七夕の国 全4巻完結(BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) [マーケットプレイス コミックセット] [−]

  • 57人登録
  • 4.38評価
    • (10)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本

七夕の国 全4巻完結(BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) [マーケットプレイス コミックセット] [−]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ホンワカした絵なのに、思いもよらぬ展開。ちびまる子の絵柄でコナン描いてるみたいな。まぁそれよかはもう一段階グロイわけだけども、これがまぁ良い味出しているというか、ああ、寄生獣読み返したくなるな。
    基本的に脇道に寄らない一本道な展開なんで、サクサク読めて、割と好きだったりする。
    脇道に寄らないという意味では、最初に出てきたボーイッシュな女の子が実は純粋に端役というのがまた。思わず突っ込みを入れたくなるのが、これまた好きだったりして。

  • 大きな救いはないけど、小さな救いがある。人間が怖くなるけど、好きな人はみつかる。一気に読んで一気に面白かった。主人公に好感がもてて、ストーリーに納得の行く作品。すごく、作り込まれてて、凄い。

  • 岩明均の秀作。『寄生獣』の現代社会及び怪物の世界から、『ヒストリエ』の歴史及び人間ドラマへと移行する中での、過度期の一作とみなすこともできるかもしれない。

  • 再読。内田樹のセンチネル(歩哨)というアイディアに乗り、自分なりに考えてみる。
    なん丸君による最後の説得、この世界を細部まで見よ、と。
    あれは、世界を作っているのは人間であるから、人間を愛せよ、ということに近い。
    人類という大きなくくりではなく、目の届く範囲、見える世界を作っている一人一人の人間を愛せよ、と。
    寄生獣がエゴを扱い人間を見敵として描いたのと対照的に、本作は文明を作る人間を愛せよと説く。
    そして、目の届く範囲の人間を愛することがセンチネルとなる条件なのである。ホールデン少年の「ライ麦畑」が彼の守備範囲だったように。

  • 岩明均の漫画の面白さは安定してる。七夕の国もその例に漏れず。私と相性が良いかも。全4巻で完結もしてるし、おすすめ。
    ヒストリエの方もはやく9巻を読みたい。

  • 読了。

  • 四巻っていうのがちょうどよかった。
    ナン丸さんがポジティブっていうのがほんとよかったわ
    ただ、寄生獣のときも思ったんだけど、
    なんかこう、そういう、宇宙からきた、みたいなのが解せなかった。

    手がカササギっていうのはよかったな。

  • 『寄生獣』で一世を風靡した岩明先生の作品。構成がしっかりと練られていて、最初から最後まで物語を形作ってから執筆された印象(これは後の『ヒストリエ』でもっと炸裂)を受ける名著。伏線がどんどん回収されていく展開が心地良し。

    南丸くんの呑気な三枚目っぷりが、『寄生獣』の宇田さんをちょっとだけ彷彿とさせます。

全8件中 1 - 8件を表示

七夕の国 全4巻完結(BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) [マーケットプレイス コミックセット] [−]はこんな本です

七夕の国 全4巻完結(BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) [マーケットプレイス コミックセット] [−]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

七夕の国 全4巻完結(BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) [マーケットプレイス コミックセット] [−]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

七夕の国 全4巻完結(BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) [マーケットプレイス コミックセット] [−]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

七夕の国 全4巻完結(BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) [マーケットプレイス コミックセット] [−]を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする