Spike The Best 428 ~封鎖された渋谷で~

  • 73人登録
  • 4.61評価
    • (21)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
  • ¥ 2,382 (参考価格 ¥ 3,024)
  • スパイク (2010年12月2日発売)
  • Sony PSP
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4940261510008

Spike The Best 428 ~封鎖された渋谷で~の感想・レビュー・書評

  • 私が昼夜を忘れて遊んだゲームは、ダンガンロンパとダンガンロンパ2と、この「428」。つまり、spikeってすごい。

    実写ビジュアルのサウンドノベルです。
    1時間区切りごとに、数人の主人公たちの行動を決定しながら物語を進めていきますが、誰かの行動はほかのキャラクタの行動に影響を及ぼすので、本当に色々な分岐があります。

    警察官として誘拐犯を追う傍ら、渋谷のチーム抗争に巻き込まれたり、怪しいダイエットドリンクを販売したり、果ては渋谷を壊滅させる危険性のあるウイルスまで出てきて…。
    小さな事件から世界的な出来事まで、大小様々なことが同時多発的に起こるのがとても面白いです。久しぶりに数時間ゲームを手放せなかった。

    おまけ要素があるようなので、もう少しやりこみたいと思います。

  •  隠しシナリオがいくつか残っているみたいだが、とりあえず本編のトゥルーエンドは達したのでここで一区切り。物語としては瑕疵がないではないが(ミスリードがわかりやすい)、ゲームシステムが非常に優秀で、この種のノベルゲームとしてはこれ以上望めないほど洗練されている。キャラクターが際立って濃く、独特の世界観を確立しているのも良かった。

  • 圧倒的な面白さ。おおよそ自分が、ノベルゲームというものに期待していたすべてが詰まっていた。サスペンスからミステリー、ドタバタからロマンスまで何もかもが高レベルで、すべての糸が一本に繋がるラストシーンには鳥肌すら覚えた。ゲームシステムのおまけみたいなもの、が、最後の最後に巨大な伏線となって現れたことには度肝を抜かれた。サイコーでした。2011年にプレイした4つのノベルゲームのうちの、ひとつ。

  • やめ時の見つからない面白さ。スリルあり、笑いあり、感動あり。ラストまでダレずに走れた。音楽もとても良いし、キャラも脇役まで味があってほぼ皆好きになれる。タマが可愛かった…!クリア後のオマケシナリオの白いしおりのストーリーが、また泣けた。

  • ノベルゲームに苦手意識を持っている人にもオススメできると思います。

    話の基本は事件ですので重い部分もありますが、決して堅苦しいわけではなく、ストーリーにスピードがあるので中だるみもしません。

    言葉一つ一つに解説もあり、クスッと笑える部分もあり、クリア後のオマケ隠し要素も面白い!

  • 初めてプレイしたノベルゲーム。
    複数いる主人公それぞれのシナリオを進めていく形式。選択肢によっては他のキャラのシナリオが変わり、バッドエンドになってしまう。

    最初はかったるい部分もあったけど、シナリオが進むにつれて面白くなっていきました。(それでもキャラによってはかったるいけど)
    終盤のバッドエンド率の高さに心が折れかけましたが、それを潜り抜けて最後のシナリオが出てきた時はすごくやりがいを感じられました。

    すべて実写の映像を使っていて、見たことのある俳優さんもけっこう出てきます。また、同じチュンソフト制作の「街」というノベルゲームのネタも時々出てきてるらしいです。

  • 途中で、一気にストーリーに引き込まれる。
    あとはもう気になってラストまでやめられない。
    終盤の展開がかなり秀逸。

    「街」とは違って1つの大きな物語を複数の視点から追っていく形式。

  • プレイ期間:2011/12/13~2012/01/02
    プレイ時間:約15時間

    コンプしてないけど、メインのシナリオは終わったのでとりあえずプレイ終了。
    複数の主人公視点を読み進め、各選択肢でバッドEDを回避しながら事件の解決を目指すサウンドノベル。

    展開も面白かったし、登場人物のキャラクターも良く、文章も分かりやすく読みやすかった!バリバリのラノベほど軽くもなくて、いい感じ。大量にあるバッドEDも面白くて◎。
    ただ、プレイ途中のセーブが分かり辛く、クリアするまで各チャプターを読みきらないとセーブ出来ないと思ってました…。

    キャラは御法川さんが好み!!御法川編は特にテンポ良くて楽しかったなぁ。彼を主人公にした別のお話も読みたい…。
    あとタマ(着ぐるみ)がめちゃくちゃ可愛いです。

    本編以外のシナリオはあくまでオマケ程度に思っておいた方がいいかなーという感じ。サスペンス・ミステリ調の本編とはちょっと毛色が違いました。

  • 以前のサウンドノベルは、選択肢で枝分かれしていき、多数のエンディングパターン(そのほとんどはバッドエンドですが)になるという木構造のシステムでした。
    ところが、今回の428は複数の登場人物により、一つのストーリーが進んでいくというツタが絡まって1本の木になるような構成になっています。もちろん、多数のバッドエンドは健在ですが、メインシナリオは太く存在していて、登場人物と一緒に物語を体験するというプレー感になります。 konnokにとっては、ついつい物語に引き込まれてしまい、気がつくと何時間も遊んでしまっていた、というタイプのゲームです。
    メインシナリオは細菌兵器をテーマとしたシリアスな物語ですが、ギャグが満載のサイドストーリーもあって、飽きさせません。

全11件中 1 - 11件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Spike The Best 428 ~封鎖された渋谷で~を本棚に登録しているひと

Spike The Best 428 ~封鎖された渋谷で~を本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

Spike The Best 428 ~封鎖された渋谷で~はこんなゲームです

ツイートする