スタバではグランデを買え! [Kindle]

  • 53人登録
  • 3.70評価
    • (2)
    • (11)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 吉本佳生
  • ダイヤモンド社 (2007年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (284ページ)

スタバではグランデを買え!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  同じものが異なる価格で売られる理由を初めとして、物やサービスの価格がどう決まるか、出店場所はどう決めるかなどを解説しているが、個別の事例はともかく概要はビジネスマンならほぼ普通に知っているレベルの話だと思われる。「原価+利益=価格」くらいにしか思っていない学生向けの入門書です。

  • モノのコストについて考えましょう、という話。原価だけでなく、取引コスト(買い物に行く時間とか)について解説しています。主旨はそれだけで、あとはひたすら事例紹介。主旨についてはなるほどそうだよね、と思いながら読んだものの、2007年作品で内容が古いこともあり、細かい事例紹介は適当に流し読みが推奨かと(いまいち腑に落ちない話もあるので…)。

  • 「取引コスト」として、価格はモノ以外の価値が考慮されてるんだよ、的な話を実例多く分析している本。

    最後の方のケータイ料金の話は、ネタとしては非常にいい例なのだろうけど、ちょっとしつこい感じもした。

    考えとしてはわかりやすいし、例も多くわかりにくい話でもないのだけど、なんか最終的に残るものはあまりなかった。悪くはないはずなんだけど、自分でもそれが何でかわからない。

    ちなみに、スタバは優待でベンティ派。

  • 経済学的な思考をすると、結論はしばしば直感に反する。それを面白いと思うか、自分の常識と違うから間違ってると憤慨するか。ざっくりと人は二通りに別れる。僕は前者です。あなたはどちらですか?  本書を読むと、それがわかるかもね。

  • 深い所までは知らなかった、身近な商品のコスト構造を知ることが出来て勉強になった。

  • 基礎的なことかもしれないが非常に理論的にかつ分かりやすく身近な経済の基礎を教えてもらった気がする。

    取引コストの話は課金ゲームの課金者と無課金者に通じる気がした。

全6件中 1 - 6件を表示

吉本佳生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
戸部 良一
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
ジェームズ・アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

スタバではグランデを買え!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スタバではグランデを買え!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スタバではグランデを買え!を本棚に「積読」で登録しているひと

スタバではグランデを買え!はこんな電子書籍です

スタバではグランデを買え!の単行本

ツイートする