デモリションマン [Blu-ray]

  • 30人登録
  • 3.27評価
    • (0)
    • (4)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : マルコ・ブランビヤ 
出演 : シルベスター・スタローン  ウェズリー・スナイプス  サンドラ・ブロック 
  • ¥ 776 (参考価格 ¥ 2,571)
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2011年1月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135841940

デモリションマン [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 2032年の近未来都市サン・アンゼルスを舞台に36年前に冷凍された刑事ジョン・スパルタン(シルベスター・スタローン)と、重犯罪者サイモン・フェニックス(ウェズリー・スナイプス)の死闘を描いたSF・アクション作品です。

    2032年は犯罪が撲滅し、警察はヘタレきっていて頼りにならい…そんな時代でスタローンとウェズリーが暴れまくるお話。
    クセが強い感じがしたので、好き嫌い分かれそうな気もしました。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  •  ちょっと懐かしい感じのSF。
     近未来で刺激を無くした管理社会に冷凍睡眠から目覚めた囚人が、これまた冷凍睡眠から目覚めた警察官による捕物帖。
     可もなく不可もなくといったかんじで、当時であれば面白かったと思う。

  • BSで放映されていたのを観ました。

    (あらすじ:ウィキペディアより)
    1996年、ロサンゼルスで凶悪犯サイモン・フェニックスを追いつめたジョン・スパルタン刑事。だがフェニックスの罠にはまり、逮捕したものの人質は全員死亡。スパルタンは作戦失敗の責任を問われてフェニックス共々冷凍刑務所に送られた。

    それから36年後の2032年、暴力や犯罪が存在せず、また無菌社会でコンピューターによる徹底管理されたクリーンな近未来都市サン・アンゼルス(2011年の地震の崩壊によってサンタバーバラ、サンディエゴ、ロサンゼルスの3都市が合併して出来た)。仮釈放審査のため解凍されたフェニックスが脱獄。20世紀最大の凶悪犯フェニックスになす術が無い警察は、当時の所業から“デモリションマン”(破壊屋)の異名がついたスパルタンを解凍して、フェニックス逮捕を命じた。一方、サン・アンゼルスを支配するコクトーはクリーンで完璧な都市作りのため、下水道の地下で自由解放を求めるフレンドリー率いるレジスタンス運動組織を潰そうと企み、フェニックスに近づく。実はコクトーは自分のクリーンな社会に従わないフレンドリーを殺すため、冷凍刑務所からフェニックスを蘇らせたのだった。

    結局、コクトーはフェニックスに殺され、スパルタンは地下のレジスタンスのフレンドリーと出会い、友情を結ぶ。そしてスパルタンとフェニックスの最後の対決が始まる。

    大学時代に見たかったのですが、結局見れずじまいだった映画。確か「クリフハンガー」のヒットで人気再燃でした。

    イメージしていたストーリーとは全く違っていて、近未来を舞台としていて驚きました。こんな映画だったんですね。

    典型的なハリウッド映画で、内容は少々退屈気味。しかし、セットや衣装などに「ブレードランナー」的な要素を感じるのは私だけでしょうか?

    サンドラブロックが出ていてびっくり!彼女も当時は「スピード」でブレイク中でした。

    とにかく若いわ~、みんな。と思った一本。

  • 未来は体液交換がすごい。
    スタローンは相変わらずつよい。

  • 欲深い人間にしてこんな世界がくるはずないとは思うけど、こんな世界がきたら退屈でしょうがないだろうなー…ってのを最後はぶっ壊してくれる。
    やっぱり人間はある程度汚れててなんぼやろ!爽快な一作でした。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

デモリションマン [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする