許されざる者 [DVD]

  • 343人登録
  • 3.68評価
    • (31)
    • (62)
    • (47)
    • (12)
    • (3)
  • 52レビュー
監督 : クリント・イーストウッド 
出演 : クリント・イーストウッド  ジーン・ハックマン  モーガン・フリーマン  リチャード・ハリス 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2010年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135804808

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

許されざる者 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • DVD

    暴虐を尽くしてきた男が、奥さんをめとって改心するが、やはり血は争えないという話。
    この映画のかっこいい所は、イーストウッド演じる"許されざる男"が、金や復讐心に駆られて保安官を殺しても、決して妻を裏切らないという点。

  • イーストウッドがアカデミー賞を制した92年の作品。

    眈々とした物語はいかにも彼ならではのもの。物語はシンプルながらも、イーストウッドをはじめモーガン•フリーマン、ジーン•ハックマンといった名優中の名優たちの素晴らしさもあり、充分に見応えがある。

    ただしラストはいま見ると納得いかない。本来ならば勧善懲悪で片付けられるはずの物語だが、この結末を見ると本当の勧善懲悪などなく、暴力の連鎖からは何も生まれないという、至極真っ当且つとても冷徹なメッセージが放たれてるように思う。

    それがイーストウッドによる、“西部劇=作られた勧善懲悪の世界”へのラストメッセージなのだとしたら、それはそれで凄い。自分が演じてきた世界をこういう形で葬り去るものかと。そしていま見ると、アメリカという軍事大国そのものの批判にも見えたりする。

    本作の16年後、イーストウッドは『グラン•トリノ』という大傑作を作る。そこでは本作と真逆の結末がある。暴力は次の暴力を生む。暴力では何も解決しない、と。

    個人的には、断然にそちらを支持する派。この先いつか両作品を見直すとき、その感想は変わってるのかもしれないけれど。

  • ささいなことで娼婦を傷つけたカウボーイたち、をかばう横暴な保安官、とその手下たち
    VS
    傷つけられた娼婦たちがふっかけた賞金を、生活苦のために手にしようとする、キッド、彼が誘ったマニー、さらにマニーが誘ったネッド。
    賞金稼ぎとはいってももうずいぶんまえに引退し、馬にも乗れず「人も殺せない」三人……。

    とにかくリアル。最後の西部劇と確かに銘打つべき作品。
    弱腰、及び腰が(まったくもって)コメディではなく、まるで現実のように淡々と描かれる。
    特に中途半端に撃ってしまった男をめぐって、敵味方が脅えながら慌てふためくという描写は、凄まじい。

    またキッドがあらかじめマニーを神格化している姿は、イーストウッドにかつて憧れた観客そのものでもあるのだろう。
    だからこそ、この文脈が映画に生きる。

    さすがイーストウッド。

  • ネットで視聴(英語字幕)

    舞台の背景は1881年のアメリカ西部。

    アメリカではまだ西部劇の真っ最中だが、ヨーロッパに目を転じると、イギリスはヴィクトリア女王治下の最盛期の時代。

    「デビッド・コッパーフィールド」が発表されたのが1850-51年。
    作者のチャールズ・ディケンズが亡くなったのが1879年。
    ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」は、70年あまり遡って1813年。

    フランスは第3共和制の時代で、パリ・コンミューンが10年前の1871年の5月。
    「ボヴァリー夫人」(1856年)の作者フロベールが1880年に亡くなっている。

    ドイツは鉄血宰相ビスマルクの時代。
    「資本論」(1867年)のカール・マルクスが亡くなったのが1883年。

    ロシアはアレクサンドル2世の時代。
    ちょうどこの年、1881年にドストエフスキーが亡くなっている。
    代表作の「罪と罰」は1866年、「カラマーゾフの兄弟」は1880年。

    日本は1868年の明治維新を経て、立憲運動が盛んになっていた時代。
    1881年は国会開設の勅諭が出され、板垣退助が自由党を結成した年。

    こういうふうに、1881年は、ヨーロッパでは資本主義・帝国主義の爛熟と国家間の衝突が眼前に現れつつあり、後発国である日本も、列強に追いつこうと国家体制の整備を急ピッチで進めていた時代。

    一方、アメリカでは、住民が拳銃を振り回しながらマン・ハントをやっていた。
    オースティンやディケンズが描いたイギリス中流社会や、フロベールの田舎風景、ドストエフスキーによるペテルブルグの地下生活に比べると、いかにも野蛮で、文明の遅れが目立つ(今も?)。

    映画ではイギリスから来たガンマンが登場するが、アメリカはこの時代、はぐれ者や冒険家たちが、一攫千金を夢見て数多くやってきたのだろう。

    かれをはじめ、主人公のマニー(クリント・イーストウッド)も、友人ネッド(モーガン・フリーマン)も、保安官リトル・ビル(ジーン・ハックマン)も、みな荒々しい無法者で、暴力や殺人を意に介さない。
    町の人間たちもその点は同じだ。
    人を雇って殺そうとする娼婦たちも。(実際にカウボーイが殺されている)

    唯一まともそうなのが、ネッドのインディアンの妻とマニーの子供たちだけという世界。

    銃と暴力が支配するこの世界で、許されざる者というのは、はたして誰を指すのだろうか。

    映画は傑作。
    何度見ても見飽きない。

  • 伝説のアウトロー
    ウィリアム・マニー(クリント・イーストウッド)
    クリント・イーストウッド監督・主演の名作
    最後の西部劇

  • イーストウッドにハズレなしと再認識させられました。多少の古さもなんのその。あまりの緊張感に画面前から体を動かせなくなりました。
    圧倒的な余韻もあり、素晴らしすぎました。
    ハズレるまでは全部見ていきます♪

  • 図書館>邦画,渡辺謙さん版を見たのが先だったけど、やっぱりオリジナルの方が趣きがあって良い○。西部劇の様相の方がしっくりくる。何より、クリント爺が且つての西部劇でお世話になった(育てて貰った)セルジオ・レオーネやドン・シーゲル監督に捧ぐ作品でもありますからね。
    私のお気にのモーガン爺(ネッド)が酷い有り様( ノД`)…。少々クサイ台詞がかなり多い。
    クリント爺やっぱ渋いな^^。悪役保安官;G.ハックマンもなかなか○

  • クリント・イーストウッドさん主演の西部劇です。西部劇と聞くと派手なガンファイトを想像しますが、この映画ではそのような派手なシーンはあまり見られません。主人公の抱える陰惨な過去と生活の為に再び銃を取った複雑な心情描写やこの手の物語で欠かせない悪徳警官の存在等、見どころ沢山です。

  • かつてのマカロニウエスタンのスターであったイーストウッドの描く西部劇。
    許されざる者とはいったい誰なのか、銃口を人に向けるとはどういうことなのか、何が正義で何が悪なのか。。。
    それらを最後まで考えさせられました。
    映画の残す深い余韻が実に素晴らしかったです。

    イーストウッドはもちろん、脇を固めるモーガン・フリーマン、ジーン・ハックマンの演技も素晴らしく見応えたっぷりの作品でした。
    特に嫌~な保安官を演じたハックマンは嵌ってましたね。

    ドン・シーゲルとセルジオ・レオーネに捧げられた本作。
    クローズアップの多用などは、確かにレオーネの西部劇を彷彿とさせますね。

    (1992年 アメリカ)

  • 【徒然】
     雇われた賞金稼ぎと言えど、他人の復讐。被害者の立場に立てば正義かも知れないが、金のための殺しであり、縁もゆかりもない者に抱くのは同情でしかないため、どんな正当性があろうと主人公たちは『偽善』の正義。
     それをクリント・イーストウッド演じるビルは承知している。だからこそ、初めて人を殺してしまったリトル・ビルが、酒を浴びるように飲みながら、
    「もう二度と動くことはないんだ……」
    と殺した相手のことを思うシーン、またそれに対して、
    「人を殺すってのは大変なことだ。その人間の人生をすべて、未来まで奪うんだから」
    と言い、自分たちもそうなるのだと呟くビルの台詞には、人生も人間も、白と黒のように割ることはできないのだということに気付かされる。
     この映画のすべてのテーマを詰め込んだ会話だと思った。

  • 製作・監督 : クリント・イーストウッド
    出演 : クリント・イーストウッド ジーン・ハックマン モーガン・フリーマン リチャード・ハリス


    かつての残忍な悪党が、娼婦の懸けた賞金を得ようと、昔の仲間や若いガンマンと共に最後の追跡の旅に出る。
    「荒野の用心棒」から始まるクリント・イーストウッドの西部劇映画史の総決算!
    西部のアウトローが、年老いたガンマンで登場。銃の腕もおち、馬も巧みに乗りこなせなくなった彼が、生活のための金稼ぎから転じて、”伝説の男”として甦る姿が身震いするほどスタイリッシュに映し出される。仲間を殺され、復讐鬼と化した主人公の問答無用のガン・ファイト!その”伝説の男”が去り行く馬上の姿を見届ける娼婦たち…。今は亡き恩師セルジオ・レオーネとドン・シーゲルに捧げられたことでも話題となった、1992年度の映画界を代表する傑作。アカデミー賞4部門受賞。

  • クリント・イーストウッドの西部劇。年老いてもなおかっこいい(^^)

  • 終盤はもうすこし丁寧に描いてほしかったが、名作。

  • 人が死ぬのが当たり前な西部劇で、殺しの重さを幾重にも描いていて、不思議な新鮮さがある。
    最初の傷害は別として、他は主人公らにせよ保安官にせよやむを得ない暴力に見えるので、スッキリはしない。

  • 1992年(アメリカ)
    原題:UNFORGIVEN
    監督:クリント・イーストウッド
    出演:クリント・イーストウッド、ジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン


    「許されざる者」公開記念、クリント・イーストウッド特集、第三
    弾は今回のリメイクの題材となった「許されざる者」です。同じタイトルですね。

    同じイーストウッド主演の西部劇でも「荒野の用心棒」とはまた違った雰囲気。
    「荒野の用心棒」はイーストウッドがとにかくハードボイルドでひたすら殺人の限りを尽くして行き、最後にほんのちょっと義理堅いところを見せるツンデレ風だったのに対し、
    本作は元ワルの賞金稼ぎだけど、現在は改心し子供のために真面目で働く農園主が、家族を養うために数十年振りに渋々銃を取るって話なのでかなり対照的。

    そんなかんじで今回のイーストウッドは基本的に優しいんだけど、物語終盤、仲間(モーガン・フリーマン)が敵に拷問された末に殺され更に遺体晒し者にされたことでブチ切れます。
    「荒野の用心棒」のイーストウッドもビックリな速さで瞬く間に10数人殺します。
    「荒野の用心棒」のイーストウッドがツンデレなら、今回のイーストウッドはまさにデレツン。どちらもギャップがハンパじゃない。

    あんだけ物腰の柔らかい人が急に怒り狂ったのは、目的も無しに人を殺し、更に人間の尊厳をまるで無視したかのように晒し者にするなど残虐の限りを尽くしたからじゃないかと推察してます。それが仲間だったから尚更ね。
    だから決してお前らを許すわけにはいかないということで、殺戮に走ったのでしょう。

    しかし彼自身昔は残酷の限りを尽くした賞金稼ぎとして名を馳せていました。もしかしたら1番「許されざる者」なのは自分自身である、といった自戒の意が最後の殺戮には含まれているのかもしれません。確かにその後立ち去るイーストウッドの姿にはかなりの哀愁が見られました。

    殺人や復讐は何もいいものを生み出さないということを改めて感じました。

  • 観終わってなんかモヤモヤと・・・所々カットされてるためか?よく分からない所もあって???(次回はノーカットで観たいです)

    それにしてもジーン・ハックマンはそんなに(殺すほどに)悪いやつじゃないかと思うのですが?街の治安を守るためにはやむを得ないんじゃないかと・・・

  • 日本版が公開される前に、もう一度見直し。やはり良い。特にびびりのガンマン同士の銃撃戦は必見。近眼だわ、当たんないわ、痛い痛い騒ぐわ…マカロニウェスタンでは見られない本物の銃撃戦(ってきっと、ああだったんだろう)。人物造形もそれぞれ深く、善人悪人の境界線もあいまい。ただ主人公マニーの行動原理は深すぎて理解不能。イーストウッドの作品にはいつもこの理解不能な一線がある。『ミリオンダラーベイビー』を筆頭に。凡人には分からない天才の領域なのかも。☆4

  • 最後の西部劇、と言われるそれはヒーローの予定調和に対する内省的な解体ショーであった。

    かつての伝説的なアウトロー・マニーは亡き妻の墓守をしながら貧農を営んでいた。それを彼は誇りに思っていたに違いない。かつての罪滅ぼし、といえば聞こえはいいかもしれない。しかし彼は若い頃の悪事を、よく憶えてはいない。今を生きる、といえば格好はつくのだろうが、生きるだけで目一杯で周りの景色もよく見えていない。

    そこに転がり込んだ賞金稼ぎの話。二人のカウボーイを片付ければ500ドル。鼻先の人参さえ、愛する幼子たちのためには必要に思えた。旧友の息子スコフィールドJr.は近眼で殺しの経験もない。相棒ネッドさえ口では往年の強がりを見せながらスペンサー銃を構えては震えてしまう。

    「殺しってやつは…相手の過去も未来もすべて奪っちまう」
    殺す側の人間も、殺すことでその意味を知る。かっこいい人殺しや正しい人殺しなんて存在しない。人を殺すことは、人として生きることに反する。
    マニーは人を殺める。いくら正当化しようとしても、許されざる行為に変わりない。そして自らに深い傷を負う。そのことを受け入れて生きているだけの、許されざる者なのだ。

  • 「午後のロードショー」にて。善と悪を相対的なものとして描いたという点では、かつての「勧善懲悪型」もしくは「アウトロー型」の西部劇とは明らかに一線を画しています。

    かつて殺し屋として名をはせたロートルの主人公(クリント・イーストウッド)にせよ、町を守るために極端な行動をする保安官(ジーン・ハックマン)にせよ、人物は複雑で煮え切らない。物事をスパっとクリアカットしない態度には知性を感じますが、映画に「わかりやすさ」や「カタルシス」を求める人にはなかなか辛い作品です。テンポの悪さもちょっと気になります。

  • 【録画:吹替】これはリアルタイムで映画館で観たら、もう少し印象が違ったのかな… 日本版を観た後だから尚更か。所謂、西部劇をまともに観たことがないからか。キッドは虚勢張ってる気弱なビリーザキッドにしか見えず、イーストウッドは最後は渋くてカッコイイけど、ジーン・ハックマンやモーガン・フリーマンは…TV版ってかなりカットされているのかな?所々唐突で…

  • 人が人を裁くのは難しい。復讐の連鎖にはまるんやろうなぁ。しかしジーン・ハックマンは悪い感じがよく似合う。

  •  引退したかつての伝説のアウトローがもう一度殺しを請け負う。

     西部劇で当たり前に行われる銃撃戦による殺し合い。そんな映画の常識をあえてじっくり考えるテーマにしたのがこの映画。人を殺すということの重み。暴力で正義を行使する矛盾。それらをクリント・イーストウッドやジーン・ハックマンというかつての西部劇のスター達が演じて向き合うのだから、特別な意味がある。

     この映画が西部劇へのカウンターパンチであったように、渡辺謙によるリメイクは時代劇へのカウンターパンチになるのだろうか?

  • ふたたび殺人を犯した悪、
    街を牛耳る悪、
    娼婦を切り刻んだ悪、
    初めて人を殺した悪、
    子供を置き去りにした悪。

    様々な罪の要素、後悔。
    許されざる者とは?

全52件中 1 - 25件を表示

許されざる者 [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

許されざる者 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

許されざる者 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする