ブクログ大賞

ジェイン・オースティンの読書会 コレクターズ・エディション [DVD]

  • 237人登録
  • 3.70評価
    • (24)
    • (50)
    • (54)
    • (3)
    • (1)
  • 49レビュー
監督 : ロビン・スウィコード 
出演 : エミリー・ブラント  マリア・ベロ  エイミー・ブレネマン  キャシー・ベイカー 
  • ¥ 1,980
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009年11月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462061386

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジェイン・オースティンの読書会 コレクターズ・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 読書は色んなことを教えてくれる

  • “最愛の犬を亡くしたブリーダーのジョスリン(マリア・ベロ)を元気づけるために、親友のバーナデット(キャシー・ベイカー)が提案したのは“人生の解毒剤”といって愛読するジェイン・オースティンの小説を論じる読書会。恋に踏み込めない独身主義のジョスリン、夫との価値観の違いに悩むプルーディ(エミリー・ブラント)など、実は会のメンバーたちは複雑な悩みを抱えていた”

    ジェインオースティンは読んだことがなく映画やドラマでしか観たことはないです。
    エマとジェーンエアはイマイチ好きではなく、コリンファースが出ていた高慢と偏見はまだ楽しんで観ることが出来ました。
    ですが、ジェインオースティンの良さはまだ理解できていないです。
    本を読めばこの方達みたいに解るのでしょうか…。

    読書会には興味ありましたが、知らない人達に自分をさらけ出すようでイマイチ踏み込めない世界 という印象でしたが、こういう知人達でやるのは良いかもしれませんね。
    その分、議論もヒートアップして意見が食い違えば険悪なムードにもなり兼ねませんが。
    その時の環境や精神状態で、同じ本でも違う本みたいな印象を受けるんですよね。
    不思議ですね。

  • 自身の好みの変化を感じる

    恋愛は必ずしもする必要はないと思ってる。
    けれど、劇中の台詞にあった通り
    人は絆を求めるものだろう、と。
    人じゃなくても良いけれど、人の愛と分かち合いはとても大きい。

    読書会でのやり取りもとても素敵
    自分の考えと思いを述べ、そこからまた違う話が進む。
    それぞれの抱えるものが浮かび上がる。
    読書会良いなぁ

  • 毎月読む本の内容が現実と交差するから、オースティンを6冊読んでいたらもっと面白かったと思う
    邪悪感一切なしのほっこりする映画。
    1つの本について深く考察していろんな人と意見交換するってどういうことなんだ

  • 良い歳して感情論を振りかざして歩く様な登場人物ばかり。その為に、登場人物への矛盾点ばかりが気になり観ていて少し疲れる。
    文豪ジェイン・オースティンの作品は、もっと丁寧に慎重に取り扱って欲しかった。

  • “読書会”をモチーフにしたヒューマン・ドラマ。英国の文豪ジェイン・オースティンの小説を囲む男女6人の人間模様が共感を誘う一作。

  • 6人の男女によるジェインオースティンの読書会を通して、一人一人が自分なりの愛を取り戻してゆくラブストーリー。

    シャネル風のエミリーブラントが恐ろしくかわいい。プラダを着た悪魔の時なんかよりもずっと似合っていてきれい!初めは嫌な役柄だったにもかかわらず、ずーっと目で追ってしまった。
    ストーリーはかもなく不可もなくだけれど、女性たちのキャラクターが幅広いのもあってか、ちゃんとハッピーに楽しめた。
    ありきたりな感想かもしれないけれど、ジェインオースティンがとても読みたくなった!

    「私がアイスクリームで、彼がスプーンみたいな気分になるの」

  • 夫婦やレズビアン、恋に臆病な男女だったり何度も結婚してきたマダムたちが、ジェーン オースティンというベタだけどハマッちゃうロマンス作家の作品を通してお互いを分かち合うお話。

    映画好きなら見たことがあるはず!バイプレイヤー俳優たちが出演。
    等身大な出演者たちで必要以上なドキドキ感がなくて笑顔で観られた作品でした。
    自分も読書会を作ろう!と考えた作品。

  • パートナー(というもの)に違和感・わだかまりを抱くメンバー。
    ジェイン・オースティンの著作を読む読書会に参加し、
    本に影響されて、各自のパートナーとの関係を見直していく。

    特に、恋愛に対し懐疑的だったジョスリンが、グリッグとパートナーになるのが素敵☆

    こういう読書会もいいなー。

  • 20120725
    テレビ放映の録画鑑賞。
    思ったよりも見応えがあって良かった。
    ので☆多め。

  • ファッションやインテリア…すべてお洒落なところが好き。
    小説の内容と、読書会のメンバー各々の複雑な心境がリンクしていく展開が見所。
    オースティンの小説を全て読んでから、また観たいと思った。

  • 毎月1冊ずつジェイン・オースティンの作品を取り上げる読書会。夫に浮気された司書、頑なに結婚しないブリーダー、母に悩まされ夫と分かり合えない教師、SF好きな唯一の男性メンバー…それぞれが「高慢と偏見」「エマ」など一つの作品を担当し、お酒片手に語り合う。「オースティンは人生の解毒剤」…会を重ねるごとに、作品を越え、自分自身や他人と向き合っていく人たちの様子がとてもよかったです。それぞれのエピソードがうまく作品とリンクしていて、群像劇もわかりやすくできていました。オースティン、6冊全て読みたくなります。音楽や映像がお洒落。女性がほっこり元気になる映画だと思います。図書館ディナー、素敵!

  • 読書は心が豊かになるなと改めて思った。
    読書会、してみたい。
    あと、図書館での晩餐会って気になる。

  • オースティンさんの本を読んだことなくても楽しめた!読んでみたくなった☆グレッグみたいなチャーミングなキャラの男の子がいたら絶対恋に落ちると思う♪

  • ありきたりなラブコメかなと思ってたけど想像より良かった。エミリーブラントがこんなに美人だったとは。プラダの時と全然違うわ。図書館の中とか、早朝の感じとか、光の使い方が綺麗。ジェインオースティン全部原作で読みたいなぁ

  • 女5人+男1人。月イチで開催される読書会。オースティンの小説についてディスカッションしながら人の内面を描くちょっとほろ苦い恋愛映画。
    読書会でのおしゃべりも、話が進むにつれて小説の内容とメンバーの複雑な心境と重なり、本の感想なのか、それとも現実の本音か、いろんな気持ちが交錯しているのが印象的。最後は都合よくまとめすぎかなーと思いつつも、グリックとジョスリンの話がよかった。
    個人的にオースティンは1冊、ル=グウィンは数冊しか読んでいないので、もっと読んでたらもっと楽しめたかも。アメリカでは読書会ってよくやるんでしょうか?すっごく楽しそうですね。

  • レンタルで見た後、即買い。繊細なエミリー・ブラントと大ざっぱな夫の描写がよかった。夫婦で、泣きながらオースティンを朗読するのです。お互いを理解したい、やり直したい一心で。
    マリア・ベロとヒュー・ダンシーはお互いにもう大人同士なのに不器用で、初恋のような初々しさ。ヒューの子犬のような瞳にやられました。

  • ちょっとご都合主義すぎるかな?っていうハッピーエンドの嵐だった。

    個人的に、「高慢と偏見」のシャーロットが実はレズビアンだったっていう解釈が面白かった。
    まさに最近、そういうパロディが英国で出たみたいだし。さすが同性愛先進国のイギリスだなぁとちょっと可笑しくなった。

  • ジェインオースティンの読書会、参加したい。
    何かを食べたり飲んだりしながら批評をし合う。
    いいなぁ。

  • 悪い人が出てこない映画や小説はホッとする~。笑顔になれる作品でした。

    エミリー・ブラントはいいですね。美人なのに型にはまってなくていろんな役ができる。ヒュー・ダンシーという俳優さんは初めて見たけど、オーリーのバッタもんみたいな甘いルックスが素敵。あと、ケーブルのタートルにデニムとか、無造作なまとめ髪とかみたいなラルフローレン的なマリア・ベロのファッションがすごく好みだった。

    映画を観てもジェイン・オースティンの小説を読んでみたいとは思わなかったけど(恋愛小説は苦手)、読書会はしてみたいなーと思いました。

全49件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ジェイン・オースティンの読書会 コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ジェイン・オースティンの読書会 コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ジェイン・オースティンの読書会 コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする