めぞん一刻 全15巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

  • 53人登録
  • 4.43評価
    • (9)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高橋留美子
  • Amazon.co.jp ・マンガ

めぞん一刻 全15巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 究極の三角関係。
    現実は記憶に勝てるのか?

  • 当時高橋留美子の作品はらんましか知らなかった俺には
    この作品はかなりシリアスに見えた。
    確かに前半はどたばたしていてストーリー展開もなく
    なんだこりゃ、と思ったかもしれない。
    ただ7巻からのスピード展開にはぐいぐいと
    引き込まれていった。
    この作品以前にまともに恋愛漫画を読んだ事など
    なかったと思うが、だからこそ余計に夢中に
    なってしまった。

    ちょうど俺はこれを中3の受験期まっただ中に
    読んで正月あまりの感動のあまりいろいろ
    思いを巡らせていた。
    何度も読んでいると後半のおきまりの展開より
    前半のどたばたほのぼのしていたほうが
    面白く感じられたのも不思議だ。
    あの頃しか一ノ瀬の旦那さんや光太郎とか郁子ちゃんとか
    でてこないし、後半しょうがないといえば
    しょうがないが八神や明日菜さんの問題が
    すべて解決したころにこずえちゃんが
    出てきたりして。
    一ノ瀬のおばさんがひさしぶりー!とかいってたけど
    本当に作品にでるのも久しぶりで俺自身存在自体
    忘れていたからな。あんなに重要なポジションなのに。
    付きあってんならもっと頻繁にでろよ。あと
    正直三鷹との決着のしかたもあんな形では
    ついてほしくなかった。


    関係ないがBSマンガ夜話でとりあげられた時
    やっぱ偉い人は斜めな見方をしなければいけないが
    西村知美は本当に純粋に作品を好きな様が
    わかってよかった。


    また全く関係ない話だが「部屋へおいでよ」と
    いう原秀則のマンガがドラマ化された時
    主人公の男を山口達也が演じていたんだが
    すっごいたばこ吸うシーンが多くてさー。
    それがめちゃかっこよく見えて俺は
    山口達也のファンになったと同時にもしまた
    めぞん一刻が実写化されることがあれば
    二階堂君は是非彼にやってもらいたいと
    妄想の世界で熱望したものだ。

    しっかし四谷さんは高橋留美子作品史上最高の
    キャラではないか?あんなまじめなストーリーの中で
    彼の存在があるのも大きいのかもな。
    もともと別の読み切りのキャラだから作者本人も
    気に入っているのかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

高橋留美子の作品

めぞん一刻 全15巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]はこんなマンガです

めぞん一刻 全15巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

めぞん一刻 全15巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

めぞん一刻 全15巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

めぞん一刻 全15巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする