起こってしまった為、この作品はさらに味わい深いものになった。
    人生の勝者であり続けることは難しい。
    人生の成功を手にすること。家族の幸せを育むこと。どちらも男としては成し遂げたい。
    しかし、現実は残酷なまでに厳しい。
    レスラーが生きるフィールドはリングの上にしかないのかも知れない。

  • 学校の英語のネイティブの教師が薦めていたことと、王様のブランチでかなりプッシュされてたので
    映画観にいきました。

    で感想から言うと、僕自身はあまり気に入りませんでした。もちろん、惹き付けられる部分はありました。
    それでもイマイチ感銘を受けなかったのは、

    1、おそらく単純にプロレスという仕事に対する無関心
      そして、なんでそこまでして客を楽しませたいのかという根本的疑問。←たぶんこれが最大の理由

    2、表現が妙に露骨。まあアメリカ映画らしいけど。

    3、ストーリー自体けっこう普通な展開。

    ネットなんかでもかなり評価高いみたいなんで、単純に自分の好みに合わなかったのかとわりっきってます。
    とりあえず、外国人(イギリス人)に観てみてとお願いして、後日彼の感想を聞くことにしているので
    それが楽しみです。
    2009-06-22

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

レスラー (ミッキー・ローク 主演) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

レスラー (ミッキー・ローク 主演) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする