ゾディアック 特別版 [DVD]

  • 28人登録
  • 3.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (9)
    • (2)
    • (2)
  • 7レビュー
監督 : デビッド・フィンチャー 
出演 : ジェイク・ギレンホール  マーク・ラファロ  ロバート・ダウニー・Jr.  アンソニー・エドワーズ 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2009年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135606105

ゾディアック 特別版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実話に基づいた作品。

    犯人解明よりも、事件に関わる人達の姿を描き、この事件が彼らの人生を変えていく様に焦点を当てている。

    印象に残ったセリフは「証拠が無い事実もある」。しかし、それでは検挙できないのもまた事実。

  • 真実はどこにあるのか?

  • やるせないもどかしさ。
    実在事件を扱った、デヴィッド・フィンチャー久々の新作。
    作品を一言で言ってしまえば、「地味なセブン」。
    多少明るくなったものの、湿り気のある暗い映像、出口の見えない息苦しさ、狂気にとりつかれる人間絵巻、、とデヴィッド・フィンチャー監督の特色と、映画の中身がよくマッチしていました(させていた?)。
    出演者は地味で、事件そのものも派手なシーンがあるわけではないです。それでも時の経過が頻繁に発生する中で、淡々と丁寧に描いていく映像は、時の重みを感じさせて、説得力を持たせてくれました。
    万人受けしそうにはないものの、余韻を残してくれるサスペンスとしては佳作と呼べるのでは。

  • 迷宮入りとなった連続殺人犯人をみつけようとする警察、メディアと風刺漫画家の人生。
    2007年 米

    WOWOW

  • <あらすじ>
    奇妙な暗号で世界を挑発する殺人犯“ゾディアック”に魅入られ
    人生を狂わされた4人の男たちの姿を描いた
    実在の未解決事件に基づくサスペンス・スリラー。

    よく意味の分からない作品だった・・・-_-;
    何を描きたかったのか・・・
    『狂わされた』というほど、『人生』が描かれてるわけでもない。
    実在した事件を扱ってる割にはリアリティを感じることも無く
    淡々と物語りは進みます。
    淡々過ぎて途中飽きちゃった・・・(汗)

    謎解きがあるわけでもなく
    衝撃の結末があるわけでもありません
    (未解決だから仕方ないのかもしれませんが・・・)
    ただ、ひたすら事件に係わった人を描いている作品です。
    うう~ん・・・・
    感想という感想をもてない作品。

  • 長い映画ですが、
    実際にこの事件が辿った年月を考えると、
    この長さが必要なのかな、と思います。

    事件の不可解さが、
    いかにもアメリカ的で、
    アメリカの根底に潜む闇みたいなものが
    ひしひしと伝わってきます。

    『パニック・ルーム』と『ベンジャミン・バトン』を
    見ていないので、『ファイトクラブ』以来の
    デヴィッド・フィンチャー。
    やっぱり独特のセンスがありますね。



  • 監督:デビッド・フィンチャー

    刑事と記者と挿絵漫画家
    そしてゾディアック。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする