最後から二番目の恋 DVD-BOX

  • 94人登録
  • 4.30評価
    • (24)
    • (18)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
出演 : 小泉今日子  中井貴一  坂口憲二 
  • ポニーキャニオン (2012年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632143332

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

最後から二番目の恋 DVD-BOXの感想・レビュー・書評

  • 小泉今日子と中井喜一の掛け合いが好き。
    そして鎌倉がこんないいところだと思わなかった。

  • DVD-BOXを買ったわけでなく、中井貴一さんを見たくなって近所のゲオでVol.1を借りてみた。いい感じで僕好みの感じ。最後まで見ちゃうな。

  • 【※連ドラ注意】

     45歳の独身女性・テレビドラマプロデューサーが、一番の女性盛りを過ぎて、田舎暮らしに憧れて、鎌倉に移住すると、そこにはずっと鎌倉に住むお隣さんが住んでいて、その家族と触れ合って、恋愛して? いろんな事件があって……というそんなドラマでした。

     なんというか、このドラマ見て、一番思ったのが、「私、まだまだ大丈夫かもしれない!」ってことでした。
     だって、45歳でもこれだけステキでかわいらしい人がいるんだから、アラサーの私なんて、まだまだ大丈夫! って。
     いやまあ、私は小泉今日子さんみたいにかわいくないのは知ってるし、あんなにキュートな雰囲気もまったく持ち合わせてないけど! でもあれが不幸せか? って聞かれたらまったく不幸せには見えない……。
     だからもういいんじゃないかなって、大分思ってしまいました……(ダメすぎる)。

     でもなんだか、今を一生懸命生きてたら、結果って跡からついてくるもんなんじゃないかな……ってちょっと思って肩の荷が下りた気がします。

     でもさー、もうダメだよね。
     アラサーも崖が見えてくるとさあ、20代の恋愛話のドラマにはキュンキュンしないんだなあって……(自滅)
     30代が近づくとね、45歳女性のドラマにトキメくんですね……(瀕死)

     続編をやってるのも録画してるので、それもこれからじっくり見ます。

  • 2014年6月、鑑賞。

  • 制作年:2012年
    監 督:宮本理江子
    主 演:小泉今日子、中井貴一、坂口憲二、飯島直子
    時 間:全11話
    音 声:日:ドルビーステレオ


    45歳独身のテレビ局ドラマプロデューサー・吉野千明。
    恋愛というよりは健康や老後など将来への不安を感じる年齢…。
    仕事と家庭の両立という入社当時に描いた未来と全く違う現在の自分…。
    ここでゆっくりとした時間を過ごしたら何かが変わるの…?
    千明は、老後のためにも、いま流行の友だちと古民家を借りて住むのも良いかも、と軽い気持ちで鎌倉まで下見に行きます。
    そんな時、千明は、鎌倉で市役所勤めをしている50歳の独身男性・長倉和平と出会います。
    和平は、妻と死別した寂しい子持ち男でした。
    古都・鎌倉を舞台に、こうして明るくも切ない大人の青春ドラマが幕をあけます。
    果たして、さまざまな経験を重ねてきた“大人"の恋の結末は?
    そんなふたりの恋をかき回すのは、和平の家族たち。
    自由奔放にしてどこか薄幸のイケメン弟・長倉真平は、千明を口説き、三角関係に。
    さらに、家庭崩壊寸前の口うるさい妹・水谷典子は同世代として千明をやっかみ、
    世間とうまく調和が図れない、危ういもうひとりの妹・長倉万理子は彼女の内面をえぐり…。
    こうした個性的な面々との関わりの中、千明と和平は、さまざまな壁にぶつかりながらも、本当のしあわせをつかもうとします。

  • 中井貴一と小泉今日子のテンポがとても良かった。
    ケンカが多すぎだけれど。。
    中井貴一はさすが。面白いし安心できますね。

    内田有紀の役も良かった。

    全体に配役がすばらしい。

    物語も、言ってることがどちらもよくわかる。無理していない感じが好きでした。
    ラストもベタな「くっついて終わり」じゃなくて
    含みがあってなんだか嬉しかった。

  • 空気感けっこう好き。でもあんなに喧嘩シーン多くないほうが好み。

  • アラフォーラブコメ。脚本の岡田惠和さんは「めぞん一刻」を理想の作品としてあげている。「めぞん一刻」が好きなら必ず好きになる、そんなドラマ。シナリオ・センターの課題で「けんか」のシーンを書く時、大変参考になった。

    <印象的なセリフのピックアップ>
    <1話>
    千明(小泉今日子)の語り「大人になれば、寂しく思ったりすることなんてなくなると思っていたのに、まったくそんなことはなかった。でもそれは私だけではなく、みんな同じなんだと思う。不安だし寂しいけれどそれを口にはせず、明るく笑い飛ばそうとしていた。それが、大人になるということなのかもしれない。でも・・・寂しくない大人なんているだろうか。不幸せだから寂しいのではなく、寂しいから不幸せなわけではない。人は、一人で生まれてきて、やがて一人で死んでいく。つまり、人生ってやつは、もともと寂しいものなのかもしれない」

    千明「病室で思ったんだよね。私って、家族いないんだなって。田舎にはさ、親も兄弟もいるけどさ。家族作らなかったんだな私って。そうつくづく思ったんだよね」

    和平(中井貴一)「四捨五入すると50ですね」
    千明「四捨五入する必要あるんですか?」
    典子(飯島直子)「自分が50だからじゃない?」
    千明「ああー。あの、一緒にしないでくださいね。心外ですから」
    和平「一緒ですよ。いいですか、45と50。確かに5歳違いますよ。違いますね。でもあなたが20代のころに45歳と50歳の人区別できました? もうそこまでいったら一緒だろと思ってませんでしたか? 思ってたでしょ。でしょ。75歳の人と80歳の人も違うんですよ5歳。今あなたがご覧になって、えっとこちらが75、こちらが80って言い当てられますか? もう似たようなもんだって思ってますでしょ。思ってるでしょ」

    <10話より>
    和平「誕生日にはお祝いすることが2つあるんです。1つはもちろんあなたがこの世に誕生してきたこと。もう1つは、今あなたが元気で生きてること。だから、もうそんな誕生日するような元気な歳じゃないんですとか、誕生日来るのが嫌なんですって言う人がいますけど、あれ絶対におかしいです。むしろ逆で、歳をとればとるほどめでたいことなんです。すばらしいことなんです。23歳の誕生日より46歳の誕生日の方が倍? いやそれ以上にめでたいことで、素晴らしいことだと思いません? 胸はってくださいよ、あなたらしくもない。だいたいこのろうそくの数は、これまであなたがんばってきた証なんです。あなたこれまでこんだけがんばってきたんですよ。それを10年を太い1本でなんて、そんなおおざっぱなことできません。それが長倉家の誕生日です」

    <最終回>
    千明(語り)「寂しくない大人なんてない。人生はいつか終わってしまうことに大人は気づいているから。その終わりは誰とも分かち合えないから。だから楽しい時には思いっきり笑いたい。悲しい時にも思いっきり泣きたい。どちらも大切な時間だから」

    千明(語り)「寂しくない大人なんてない。だからこそ寂しさを埋めるために恋をするのはやめよう。恋がなくたって素敵な人生は絶対にあるはずだ。月並みな言葉だけど、前を向こう。ちゃんと生きてることが一番大事なんだ。そう思う。人生って自分の未来に恋することかもしれない。自分の未来に恋していれば、きっと楽しく生きていける。46歳独身。人生へのまだ恋は終わらない。もしこれから誰かと恋をするとしたら、それを最後の恋だと思うのはやめよう。次の恋は最後から二番目の恋だ。その方が、人生はファンキーだ」

  • タイトルに惹かれて観た作品。すっごい面白い、って感じの話ではなくただなんとなーく観れた。中井貴一好きだなー。ちゃんとタイトル通りの話で、観て納得できた。

  • 素晴らしい!こんなに深くて面白いドラマは初めて!

  • 最後の回が解説調でちょっとガッカリ。

  • 小泉今日子と中井貴一のやりとりが
    めっちゃおもろくて好きなんだな〜。
    ニールサイモンみたいでこういうコメディー好き。
    とくに内田有紀演じるマリコがいいキャラで大好きなんだよ〜。
    こういうの演じられる内田有紀ってすごいね。

  • これは傑作だと思う。
    大好き。

  • テレビ局でドラマのプロデューサーとして働く、45歳独身の千明(小泉今日子)は鎌倉に引っ越すことにする。お隣りさんになった真平(坂口憲二)や和平(中井貴一)をはじめとした長倉家との人々と繰り広げられるラブコメディ。

    大人の寂しさみたいなものはまだ実感としてないので共感できなかったのだけど、きょんきょんと中井貴一のやり取りが可愛くて面白くてよかったです。最後の真平と知美ちゃんとのやりとりはなんだかわざとらしく見えてしまったなあ……。力量の差でしょうか。
    にしても、私がこれまでみた坂口憲二の役ってちょっとした事情があってチャラくてでも本当は真面目で、でもフラれるって役だなあ……。(…あ、『Love story』では主人公を振る役だった。)
    あと、森口博子が綺麗で可愛かった。

    「ファンキー」の使い方がよくわからない…。

  • 中井貴一さんと小泉今日子さんの見事なまでの言い合いが、本当に面白い。特に大きな事件があるわけでもなく、わちゃわちゃして終わるけれど、それは全く問題ない。リアルタイムで見ていた頃、ちょうど『平清盛』にも出演されていた中井さんへの、小泉さんのセリフ、「平安くせ~!」が、個人的にかなりツボ。笑いたい時に見たいドラマです。

  • 軽妙な掛け合いと中井貴一の抜群の演技力に引き込まれる。本が秀逸。

  • 毎週楽しみに見ていたドラマ。

    いいテンポと思わず笑ってしまうちょっとした会話がよかった。

    久しぶりにもう終わってしまうのかと感じたドラマだった。

    鎌倉のロケーションと最後のエピローグが良い。

  • 45歳独身のテレビドラマのプロデューサーの千明は閉経を迎え、もう恋とかないのかな...と思いながら、鎌倉の古民家に越してくる。約束していた友人に裏切られたものの、隣に住む長倉一家と懇意になり、そこの天使のような35歳の次男・真平に告白され付き合うことに。市役所勤めの50歳の子持ちやもめの長男・和平とは会えばつい言い合いになり、真平の双子の引きこもりがちな万理子にも恋をされる。旦那とケンカして家出した長女の典子が転がり込んできたり、長男は部下やその母二人に恋されたり、周囲は騒がしくなるが...。

    これが最後の恋だと思うのは辞めよう、次の恋は最後から二番目の恋だ、という最後のモノローグで意味深なタイトルの意味がわかる。会話のテンポや言葉がとても魅力的でリアルで楽しいドラマだった。こんなドラマがあるから私はドラマを見るんだろうなって思えるいい作品でした。

    ボソボソした内田有紀がかわいくてツボ。

  • 小泉今日子と中井貴一がほんとにお似合い。
    あの関係性いいなー。

全22件中 1 - 22件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

最後から二番目の恋 DVD-BOXを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

最後から二番目の恋 DVD-BOXを本棚に「観終わった」で登録しているひと

最後から二番目の恋 DVD-BOXを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする