ウィズ [DVD]

  • 52人登録
  • 3.65評価
    • (6)
    • (9)
    • (5)
    • (0)
    • (3)
  • 9レビュー
監督 : シドニー・ルメット 
出演 : マイケル・ジャクソン  ダイアナ・ロス  ニプシー・ラッセル  リナ・ホーン  リチャード・プライヤー 
制作 : クインシー・ジョーンズ 
  • ¥ 1,800 (参考価格 ¥ 1,500)
  • ジェネオン・ユニバーサル (2010年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102807436

ウィズ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • オズの魔法使いのミュージカル版。マイケルジャクソン演じる案山子の踊る姿が面白い。
    黒人のヒロインの踊る姿も、軽やか。子供向けの感がある作品。

  • Sidney Lumet監督、Diana Ross主演、1978年公開のミュージカル映画。名作"オズの魔法使い"をモチーフにしたブロードウェイミュージカルを映画化したもの。Michael Jackson、Lena Horne、Nipsey Russell、Ted Rossなどを起用し、楽しいブラックムービーになってます。劇中、何度も流れる"Ease On Down the Road"は聞いているだけで、本当に楽しくなります。また、マイケルのカカシの動きは素晴らしい。

  • Diana RossとMJ主演の黒人ミュージカル版「オズ」。集団舞踏シーンはオリンピックの開会式みたい。いろいろ古過ぎて辛いけど、若いMichaelの歌は艶っぽいし、舞台はNYそのものだし楽しめる。



    昨日観たサム・ライミの「オズ」の方が面白いけどな。

  • これは面白かったです!!

    ドロシー役にダイアナ・ロス、カカシ役にマイケル・ジャクソン。ブリキ男もライオンも、その他全てのキャストが、みんなみんな芸達者。豪華過ぎるオール・ブラック・キャスト。…何故黒人の身体はあんなにしなやか且つ躍動感があって美しいのだろう??

    特殊メイクや衣装、セット、演出の全てにワクワクさせられます(特にカカシをいたぶるカラスたちのコスチュームやキャラクターは最高)。
    そういった諸々に目が釘付けになって、字幕を読み飛ばす事もちょこちょこ……。

    見終わった瞬間、一緒に観ていた人間と「期待していたよりもずっとずっと面白い!あと五回くらいは観なきゃいかん!」と興奮しまくった映画でした。

    2016年のオリンピックの開会式、こんなんだったら最高です。

  • キャストがめっちゃ豪華やのに
    知名度低めなのは何故?
    いつまでも色褪せず
    明るくパワーを放つスバラシー映画ですよっ!


    演出がほんっとに面白くて、
    ミュージカルシーンは
    豪華で派手!
    ストーリー部分でも
    予期せぬことが次々起こって驚き・笑い・唖然…

    案山子役のマイケル・ジャクソンの演技は
    優しくてはかなげで繊細*
    歌とダンスだけに止まらない、
    彼の才能を見ることができます


    オズの魔法使いを原作にした映画は他にもありますが、
    物語が伝えようとしているメッセージが
    よりはっきりと感じ取れるのは
    この作品だと思います。

    ドロシーが少女でなく大人だという設定に
    びっくりしたけど、
    だからこそ共感できるところがあって
    すっかり感情移入できたからかなあ

  • 有名な「オズの魔法使い」を、すべて黒人の手でアレンジしリメイクした作品。本家も有名な作品なので、ホントに勇気のある取り組みだと思ったりするのだが、僕は実はこっちの方がずっと好きだ。

    なんといってもミュージカル・ナンバーがいい。とってもビートがきいていてソウルフルでズンズンと心に響いてくる。それから、ファッションを含めたデザインが本当にかっこいい。60年代のヒッピームーブメントの勢いのまま、サイケで鮮やかである。イエローロードをイエローキャブと絡めたりする演出も、現代的でいい感じである。

    若き日のマイケル。ジャクソンが出演しているので、そっちの方で有名だったりもするのだけれど(本当の主演は、ダイアナ・ロスでこっちだってビックネーム。すごい存在感)、そういったことを抜きにしても、思い切り楽しい傑作ミュージカルだと思う。

    黒人が作ったミュージカルであるということをあまり意識する必要はないのだと思うけど、悪い魔女を倒した後の喜びの歌とダンスのシーンだけは、僕はそれを念頭に置いてみた方がいいと思う。途中でちょっと思い切った演出があるのだけど、僕にとってはそこが泣き所である。美しいのだ。

    差別の歴史に思いをはせるとき、たとえば世界陸上をみて黒人ってなんて美しいんだろうと思う、その感覚を誇らしく輝かせている感じがして、そしてそれがまた物語のテーマともぴったりと呼応していて、うーっとこみ上げてくるシーンdな。

  • 当然ながらマイケルは演技も歌もダンスも最高!!!

    しかし時代的なものからか・・・・ダイアナが超ババクサイ^^

    何か・・・変な頭^^

  • ヤバイ。なんてゴキゲンなミュージカルなんだ!!
    最初はとんでもないものを買ってしまったと思いましたが、
    そのとんでもなさがこの映画の最大の魅力です。

    クレイジーで愛おしい!!
    ご託を並べるための映画ではありませんが、
    まあ、そんなものじゃないでしょうか、ミュージカルなんて。
    そして特にこの「ウィズ」なんて!!
    バカにしてるわけじゃありません笑。
    本当にこういうテンションなんです。

    まじめな話、
    この映画を見て「オズの魔法使い」のメッセージに気づきました。
    というよりも最後に見たのも随分小さなときでしたし。
    今こうやってこのメッセージを受け取ると、
    あたしはどうも今の自分を振り返らずにはおられません。

    「飛び出そう!ゆっくりでもいいから!」
    そうです、そうなんですよねー。
    あたしはこの言葉を、自分にかけてやりたい。

    そうそう、ちなみにマイケル・ジャクソンが出てるんです。
    つーか、それ目的で買ったんですが笑。
    マイケルはキュートで最高ですよ!!

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ウィズ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ウィズ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする