はやぶさ 遥かなる帰還【DVD】

  • 122人登録
  • 3.38評価
    • (7)
    • (20)
    • (34)
    • (8)
    • (0)
  • 32レビュー
監督 : 瀧本智行 
出演 : 渡辺謙  江口洋介  夏川結衣  小澤征悦  中村ゆり 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2012年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101164523

はやぶさ 遥かなる帰還【DVD】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • プロジェクトに携わる人たちの、緊張感と張りつめた空気が、観てる方にも伝わってくる。

    ちょっとだけ知識を持った人には、なお面白かったかも・・・
    大人な作品。

  • 俳優陣で観れるが

  • 2003年5月9日、「はやぶさ」は宇宙へと飛び立った。万感の思いで見守るプロジェクトマネージャーの山口(渡辺謙)は、「長い旅路の始まりだ」と決意を新たにする。一方、新聞記者・真理(夏川結衣)と町工場の経営者・東出(山﨑努)の親子もまた、熱いまなざしで見送っていた。しかし、その後『はやぶさ』には幾多の苦難が降りかかる。燃料漏れ、姿勢制御不能、通信途絶による行方不明。山口の指揮のもと、イオンエンジン担当の藤中(江口洋介)と民間企業の森内(吉岡秀隆)、カプセル担当の鎌田(小澤征悦)、学生当番の松本(中村ゆり)らプロジェクトの面々は、絶えず復旧に全身全霊を注ぎ、広報担当の丸川(藤竜也)や幹部の大下(石橋蓮司)はその様子を案じる。そんな中、互いの思いから次第に意見を対立させる藤中と森内。そして〈イオンエンジン全停止〉という絶望的状況に瀕した時、山口は覚悟の決断を下すのだった…。

  • 日本の宇宙開発の舞台裏を描いた作品。

    小惑星「イトカワ」に、サンプルリターンというミッションを背負って打ち上げられた探査機「はやぶさ」
    世界が注目するこのミッションは、多くの会社の技術が詰まった。
    度重なる数々のトラブルに、苦闘するプロジェクトチーム。

    一方、「はやぶさ」を取材する新聞記者の真理と、真理の子供と町工場を営む父親が温かく「はやぶさ」を見守る作品。

    宇宙に興味がある人は必見!

  • 役目を終えて燃え尽きる人工衛星に、こんなに泣けるとは思わなかった。

  • ■ はやぶさ2の打ち上げが12月に決まったということで急にはやぶさ関係の映画が見たくなってレンタル。
    ■ と、いうか。はやぶさ関係だけでも4つ?の映画がありどれを観ていいかすごく悩む。ネットでぐぐったら、「はやぶさ/HAYABUSA」はドラマ的、「はやぶさ/遙かなる帰還」はドキュメンタリー風、「おかえり、はやぶさ」はファミリーで見ても楽しめる映画風、と言っている人がいたのでまずはドキュメント風に見たいな、と思ってこちらをチョイス。もうひとつの「HAYABUSA」というやつはプラネタリウムで流れたやつだそうで、これはもう見ました。
    ■ 主に、はやぶさを作った人々のドラマですね。うっすらした知識はあったのですが、分かるところと分からないところはありました。行方不明になったはやぶさが見つかったところはウルっときた。
    ■ 評価が★3なのは、もっとはやぶさ自体に焦点を定めた映画が見たかったからで、映画が悪いわけではないです。

  • 「はやぶさ」が長い旅を終えて地球に帰ってきてからもう4年も経ったのだなあ、としみじみしながら鑑賞。
    はやぶさに搭載されたイオンエンジンの内部電気回路、特にダイオードにクローズアップされた場面からストーリーは始まる。この部品は後半にとても重要な役割を果たすこととなり、王道ではあるけど話の繋げ方がうまいなあ、と素直に感動してしまった。
    多くのエンジニアや担当者の苦労が描かれているけれど、みんなそれぞれ非常に強いこだわりを持って臨んでいるだけに、プロジェクトチーム内でもぶつかることがしばしば。それでも最後には「はやぶさを無事地球に帰還させたい」という全員共通の思いがこの素晴らしい結果を生んだのだなと思う。
    はやぶさが最後に大気圏への再突入を果たし、燃え尽きていく様は涙なしには見られなかった。
    映画としては…渡辺謙さん、いい俳優さんだけどこの映画では立ち位置が少し微妙かな?いっそのこと夏川結衣さん演じる女性記者もしくはイオンエンジン開発者の江口洋介さんを中心に据えた、思い切った構成でも良かったのでは?と思った。
    辻井伸行さんの手がけた音楽は素晴らしい。

  • 小惑星探査機はやぶさ
    打ち上げから地球帰還までのスタッフたちの奮闘を描く

    色々な人が関わって
    崖っぷちの中を乗り越えたプロジェクトだということが良くわかった。

    はやぶさへのNASAの協力打ち切りについての交渉で、渡辺謙が格好良かった。もし、NASAが協力を打ち切ったとき、はやぶさが帰還し小惑星からのサンプルを持ち帰ったときは、NASAへのサンプル提供は一切行わない。みたいな駆け引き。

  • 長く感じたので、あまり私にとっては面白くは感じられませんでした。何だか中途半端な感じでした。

  • はやぶさ3作品をこの作品で完走。

    見る順番で感想の差が大きくでることだろう。自分はニュースでやっていたはるかとおい所から微粒子を持って帰ってきて、すげーぞはやぶさくらいの知識で3作品を見ました。

    この映画が一番説明が少なく、自分好みでした。好きな俳優さんも多いし。渡辺謙、江口洋介、ちょい役だけど中村ゆり。時間の経過。研究者の堅物っぽさ。不器用な人たち。

全32件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

はやぶさ 遥かなる帰還【DVD】を本棚に登録しているひと

はやぶさ 遥かなる帰還【DVD】を本棚に「観たい」で登録しているひと

はやぶさ 遥かなる帰還【DVD】を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする