ドラゴンクエスト-ダイの大冒険- 全22巻 完結コミックセット(文庫版)(集英社文庫)

  • 60人登録
  • 4.39評価
    • (12)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 稲田浩司
  • 集英社 (2010年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ドラゴンクエスト-ダイの大冒険- 全22巻 完結コミックセット(文庫版)(集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 昔、テレビでやっていて毎回楽しみに観ていたのだが、なぜか最後まで観ることができなかった。ずっともう一度観たいなと思っていたが、漫画が出ていることを知り、大人買い。個人的には、『ワンピース』なんかよりもずっと素晴らしい漫画だと思う。冒険と戦いと友情と成長と…。恋愛の要素も入っていて、夢と感動、ロマン、全てが凝縮されている。初めて、漫画を読んで泣いてしまった。強くおすすめする漫画である。

  • ダイと仲間たちの心の描写がくっきりと描かれていて
    面白い。ダイがどこへいったすごく気になるラストだった。

  • おもしろかった

  • メガンテ回と父子協力回は涙なくしては見られない…っていうかもう全編に及んで涙の洪水になること必至!
    いつまでも私の胸に残り続ける冒険の書です。ポップ大好きだー!!結婚してくれー!!

  • 個人的ランキング1位の漫画。
    おそらく今後の人生において揺らぐことはないでしょう。
    キャラクター達がみんな魅力的、少年漫画はかくあるべきと言える程の熱い展開と感動を与えてくれる。言葉にするとホント陳腐ですが、読めば大体の人は分かってくれると思います。
    漫画を読んでいて感動することはあっても、泣くことはそう無い私ですが、この漫画、特にポップに関するシーンで何度号泣したか・・・。
    また、ジャンプ作品の大半に見られる中だるみもなく、次々と現れる強敵と戦いながらも最終的には綺麗に伏線を回収していったその物語の展開の上手さもポイント。
    私の幸運な所は小学高学年の時分にこの作品と出会えたことです。
    たくさんの大切なことを学んだ気がします。私に子供ができたら是非読ましてあげたいと思います。

  • 先輩に薦められて読んだ本。友情・努力・勝利のジャンプみたいな作品です。名前のセンスなさすぎって思いながら、でも引き込まれるように全巻読みました。ドラクエも好きなので二重に楽しめました。

  • ガキの頃、読みかけになってしまっていたので、数十年ぶりに(!)再読した。
    ガキの頃は完全に竜騎士とか、大魔王の絶対的な力とかに単純に憧れていたように思うが、再読してみると、いちいち渋い台詞を吐くマトリフ師匠や主人公達に比べるとレベルは低いけど、自分だけにしかできない技を身につけて帰ってきたアバン先生がいい味だしていた。

    あと感じたのは、完全にこの話ってポップの成長の物語?心の描写とかも細かいし。正直ダイとかチートすぎて…

    それと、さくさく話が進んで、テンポがとてもよかった。某主人公が大きな剣を振り回す漫画もこのくらいさくさく行ってほしい。

  • 小学生の頃3巻を買ってずるずる全巻そろえました。一緒に成長した青春の書です。

  • 少年漫画としてすごく面白い
    なぜか郷愁のような苦しさも感じる

全9件中 1 - 9件を表示

稲田浩司の作品一覧

稲田浩司の作品ランキング・新刊情報

ドラゴンクエスト-ダイの大冒険- 全22巻 完結コミックセット(文庫版)(集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドラゴンクエスト-ダイの大冒険- 全22巻 完結コミックセット(文庫版)(集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドラゴンクエスト-ダイの大冒険- 全22巻 完結コミックセット(文庫版)(集英社文庫)はこんな本です

ドラゴンクエスト-ダイの大冒険- 全22巻 完結コミックセット(文庫版)(集英社文庫)のKindle版

ツイートする