Casa BRUTUS(カーサ・ブルータス)2014年8月号[雑誌]

  • 83人登録
  • 4.06評価
    • (5)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : マガジンハウス 
  • マガジンハウス (2014年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910125410843

Casa BRUTUS(カーサ・ブルータス)2014年8月号[雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旅行前の一夜漬けのために購入。
    La Sagrada Familia を中心としたガウディ建築の解説が中心だが、モンタネールなども紹介されている。
    写真も綺麗で旅の余韻にもひたれました。

  • 天才ガウディ。

    奇をてらったデザインに見られがちだが、有名な逆さ吊り実験など建築としての「構造」にこだわった結果のあの独特のデザイン。

    自然物に着想を得て、建築と生命という一見相反するものを融合し「人々が集う空間」に昇華してしまう能力。

    コミュニティや街づくりまで先を見据えての構想力。

    なのに結構大事なパートを弟子たちに丸投げレベルで任せちゃう大胆さ。

    ぜんぶひっくるめてガウディは天才。天才だわ。


    あれ、この特集。井上雄彦そんなに関係なくね?

  • 井上雄彦が雑誌の特集で組まれてるとついつい見てしまう。今回はガウディということで、あまり建築に興味がなかっただけに完全に井上目当てで読んでみたのだが、いい誤算だった。サグラダファミリアやカサ・バトリョの建築に至るストーリーなど非常に興味深かった。カサバトリョ自体は好きで前から惹かれていたのだが、あの色彩感はガウディではなく若い弟子の才能だったのか。写真もいいし、読み応えもあって、いい時間を過ごせた。

  • 特別展 建築家・ガウディ×漫画家・井上雄彦 -シンクロする創造の源泉
    http://www.gaudinoue.com/

    マガジンハウスのPR
    http://magazineworld.jp/casabrutus/casa-brutus-173/

  • ガウディ建築の写真がとてもキレイ。

  • 以前六本木の展示に行き、このコラボレーションのすごさを目の当たりにしてきた。
    また実際にサグラダファミリアを始めとした建築物群を見たときのことを思い出して色々と感じるところがあった。
    まだ10年ほど先だけれど、完成した暁にはもう一度サグラダファミリアを訪れたい。

  • ガウディの魅力が詰まった一冊。
    恥ずかしながら、サグラダファミリアくらいしかガウディの作品を知らなかったけれど、どれも魅力的な作品ばかり。美しいだけではなくて合理的な構造、っていうのも興味深かったです。バルセロナ、行ってみたいなぁ。

全7件中 1 - 7件を表示

マガジンハウスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

Casa BRUTUS(カーサ・ブルータス)2014年8月号[雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Casa BRUTUS(カーサ・ブルータス)2014年8月号[雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする