八日目の蝉 通常版 [DVD]

  • 2303人登録
  • 3.76評価
    • (277)
    • (480)
    • (393)
    • (75)
    • (9)
  • 510レビュー
監督 : 成島出 
出演 : 井上真央  永作博美  小池栄子  森口瑤子 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2011年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427649347

八日目の蝉 通常版 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作を読んでいたので結末がどうなるのかも知っているのに、希和子と薫、でいさせてあげたかった。

    憎むべきは不倫クズ野郎。女癖の悪い嘘つき男の子だけは身籠りたくないな…そもそも男の口車に乗ってはいけない。

  • 不倫はいいことないなと思うけれど、中絶した女性に対する「がらんどう」っていう暴言も良くなくて…。誘拐した子供に対する愛情は確かで、無償の愛と呼べるものだったと思う。
    子供産んでから原作を読んだけれど、独身の頃に読んでいたら違った感想を持ったかもしれない。
    答えの出ない重いテーマの映画。また見直したいと思う。

  • 小池栄子は良い女優だ。

  • 形は歪んでいたのかもしれないが、
    愛し、愛されたかった。

    だからこそ、
    世界が美しいのだということを、
    伝えたかった。
    歪んでしまったけれども、
    世界が美しいのだと伝えたかった愛情は、
    確かに伝わっていたんだ。

    誰も、憎みたくなどなかった。
    そうして、愛され、愛したかった。



    何度観ても涙してしまう。

  • テレビのロードショーにて鑑賞。

    不貞、堕胎、誘拐。
    希和子(永作博美)が失ったものは何だったのだろう。誘拐という大犯罪を犯し、罰せられるべく実刑判決をうけながらも、彼女は反省しない。彼女が欲し続けるものは何だったのだろう。

    恵理菜(井上真央)は不倫相手の子を宿すという希和子と同じ体験をする。これは運命というか試練的だ。堕胎せよと言う親に反対し、「空っぽになんかなりたくない」と親を泣かせて子を生む決意をするには彼女の心の中で、微かに信じるべく「何か」があったのだと思う。そのこだわりを捨ててはいけないんだという使命感が、どこかあったのだろう。

    千草(小池栄子)と出会い、過去の形跡を歩むことは、彼女の心の中を歩く、巡礼の旅だったのではないか。彼女が空っぽになりたくない、こだわり続けるものは何か、それを確かなものとする旅だったのではないか。
    希和子と恵理菜が八十八ヶ所霊場を巡るシーンが印象的だ。希和子もまた失ったものを探していたような情景にも思えた。

    最後に恵理菜は「だれもうらみたくなかった」という。
    母と思った誘拐犯も、誘拐犯を愛した父も、自分が誘拐されて不幸せにしてしまった母も。自分も、誰も悪者にはしたくない。
    「受け入れる」
    これが母性なのかもしれない。

  • ドラマと違って、徹底的に「男」を排除してるように思えた。
    説明っぽいシーンも少ないので、心をとにかく揺さぶられる。
    映像的には、圧倒的にNHKのドラマの映像が美しかったけど。
    映画、独特の映像と、ムダなセリフの少なさと
    井上真央と永作博美の演技が光ってた。


    原作を読んでるときにも、野々宮希和子はアタマの中で
    永作博美をイメージしながら読んでしまったので
    もしかしたら、映画、見たかもしれないと思ったほど
    この小説には、移入してた。

    生後6ヶ月で、父の愛人である野々宮希和子(永作博美)に
    誘拐され、4歳まで育てられるという
    衝撃的な人生。

    でも、ミツゴノ魂百までも。
    というだけあって、
    キワコは、本当の母よりも母親らしく
    愛情たっぷりに、その子、
    薫(井上真央)を育てていたのだ。


    誘拐してから、途方にくれ、
    近くの薬局でおむつを買ったりするときに
    薬局の人から、助言もらったりするシーンが
    原作にはあるんだけど、
    細かいシーンは、一切はぶいた
    キワコと薫。
    二人の心情を中心に描かれた、この映画は
    本当に素晴らしかった。


    学生時代の友人に助けられ、
    宗教ではないとしながら、ボランティア団体を自称する
    「エンジェルホーム」での生活。
    転々としながら、薫と、ただ一緒にいたい。
    それだけを思いながら、生きるキワコの
    許されない母性。


    そのまま、薫は、キワコと一緒にいたほうが
    シアワセだったんじゃないだろうか。とさえ
    思わせてしまうほど、穏やかな小豆島での生活。


    自分が被害者で、世間の目をあび
    他人のような不確かさな思いを実の母に感じながら
    また、実の母親も、夫の不倫と、愛人の堕胎と
    実子の誘拐と、いくつもの大きな傷をおいながら
    どんな気持ちで生きてきたのか。


    冒頭、実母である秋山恵津子(森口遥子)の
    アップが映し出されたとき、
    森口遥子じゃないんじゃないかと思うほどの
    <美しくない女>だったのが印象的。

    薫。本名、恵理菜(井上真央)が
    自分の本当の気持ちに気づくキッカケとなった
    エンジェルホームで一緒に育った千草 ( 小池栄子)の
    再会によって、その「思い出」が明らかになっていくのだけど。
    小池栄子の、猫背な姿。エンジェルホームで受けた心的影響。
    これまた、すごいな。色んな役をこなせる女優になったんだな~と感じた。

    ドラマも映画も、どちらも良かった。
    個人的には、やっぱりキャスティングも演出も
    映画のほうが良かったかな。
    何より、原作が良すぎて、夢中になって読んだものだったので
    どちらも裏切らない映像表現で
    素晴らしかった。

  • 原作に引き続き映画も。

    やっぱり重かった。でも、原作より映画のほうが好きかも。
    いずれにしても出てくるオトコがクズすぎて(写真館の主除く)、特に劇団ひとりのキスシーンとかほんとサイアクw

    話としては本の章建てを分けて、映像をうまく差し込んだなー、という感じ。
    シリアスさが薄れてしまいがちな映画化ですが、これは井上真央、永作博美の好演もあって、最後はちゃんと重いながらも感動できました。

  • 子育て中の私。大事な子供を誘拐される側の母だったら、愛した人の子を誘拐して育てる母だったら…両方の母の気持ちが解る気がする。

  • 胸が苦しい。。
    愛情を注いでくれた人が、子供にとっては、いつだって味方でお母さんなんじゃいか?。。

    実の子じゃなくても、あんだけ愛情注げるもんなのか?とも思ったけど、
    お母さん
    と慕ってくれる子供をかわいくないと思える人なんているもんかと思って合点した。

    幼少の薫役の子、可愛いなぁ。。

  • 昨夜の金曜ロードショーにて鑑賞。

    エンディング後、心に残ったのは、
    いつまでも泣き続けている赤ん坊の声と、
    母親と(信じていた)女から引き離された時の少女の叫び声だけだった。

    生き物が他者の命を奪うのは、食さなければ生きてはいけない道理から。
    そして、
    人が他者の幸せを奪うのは、心が満たされていなければ、やはり生きていけないから。
    誰かに必要とされていなければ、誰からも愛されないのなら、
    心はかさかさに乾きって、息も出来ないほどつらさにもだえ苦しむ。

    自分の命を守る為に他者の命を奪う事に対して、
    幸せを奪うのは、自分の心を守る為だ。

    映画では
    誘拐した女と少女の心の交流が温かく描かれてはいたが、
    赤ん坊をさらわれた女性が奪われたものは命に匹敵するもの。

    どうすれば、あの爽やかなエンディングになるのか、私にはちょっと理解出来なかった。

全510件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

八日目の蝉 通常版 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

八日目の蝉 通常版 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

八日目の蝉 通常版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする