Bye & Bye I'm Going to See the King

  • 1人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
アーティスト : Heaven 
  • Staubgold Germany (2010年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4050486014110

Bye & Bye I'm Going to See the Kingの感想・レビュー・書評

  • ★★★☆☆
    Martin Siewert(efzeg、Trapist)、Tony Back(The Necks)、フェネスとの活動経験があるZeitblom、Steven Heather(efzeg)というニュージャズ系/電子音響ジャズオールスターとも言えるカルテットの2nd。ファーストも結構話題になりました。ただ、ここではお互いの音楽的ルーツを探るサウンドということで、あまりジャズ的色彩はなく、呪術的とも言える一種独特のサウンドを発している。

    本人達はブードゥー的と言っているそうだが、確かに呪術的パーカッションをダビーなベースに乗せ、ギターとヴァイオリン?が異国情緒を描き出す#1、リズムがドラムマシン(エレドラかも)になる以外は#1と雰囲気が似ている#2、エレクトロニクスが全くエスノを感じない異質な空間を作り出している#3、ブルースギターの響く#4、ビートレスでハーモニカ、ギター、エレクトロニクスと主役がコロコロ変わる構造はフリージャズ的な、でもジャズ的触感は全く無い#5、このアルバムの中では比較的元気でポストロック/ポストジャズ的な、しかし独特のドラムスで徐々にリズムがずれてくる#6とどの曲も独特の世界を描き出している。

    基本的にはメンバーに惹かれるポストジャズ/電子音響ジャズファンにアピールするサウンドだが、モノトーンのサイケデリックと表現したくなるようなフリーキーながら抑制の効いた出来になっており、実験的音楽を聞くリスナー全方位的に聴かれても良いサウンドだと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Bye & Bye I'm Going to See the Kingを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

Bye & Bye I'm Going to See the Kingはこんな音楽です

Bye & Bye I'm Going to See the KingのMP3 ダウンロード

Bye & Bye I'm Going to See the KingのLP Record

ツイートする