AKB48 マジすか学園 DVD-BOX(5枚組)

  • 74人登録
  • 4.22評価
    • (12)
    • (6)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : 佐藤 太  松永洋一  豊島圭介 
出演 : 前田敦子  大島優子  篠田麻里子  小嶋陽菜  甲本雅裕 
  • 東宝 (2010年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104060853

AKB48 マジすか学園 DVD-BOX(5枚組)の感想・レビュー・書評

  • 1が至高。
    2,3はみてない。

  • アイドル要素を抜きにしても、いいドラマだったと思います。とにかく熱い。ジャンプ作品のようなバトルものの王道ストーリーをアイドルでやる、というギャップに加え、見せ方がうまいと思います。

    敦子VSサドさんの殺陣はそこだけ何度も見ています。アイドルドラマなのに、こういう生臭い、汗まみれのシーンを丁寧に撮るんだと驚きました。
    ギャグシーンでは、堤幸彦監督のような、絶妙のタイミングで演技と効果音を入れられるので、『TRICK』のような作品が好きな方は面白がって見れるのではないでしょうか。

    とりあえず、AKBということ以上に、これは良い作品です。

  • ゲキカラがいいキャラ!演技いちばんうまいとおもった。まあああいう役ってある意味簡単なのかもしれないけど。
    トリゴヤかわいい!戦闘シーンがないから得だね。
    だるまいいやつ!手羽先食べたくなった
    なんか下らないけどまあまあ面白かった!
    2より1のがわかりやすくてすっきりしてていいかな。
    演技は基本的にひどい。

  • AKB48に目を向けるようになったきっかけは、深夜このドラマにチャンネルが偶然止まったから。
    おなごがグーで血まみれになるまでやり合うという理解しがたい世界だったが、アイドルが必死になってる姿は目が離せぬものがあった。
    よくよくここから中の人のことを知っていくと、このドラマはアイドルの中での彼女たち自身の立ち位置や役割、背負っているものとオアーバーラップするキャラ作りがされている。

    なまっちょろいぬるま湯ではない、過酷な競争原理の中に若くして飛び込んだ彼女らの口から
    マジになんなきゃ勝てねえよ
    そりゃリアルだわな。

  • AKB48(笑)
    そう思っていた時代が私にもありました。

    いやもう、AKB48好きな人はもちろん、何とも思ってない人もこのドラマ、見た方がいいと思う。学園ヤンキードラマきらいじゃなければ是非。いやきらいでも是非。これ彼女たちの魅力を伝えるのに最高のツールだと思うんだけどどうだろう。

    彼女たちが大人数アイドルであることの意義が、このドラマで十分に発揮されております。マンガとかって、それぞれのキャラクターにがっつり魅力があるならば、登場人物多ければ多いほど楽しいじゃないですか。その子たちに学園パロとかファンタジーパロとかさせたくなるじゃないですか。このドラマはまさにそんなかんじ。秋元康の気持ちすごいわかる。

    というわけで、このドラマ見るまではAKBっ子たちの中で顔と名前一致する子なんてほぼゼロだったわたしにも、ついに胸を張って推しメンと言える子ができました。篠田麻里子ちゃんです。
    ちなみにこれ、家族で見てたんだけど、妹も麻里子さんだった。母はまさかのまゆゆだった。父には聞いてない。

    そんなかんじでお茶の間でもたのしめるドラマです。
    あ、百合方向にももちろん楽しめるよ!わたしは優子さんとサド先輩とか、サド先輩とトリゴヤあたりにどきどきしました。かわいいー!
    メイキングディスクのついたDVDBOXをうっかりすると買ってしまいそうなわたしを誰か止めてほしい。このままじゃ風魔のときの二の舞…!

    (追記)
    ごめんなさい柏木由紀ちゃんに推し変しましたごめんなさい。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

AKB48 マジすか学園 DVD-BOX(5枚組)を本棚に「観たい」で登録しているひと

AKB48 マジすか学園 DVD-BOX(5枚組)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

AKB48 マジすか学園 DVD-BOX(5枚組)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

AKB48 マジすか学園 DVD-BOX(5枚組)はこんな映画です

ツイートする