アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック

  • 246人登録
  • 4.54評価
    • (40)
    • (25)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 26レビュー
アーティスト : TVサントラ 
制作 : TVサントラ 
  • ERJ (2012年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988010027766

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 菅野ようこ×JAZZ!
    疎い自分でも聴いたことのある有名なナンバーが多いです。ピアノ・ドラム演奏はそれぞれ松永貴志氏と石若駿氏。

    業界人の間でも大絶賛されていた7話文化祭セッションも"Kaoru & Sentaro Duo in BUNKASAI"として23曲目に収録されています。
    このメドレー、"My Favorite Things”からピアノで静かに始まり
    段々勢いが強まりながらもサラリと絡まる”いつか王子様が”
    作品テーマ曲でもあるラスト"Moanin’"は叩きつける様に疾走感溢れるサウンドで…!

    ジャズ入門への一枚と紹介されていましたが、実際これを聴いてから俄然興味が出てきまして菊地成孔さんのラジオを聴き始めました笑
    CDがレコード柄なのも可愛い。

  • ジャズの名曲の間に挟まれる純正菅野サウンドに鳥肌。一曲目の「KIDS ON THE SLOPE」は正に菅野さんの女神サウンド。「Rosario」は『ビバップ』サントラでも聴けたが、宗教音楽との融合。「Curandelo」では『攻殻』の電子打ち込み系の路線を彷彿。『マクロスF』では「下世話さ」と言う面で弾けた感じがしており、あの路線で進化していくのかな、と思っていたが(マクロスの楽曲も大好きだが)菅野さんの中には今まで培ってきたものは全て包括されていて、「〇〇系統に偏り…」と言う作曲家ではなく、あくまでも「菅野サウンド」を持ち続ける人なんだな、と思った。やはり聴きいってしまう…そして、薫と千のセッションが入っている、と言う、アニメファンにはタマラン内容だ。

  • 「この人が劇伴を作れば、とんでもない売り上げを叩き出すオンナ」
    菅野よう子の最新アニメのサウンドトラック。

    爆発的に売れたCOWBOY BEBOPのサントラでやったジャズが大成功を収めているので期待は勿論あったのですが、まあすごい内容です。
    ジャズっぽいというよりは、リズムがガンガン叩いてその中でスイングしていくと言う現代っぽい方に傾倒しているので、「ジャズはウイスキー呑みながら聞くもんだ」と言う概念をキレイに消してくれています。
    様は「単純に乗れる」一枚。

    だが、上手いんだなあこれが。
    ピアノがあの松永君だもん。

  • アニメ"坂道のアポロン"から2012年に発表されたサウンドトラック。作品に近づけるべく若手を起用してるのも良いですね。作中に登場するJazzのスタンダードが多く収録されており、Jazz入門CDとしても良いと思います。ここからオリジナルに興味を持って色々と調べていくと楽しいかも。

  • KIDS ON THE SLOPE / Chick's Diner / Moanin' / Bag's Groove / Blowin' The Blues Away / Satin Doll / YURIKA / Rosario / Curandelo / Transparent / Run / But not for me / My Favorite Things / Equinox / A piece Of Blue / Lullaby Of Birdland / Jazz For Button / Four / Easy Waltz / float / Milestones / Apollon Blue / Kaoru & Sentaro Duo in BUNKASAI / Someday My Prince Will Come

  • アニメ盤よりコミック盤の方が面白かったかなぁ。
    菅野よう子は好きなんだけど。

  •  ジャズをフューチャーしたアニメと聞き、即視聴を決定した『坂道のアポロン』のサウンドトラックCD。アニメで使用されている、登場人物たちの気持ちが乗っかった演奏シーンの楽曲がそのまま収録されている。欲しいと思っていたサウンドがそのまま入っていて、大大大満足。アニメの場面も思い出され、少し感傷的になる。アニメもぜひ、ぜひ見てほしい!今でも、ストーリーが頭をよぎっては、キャラ全員の幸せを願う自分がいる。

  • 原作もアニメも知らなかったのですが、たまたまこのアルバムに収録されてる曲を聴くことがあり、感動して購入しました。
    素晴らしすぎて鳥肌が立ちました。
    特に23曲目。
    薫と千太郎のセッションが涙が出るくらい凄い!
    私のようなジャズ初心者でも楽しめる一枚でした。
    アニメを観なかったことを後悔。

  • いいぞ。息子に「いつか王子様が」を弾いてくれとリクエストしたが、ジャズバージョンは難しくてだって。いい曲なのに。

  • メジャーなジャズ曲が多いみたいで、私でも聞き覚えのある曲がかなり多かったです。

    今のところ手嶌葵の歌声が好きで、「バードランドの子守唄」がお気に入り。

全26件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックを本棚に「聴きたい」で登録しているひと

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックを本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックを本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックの作品紹介

薫や千太郎たちが聴いた音、奏でた曲がここに!
プロデュースは菅野よう子。書き下ろしトラックも収録。

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックはこんな音楽です

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックのMP3 ダウンロード

ツイートする