黄金の馬車 [DVD]

  • 15人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : ジャン・ルノワール 
出演 : アンナ・マニャーニ  オドアルド・スパダーロ  ダンカン・ラモント  ジョージ・ヒギンズ  ジャン・ドビュクール 
  • 紀伊國屋書店 (2009年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4523215036177

黄金の馬車 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アンニャ・マンニーニの魅力がわからないとわからない映画だな(私はわかりません)

  • ルノワールを観たのは4作目だ。

    演劇(舞台)が重要な意味を持っている。
    どこまでが現実の人生なのか。
    座長(?)や子供は常に衣装を着ていたから舞台が現実になっているけど、カミーラは時々自分のドレスを着ていたから現実と舞台を行き来している。

    型としての人物。情熱体力タイプ・頭脳権力タイプ・誠実ヒーロータイプ。
    闘牛士はずっと変わらないんだろうな、カミーラの逆らう感じに惚れてたし。誠実ヒーロー君はそのうち帰ってきそう。総督は嫉妬なんかしないって言ってたのに最後は嫉妬したから唯一変わったような感じ。

    話し合っても私には難しいことは分からないけど、恋愛というかそういうものの定義がずいぶん違うんだなあと思った。好きかどうかで言えば、誰も好きではなかったと思う。「こういう人が私向き」とか言いつつも他の人とも仲良くするし。
    馬車でゴタゴタが起こってると知ったらいきなり馬車に対して否定的になったり、自分のせいで問題が起こるのは避けたいんじゃないかな。

    色彩も美しい。

    とりあえう、ルノワールの映画は面白いね。あとは『河』を観たい。

  • この楽しいんだけど、物悲しい感じ。
    「ゲームの規則」を見たあとのような感触。
    想像していたのとずいぶん違うお話だった。

    傑作、らしいのだけれど、今の私にはまだよく分からない。
    もう少ししたら見返してみよう。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする