吸血鬼ドラキュラ [DVD]

  • 10人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
監督 : テレンス・フィッシャー 
出演 : クリストファー・リー  ピーター・カッシング 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2009年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135606235

吸血鬼ドラキュラ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <私的ホラー映画祭⑨>ドラキュラは死者である。死者は、鉄の棒を打ち込むか、日光にさらされることにしか、成仏させられない。ドラキュラの手に落ちた親友や若い女を葬るには、二度殺さなくてはならない。その悲壮感がヘルシングの表情に表れていて悲しい。

    ドラキュラの棺が、キャメラの前を横切り、城から黒い馬車で運ばれる瞬間が美しい。

    燭台をクロスさせ、十字架をつくり、ドラキュラに突きつける様子がかっこいい。

    黒いマントを羽織ったクリストファー・リーは、すっと立っただけでスクリーンに映える。すばらしい。


    【ストーリー】
    ジョナサン・ハーカー(ジョン・ヴァン・アイセン)は、数世紀にわたって人里離れた邸に住み、人間の生き血をすすって生きている吸血鬼と伝えられるドラキュラ伯爵(クリストファー・リー)の正体を探るため、その邸内に司書として住みこんだ。広間で美しい女(ヴァレリー・ゴーント)に救いを求められたが、彼女を抱きよせた瞬間、頚に女の鋭い歯をたてられ、現れた伯爵に襲われて昏倒してしまった。

    やがて意識を回復した彼は、地下のドラキュラ家の墓所に入り、そこで石棺に横たわる女と伯爵の姿を発見。ジョナサンは先端を鋭くとがらせた鉄棒をとりだし、これを女の心臓部に力をこめて打ち込んだ。こうすることによってのみ、ドラキュラの魔力から女を解放し、永遠の安息を死体に得させることが出来るのである。

    しかし、暗闇の中でドラキュラから急襲を受け、命をたたれた。ジョナサンの死体と日記を発見した親友の医師ヴァン・ヘルシング(ピーター・カッシング)は、その死を知らせるため、旧友の婚約者ルシー・ホームウッド(キャロル・マーシュ)を病床に訪れた。だが、頚すじにある歯のあとから、彼女も又ドラキュラの毒牙にかけられたのを知った。

    間もなく彼女は死んだ。彼女の兄アーサー(マイケル・ガウ)は、ある夜、墓地で死んだ筈の妹に頚に歯をたてようとされ、医師ヘルシングの言が真実なのを知る。アーサーは妹の死体の胸に鉄棒を打ちこんだ。そのころ、アーサーの妻ニーナ(メリッサ・ストライブリング)のもとにドラキュラの手がのびていた。邸につれ去られた彼女を、生きているうちに救うため、後を追ったヘルシングとアーサーは、ドラキュラに十字架をかざして追い詰め、朝の神聖な陽光にさらした。

    数百年の間生き血を吸いつづけてきた吸血鬼は、太陽の光のもとにみるみる一塊の灰と化した。ニーナは死の寸前に救われた。

    無声映画時代以来、何度も映画化されている吸血鬼伝説にもとづく、英国怪奇作家ブラム・ストーカーの「ドラキュラ」の、十数年ぶりの、初の英国スタッフによる映画化。監督は「フランケンシュタインの逆襲」のテレンス・フィッシャー。脚本ジミー・サングスター、撮影ジャック・アシャー、音楽ジェームズ・バーナードも総て「フランケンシュタインの逆襲」と同じスタッフである。出演者は、前作で顔を合せたピーター・カッシング、クリストファー・リー、ヴァレリー・ゴーントをはじめ、新登場のメリッサ・ストライブリング、キャロル・マーシュ等。戦前以来我国には、同一原作によるトッド・ブラウニング監督の「魔人ドラキュラ」、ロバート・シオドマク監督の「夜の悪魔」が上映されている。製作アンソニー・ハインズ。

全1件中 1 - 1件を表示

吸血鬼ドラキュラ [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

吸血鬼ドラキュラ [DVD]を本棚に登録しているひと

吸血鬼ドラキュラ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ツイートする