ココ・シャネル [DVD]

  • 646人登録
  • 3.48評価
    • (36)
    • (95)
    • (101)
    • (30)
    • (4)
  • 97レビュー
監督 : クリスチャン・デュゲイ 
出演 : シャーリー・マクレーン  バルボラ・ボブローヴァ  マルコム・マクダウェル  セシル・カッセル  ヴァレリア・カヴァッリ 
  • 東北新社 (2010年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4933364611659

ココ・シャネル [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オドレイトトゥ主演のココを観た直後の、シャーリーマクレーンとバルボラボブローバ主演で観る。
    監督の感性次第で如何様にも変わる解釈の醍醐味を楽しんだ。

    どちらにせよ、ココシャネルは類い稀な勇気と強さを持った女性。前衛的で、強くて美しくて、自由で孤独。センスと直観力が超越してるだけでなく、努力の人で、学ぶものが多い。

    「分別って言葉は大嫌い、死の匂いがする!」って、喚き散らす晩年のココを演ずるシャーリー、最高。イケてるババア(褒めてる)、シャーリーの魅力に、ココの名言「20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績。」を思い出す。まずは、50歳の時、恥ずかしくない良い顔を持ってたい。

    実は、愛用の香水がシャネルで、5番誕生シーンには、腰が浮いた。この香りに、日頃、エネルギーと女の自覚と未来をもらってます。
    明日もテンション上がる服を着て、シャネルつける。
    勘違いしないように気をつける習うべきところは、一も二もなく、勇気と努力。

  • シャネルの人生の一面だけを捉えてエンターテイメント向けに再構成したような映画。シャネルを知らない人にとっては登場人物が多すぎるし、シャネルを知っている人にとっては登場人物が少なすぎる。
    編集のしかたによってはもう少し良く見せれたんじゃないかな。

  • 2015.3.24

  • 二人目の男(イギリスのお金持ち)が運命の相手なのかどうなのか、どぎまぎした。

    Wikipediaを見たら、彼が死んだあとにも、第二次世界大戦に関わったり?とか、色々あったみたいだけど、その辺も気になる。

  • おしゃれっぽーいって思って手に取ってみた。
    彼女について何も知らなかったけど、かなり革新的だったことがよーくわかった。
    衣装が全体的に好み♡

  • おばあちゃんのココ超かっこいいな。男がいてこその女じゃないのよ!っていう。とても素敵な女の生き様。

  • ココ・シャネルが次々生み出すファッションも見所だけど、オシャレなだけじゃなく、女の生き様のようなものを見せられた映画だった。

    「人と違ってこそ"かけがえのない女"になる」

    「自分の生き方を決めると人はクヨクヨしなくなる」

    この二つの台詞が印象的。
    すべて失ってもまたゼロから始めるシャネルの潔さと逞しさは勉強になりました。

  • 運、能力、頑固さ(自己主張の強さ)で稀代の人物にまでのし上った女性
    当時の洋服に批判的で煌びやかで派手なものから、多くをそぎ落とし、シンプルにした
    果たして現在のシャネルはそれを引き継いでいるのか?彼女は嘆いていないだろうか

  • 女は自分のために服を着る
    そういっていろんな価値観を変えていった強い女性。でも、強いだけじゃない。

    「みんな」とか「誰か」とか、得体の知れない何かに翻弄されるのではなく、自分の五感で感じて生きていきたいと思わせてくれる1本でした。

  • ココシャネルって波乱万丈な人生歩んでたんだな・・って観た

全97件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ココ・シャネル [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ココ・シャネル [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする