ブクログ大賞

戦場カメラマン 真実の証明 [DVD]

  • 39人登録
  • 2.92評価
    • (1)
    • (5)
    • (13)
    • (5)
    • (2)
  • 10レビュー
監督 : ダニス・タノヴィッチ 
出演 : コリン・ファレル  ジェイミー・サイヴズ  パス・ベガ  ケリー・ライリー  ブランコ・ジュリッチ 
制作 : ダニス・タノヴィッチ  スコット・アンダーソン 
  • ¥ 4,380 (参考価格 ¥ 4,104)
  • アルバトロス (2011年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532318404561

戦場カメラマン 真実の証明 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • コリン・ファレルをすごい役者さんと感じたことがない。神経質でヒステリックにしか僕には見えない彼の演技は本作でもやはり変わりがない。実際、今作においても主題は違うのかもしれないが、人間の浅ましさだけを感じてしまった。

    「戦場カメラマン 真実の証明」
    https://www.youtube.com/watch?v=WiJY0nfBxLI

    戦争の悲劇?いや、そんな風には見えなかった。戦場カメラマンや報道関係者たちの後ろに隠れるピューリッツァー賞が見え隠れしている作品に感じた。最終的には名誉と栄誉のために友人のことなど顧みなかったような気がする。

    最終的なエピソードの中では戦場よりも友を選んでいるような映像になっていたが、とてもそうには思えない。やはりそれはコリン・ファレルの相なのかもしれない。目がギラギラしすぎている。貪欲で飢えた獣のように見える。それがこの作品の主題を感じさせないようになっているようにも思える。

    これなら戦場カメラマンを主題にした他の作品の方が数段うえに感じる。

  • 人生トップ3くらいにはいるくらい心にずしんときた作品。ぜひぜひみてほしいです。

  • 最前線で戦争を追い続けるカメラマンがある体験からPTSDに陥ってしまう。戦場で起こったこととは?一層危険が増す戦場に向かおうとする主人公と撤退を決意するパートナー、二人を襲う悲劇。戦場で人を救うか諦めるかという究極の選択。白黒明確に分けられない灰色の世界での体験にもがき苦しむ。【WOWOW録画】

  • 生々しい。
    残酷で、エグい、現実。
    心に残る映画。

  • 戦争はつねにどこかで起こっているんだよな…。戦地といまの暮らしとのギャップは行き来している人にとっては消化しがたいもどかしさ。

  • 戦場でも、人が死のうとしている時でもシャッターを切りまくる姿が、最初はパパラッチみたいなイメージしかわかなくて正直卑しく見えました。

    でも、帰国して、ぽつりぽつりと目の前を通過した過去を話す主人公は、悲劇に衝撃を受けながらも、命をかけてその瞬間を撮り続けていたんだなと。
    やろうと思ってできる職では決して無い。
    そんな世界に身を投じているんだなと思うと、凄い職業だなと思いました。

    それに女性たちの、心のひろさと、お互いを支え合う精神力。
    重い話の中でクリストファーリーの言葉には心が洗われました。
    所々の脚本が素晴らしかったように思います。

    最後、パートナーとの話の決着が衝撃で…。
    なんかわかっていたけれど、現実はもっと衝撃で…。
    リアルな戦争映画だと思います。

  • PTSDになった戦場カメラマンの再生の物語。

    邦題詐欺。これ名付けた人は渡辺陽一とイラクに行けばいいのに…

    原題は「トリアージ」で、傷病者に優先順位をつけること。
    これは前半のクルディスタンの医者と、主人公に起きたある出来事に引っかけている。

  • 原題:TRIAGE/EYES OF WAR
    監督:ダニス・タノヴィッチ
    2010年 アイルランド/スペイン/ベルギー/フランス
    100分 音声:英語のみ

  • ブラピに似て男前。
    邦題が渡辺さん人気に乗っかろうとしすぎ。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

戦場カメラマン 真実の証明 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

戦場カメラマン 真実の証明 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

戦場カメラマン 真実の証明 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする