ハルフウェイ [DVD]

  • 1137人登録
  • 3.23評価
    • (78)
    • (153)
    • (198)
    • (93)
    • (42)
  • 224レビュー
監督 : 北川悦吏子 
出演 : 北乃きい  岡田将生  溝端淳平  仲里依紗  成宮寛貴 
  • ポニーキャニオン (2009年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013894143

ハルフウェイ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 光が印象的な撮影の仕方だけど、風景や手ぶれが多いのも気になった。
    アドリブがほとんどって話みたいだけど、確かにきいちゃんも岡田君もすごく自然な高校生だった気がする。
    きいちゃんの女の子役の子はわがまますぎて、びっくりするけど、そんな女子高生いそうだなぁと思った。溝端君は北海道なのに関西弁だし、仲里依紗ちゃんも結構素が出てた気がする。
    成宮君の先生役にはちょっと抵抗があったけど、大沢たかおはいい味出してる。

  • 初々しいカップルの雰囲気に終始にやにやしながら見ちゃいました。
    ストーリーとか、メッセージ性とか、そういうのよりは「懐かしさ」の部分から自分に同調してきてくれて、観ていて心地好かったです。
    北乃きいちゃんも可愛いけど、男性陣のキャスティングや演技がいちいちすばらしい。特に大沢たかおさん、惚れ直しました。

  • きいちゃん役の子がすごくわがままを言うんだけど、それがうっとおしいけど可愛い。嬉しいとか、悲しいとか、怒るとか、好きだってことを全力で伝えてるところがすごく可愛い。

  • 高校3年生のシュウとヒロの恋模様を描いたコメディー系青春恋愛映画。

    邦画特有の答えのない終わり方だったが、演技にしてもカメラワークにしてもドキュメントっぽい点は評価出来るが、最後がクソ。
    日本映画特有のYesNo付けないエンディングの余情すら残らないバージョン。

    といっても映画自体が嫌いなわけではなく、むしろ所々笑える若さがあり、ほっこり出来る。
    例:「なんで早稲田に決めてたのに私に告白したわけ?」

    年頃の高校生なんて可愛い子とヤりたいだけなんやで…

  • 何気ない時間がキラキラ。冷たそうな空気感とか、音も良かった。大沢たかおさんときいちゃんのシーンが好き。salyuの歌が良かった。

  • 岩井俊二っぽいね。保健室のあの感じとか。見てよかった。

    台湾とかのアジアの子は、日本を思うとき、こんな世界を想像するのだろうか。

  • 北乃きいちゃんがあまり好きではないので、微妙でしたがあんな彼女にはなれないなあと思いました(笑)わたしは絶対無理だな!とりあえず岡田将生と成宮寛貴と大沢たかおはよかった!すごくよかった。あんなにかわいいカップルになりたいですな、むふふ。エンディングはすきだった!すき。

  • 中身のない青春映画。豪華な俳優陣で釣ろうとしていたんだろうなぁ。北乃きいが好きな人は楽しいかもしれない。ハッピーエンドで幸せな映画ではある。

    <あらすじ>
    高校3年生のヒロは思いを寄せていたシュウにある出来事をきっかけに告白され付き合うことになる。高校生活最後に起きた奇跡にヒロは心を躍らせる。しかし、受験と卒業を控え、地元・北海道の札幌福祉大学(架空)に進学するヒロにシュウは早稲田大学に行くつもりでいることを話せないでいた。

  • 映像は本当にキレイ。なんでこんなにきれいに撮れるんだろうって思いました。空が川の水面に写って幻想的、印象的な画面でした。
    日常のひとコマが特別な空間に見えました。
    ストーリー私には共感できなかった。
    高校生くらいの感覚でみないと共感できないのかもしれません。

  • 終始かわいい。

全224件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ハルフウェイ [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ハルフウェイ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする