ロボジー スタンダード・エディション [DVD]

  • 852人登録
  • 3.34評価
    • (40)
    • (155)
    • (199)
    • (53)
    • (13)
  • 152レビュー
監督 : 矢口史靖 
出演 : 五十嵐信次郎  吉高由里子  濱田岳  川合正悟  川島潤哉 
  • 東宝 (2012年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104072474

ロボジー スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロボジー、可愛かった♪
    おじいさん大活躍映画です。

    間とキャストの表情が素敵。
    思わず笑ってしまう。

    そしていろんなわがままを全て帳消しにして、鈴木さん大好きになってしまうラスト。
    最後のシーンの笑顔にキュンとしてしまった。

    ふふふっと笑えて、心がほんわか温まる優しい映画。

  • 「ウォーターボーイズ」の矢口監督
    ということで、まあそこそこに楽しめる、アタリでもハズレでもない無難な映画という感じ。

    おじいちゃんに最後惚れました

  • くだらない笑いの中に、おじいちゃんの切なさがちらばってる。

  • あのおじぃちゃんよかったぁ。

    バレバレなのに。
    ロボットの中のおじぃちゃん。

    ほのぼのと、して。
    いそうで。

    どう、ばれちゃうんだろう。
    って。
    でも、あれ、よかった。
    あそこでラストでも。
    と、思ったもの。

    しかし。

    まだ、続くぅ・・・って。。。

  • 地元北九州ロケにも大注目。

  • ストーリーの流れにはちょっとムリがあるけど、でも引き込まれて観てしまう映画でした。
    おじいちゃんが、ロボットになることで孫のヒーローになり生き生きしていく様子が良かったです。
    最後の笑顔は心がほっこりしました~!

  • 着想は面白いけどプロットがイマイチか。

    3人組のやらされてる感満載だからかな。
    自主性とかが見れればあるいは、だったかな……??
    間とかテンポも飽きる感じ。

    面白かったけどなんか物足りない。

    (2011)

  • ロボットの中に入るおじいちゃんの、ヤンチャぶりが面白かった。

    最後のオチは、そうくるか!っていう展開でしたよー

  • 最高に笑えた。
    嫌味のない、良質な、素直に笑える作品。
    ロボットに人が入るという、馬鹿馬鹿しい、ありふれたストーリーだが、だからこそいい。
    間のとり方、映像センスいい。。
    エンディングがミスターロボットなのも洒落ている。

  • (抜粋)

    吉高ちゃんが頭おかしいっぷりがマジすぎた!
    かわいーけど身近に実際いたら結構痛い。
    広告としても使われてるロボジーとの出会いのシーンは、
    そのシーンを見ただけでナミダが出ました。びっくり。
    ああいう一瞬を表現されると弱い・・・
    少しだけ、歳をとることやら無常感にも触れつつ・・・
    そんな詐欺まがいな!という設定も許せちゃうようなあったかみもありました。
    どんどん組み込まれてデジタル化していっている世の中だけど、
    それも人間のアナログ的な脳ミソから発達した先のものなんだって、
    学生たちの講義の様子を見て思いました。

全152件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ロボジー スタンダード・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ロボジー スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ロボジー スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする