手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく【DVD】

  • 161人登録
  • 2.74評価
    • (3)
    • (16)
    • (38)
    • (31)
    • (8)
  • 34レビュー
監督 : 森下孝三 
出演 : 堺雅人  観世清和  吉岡秀隆  吉永小百合 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2011年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101159963

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく【DVD】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何故か?

    原作を読んで感じたスケールのほうが、大きいように感じられた。
    映像が、想像力を越せなかった、残念なパターンかな。

    死、病、老…

    決して逃れられない苦しみのなかで、人が生きねばならないのは何故なぜなのか?

    王の称号を捨て、
    家族を捨ててまでも、
    その問いに対する答えを求めねばならない、
    使命に突き動かされたブッダ。

    その目覚めの時までを描いた作品。

  • 3部作の1作目らしいですね。
    なので話はシッダールタが出家するまでです。

    きっと漫画で読む方がいいんでしょうね。
    でも、下手するとお釈迦様よりもキリスト様のことの方がみんな詳しいんじゃないかと思われる現代ですから、
    アニメなんかでも、こういう思想に触れられる機会が増えるのはいいんじゃないでしょうかね。

    手塚先生の作品にはいつも考えさせられます。

    もう一回仏教について勉強し直したいと思います。

  • 2017.10.18 鑑賞

  • ちょうど読んでいる時に見つけたので見ようとした。でも私が読んでる手塚治虫のブッダと違う。タッタが出てくる前に嫌になった。

    動きも音も大げさなだけで、白黒静止画音楽無しの原作の持っているスケール感や生命力が全く表現できていない。
    俳優陣のチョイスは手堅いけれど、裏を返せば安直ということでもある。
    それ以前にキャラデザが…手塚治虫のブッダからこのキャラデザが出てくる流れが分からない。ブッダをアイドル扱いにしてグッズでも売りたかったのか?
    もしも一目見てインド人らしいキャラデザになっていたなら、手塚治虫のキャラデザをガン無視する意味もあると思えるのに、どうしてこうなった?

    なんで作った?構想を練っている十年の間に、このアニメ化は間違っていると分からなかった?どうして手塚治虫のブッダをそっとしておいてあげなかったんだ?

  • とりあえずまだ何も始まってない。
    2も観たけどなんとも…。
    原作はどんなんだろう。
    苦しくてももっと苦しんでる人がいるんだからって考え方は好きじゃない。

  • 図書館>原作を読んだ方が良さそう。。

  • ブッダが家を出るまでの話を。とても綺麗にできてます。

  • 原作はかなり前に読んでいる筈だが、全く記憶の彼方だった。シッダールタが出奔するまでで1本とは驚き。それにしてもカースト制度というのはなんと理不尽なものよ。バンダカみたいな嗜虐性に満ちた男は現代にも沢山いるが。ほんの少し前までは日本だって身分の差が当たり前のようにまかり通っていた訳だし。何故人間は下の者を蔑まないと生きていけないんだろう。エンディングテーマがX JAPANでビックリ。

  • 原作を知らずに見ると展開の速さについていけないかも知れない。
    本作は三部作の第一部だが、カーストの最下位「シュードラ」の身分のチャプラ親子の物語が半分を占める。
    バッドエンドではあったが、これからブッダが悟りを開くにあたり、混沌とした世の中を現わしている。

  • 堺雅人さんの部分が見たかったので。予想以上に主役がそっちだったかと… 全体としては原作読んだ方がいいのかな?と思いました。

全34件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく【DVD】を本棚に「観たい」で登録しているひと

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく【DVD】を本棚に「観終わった」で登録しているひと

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく【DVD】を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする