ミッドナイト・ミート・トレイン [DVD]

  • 53人登録
  • 2.74評価
    • (2)
    • (3)
    • (9)
    • (12)
    • (1)
  • 7レビュー
監督 : 北村龍平 
出演 : ブラッドリー・クーパー  レスリー・ビブ  ブルック・シールズ 
  • 角川書店 (2012年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126203665

ミッドナイト・ミート・トレイン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々にかなりグロかった。ストーリーはまぁまぁで途中からバレバレだけど

  • レンタルで観賞。

    原作既読。
    観賞始めてすぐは原作のイメージ通りだったので非常に期待が盛り上がった。
    特にタイトルコールまでのシーンは想像と合致していた。

    中盤からやや中弛み。探偵ごっこは飽きたなー。
    プライバシーの侵害に、不法侵入。
    ゴア描写は頑張っているけど、頑張りどころが違うと思うんだ。
    頭殴られて眼球が飛び出すとか、別にスローモーションで見たい訳じゃないんだ。
    解体作業をもっと見せて欲しいんだ。
    この映画『肉電車』でしょうに。
    後半でやっと解体作業見せてくれたけど、もっと見たかったな。

    ラストはクライヴ・バーカーのお約束。
    ようこそ、“楽しい”異世界へ!


    ショートフィルムとして1時間に収められそう。
    そもそも原作が短編で上手くまとまっているから、相当上手く考えないと中弛みは回避できないよな。
    『血の本』を思い出す……



    そもそも彼女いなくて良かったんじゃ……

  • グロさは素晴らしかった。

  • クライヴ・バーカーと北村龍平の夢のコラボ!w
    CGの血飛沫がいい感じですね。雰囲気も好きだし、やっぱ北村龍平監督好きだなー。

  • うんまあまあ!

  • 猿夢っぽい?w

  • 素晴らしい血と暴力のバイオレンス。

    原作はクライブ・バーカ―の短編小説。主人公の写真家設定は映画オリジナル。かなりグロかったり血や首、眼球が飛び散ったりするのだが不思議と怖くない。それよりもワクワクする。解体屋を演じた役者が無言、無表情で淡々と、唐突に重そうなハンマーの一撃を繰り出すたびに拍手喝采を送っている自分がいた。

    ちなみに役者のヴィニー・ジョーンズはチェルシーでもプレイしたことある元サッカー選手。ウェールズ代表でもあった。

    ネット上の評判を拾い読みしたが芳しくない模様。いつものことだから気にしないでおくが、中にひとつだけ「これ脚本途中で投げたろ。伏線もなしに展開が唐突すぎる」と書いてる人がいたので応えてみる。ラストは原作とほぼ一緒。彼女が殺される以外は。原作は短編だから彼女や主人公の代理人、画廊のオーナーなどの人物は登場しない。

    なぜ主人公の職業をカメラマンにしたか考えてみよう。

    『ミッドナイト・ミート・トレイン』はニューヨークの地下に人間ではない古き者が住んでいて、彼らのため定期的に人肉を用意する解体屋が代替わりしながら昔から存在したという話だ。それは連綿と受け継がれる歴史である。しかし、大部分の人はその歴史を知らない、気づかないまま一生を終える。

    だがカメラマンという撮ること、見ることが仕事の主人公は気づいてしまう。見るということは事実を直視するということであり、撮るとはそれを後世に残すことだ。彼は解体屋の一連の仕事を見て、撮っていくうちに裏の歴史に触れ、やがてその一部に取り込まれる。自分が歴史の一部であることを自覚する。

    多くの人が気づかぬまま一生を終えることに、幸か不幸か見る者である主人公は気づいてしまう。

    レオンは、初めはカメラマンとして身を立てるために、後には自分でも分からぬまま歴史の一部に取り込まれ、執拗に危険を冒してまで見ることに囚われる。

    そのためのカメラマン設定だ。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ミッドナイト・ミート・トレイン [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ミッドナイト・ミート・トレイン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ミッドナイト・ミート・トレイン [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする