キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]

  • 338人登録
  • 4.01評価
    • (37)
    • (53)
    • (30)
    • (3)
    • (0)
  • 39レビュー
監督 : スティーブン・スピルバーグ 
出演 : レオナルド・ディカプリオ  トム・ハンクス  クリストファー・ウォーケン  マーティン・シーン 
制作 : スティーブン・スピルバーグ  フランク・W・アバグネイル  スタン・レディング  ウォルター・F・パークス  ジェフ・ナサンソン 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113763462

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ☄~メリークリスマス・・・寂しかった天才詐欺師~☄

    レオナルド・ディカプリオ主演映画って
    悲しい結末となる作品が多いですね。

    そこが好きなんですけど。

    大胆不敵に詐欺まくるフランク(ディカプリオ)だが、
    孤独なクリスマスの夜に電話を掛ける相手は
    カール捜査官(トム・ハンクス)だけ、

    俺にしか掛ける相手がいないんだろう、と図星を突かれ
    慌てて電話を切るシーン、よかったな。

    シーンごとに残るセリフがあって、
    「空飛ぶジェームズ・ボンド」
    「ヤンキースが何故強いか知ってるか?」
    「そのエクレア半分僕にくれない?」

    そして、フランクと父さんの会話。

    「父さん、僕を止めてくれ、もうやめてくれって言ってくれよ!」

    「やめられっこないだろう・・・」

    フランクの父さん好きですね。
    不思議で面白い人だったのに死んでがっかりしました。

    この作品、好きだなぁ

    面白い

  • 飛行機から逃げたのは実話なのかな?

  • 面白かった!オープニングから、スタイリッシュな映像で期待が高まる。ディカプリオと トムハンクスの、不思議な友情みたいな、クリスマスイブの電話が続くのもいいし、FBIで働くことになり、逃亡しかけたフランクが戻ってきたのも、司法試験に2週間勉強して受かったという話もかっこよかった。

  • 天才詐欺師のディカプリオ(友達0人)がトムハンクス捜査官から逃げて逃げて最後は友達になる話 見ごたえあって面白かった~!パイロット医者弁護士色んなのになりすましてうまい事やってるの観るのも楽しかったし、動機とか精神は純粋な子どものままなのと、所々寂しがりやな人間味あるとこ演出されたら好きになるしかなかった

  • しばらく経ったけどほぼ内容を覚えていない。
    あらすじ
    http://1wordworld.blog26.fc2.com/blog-entry-260.html
    ディカプリオが変装?偽装?しながらトムハンクスから逃げるって話。。まあまあ面白かった

  • 12年ぐらい前に一度観ている。なんとなくまた観たいと思い、録画しておいたもの。

    良かったー!以前観た時、ここまで良かったなんて思ったかな?っていうぐらい良かった。
    最近若い頃観た映画を久しぶりに観ることがあるけど、やっぱり歳とってくると観方が変わるのかな。

    以前観た時も良かった印象はあったけど、寂しさがすごく伝わってきて泣けてきた。
    面白いところも多々あるのに寂しさがつきまとう。
    お父さんの存在が大きい。やっていることは犯罪なのにお父さんへの気持ちは子供なのだ。

    ディカプリオにお似合いの役柄だと思う。

    それにしても、詐欺師という犯罪者とは言え天才だな。10代だったっていうのも驚きだし、その後の人生は納得だな。

    なんとなく録画…なんて!またぜひ観たい映画の1つだ。希望がわくような映画だ。

    実話ベースだけど、FBI捜査官のカールは映画だけのもの。

    後日、『世界をだました男』を読んだ。本人が書いた半生だ。詐欺をどのようにしたのか、獄中の悲惨な話、イライラと孤独。父親との関係はそれほど強く書かれてないので、映画の方が同情的になる。
    設定が多々異なっていた。映画の方が好き。

  • お金で買えないものもある、そういうのが1つのテーマなのかなとも思うけど、ブロマンスが濃ゆすぎて、それだけが熱烈に記憶に残っている。
    コメディな感じなのでサクッと観れて退屈しません

  • 親父がかっこいい

  • 自伝小説を元に映画化!
    な、なんとドラマチックな人生だったんだ。
    これほどシレッと騙せるというのは一種の才能だな。
    嘘をついていると思うと、いつもと違う雰囲気になってしまうもの。バレないか、バレないかと思うあまりしゃべりすぎてしまう(笑)。
    堂々としていれば、案外相手は信用してくれるものなのかもしれないな。

  • ディカプリオを巡るデタラメな追想劇が次々と展開していき、飽きさせず面白いまま最後まで突っ走る。こうしたデタラメが成功しているのも、リアルとフィクションの絶妙な間をいっているからだろう。


    【ストーリー】
    1963年、NY州ブロンクスヴィル。16歳のフランク・アバグネイル・ジュニア(レオ ナルド・ディカプリオ)は、両親の離婚のショックから家を飛び出し、生きるために小切手詐欺を思いつく。だが偽造小切手は怪しまれやすい。そこでパイロットの制服を手に入れた彼は、人々をあざむきつつ、提携する航空会社の飛行機で世界中をタダで飛び回る。

    やがてFBIが動き出す。ベテラン捜査官のカール・ハンラティ(トム・ハンクス)は躍起になって犯人を追うが、なかなか正体をつかめない。そんな中、フランクは偶然行った病院で新米看護婦ブレンダ(エイミー・アダムス)に一目惚れし、その瞬間、小児科医に変身。病院に就職してしまう。ブレンダの心も手に入れ、彼女の父親(マーティン・シーン)が検事だと知ると、今度は弁護士になりすまし、ブレンダの父が経営する法律事務所に就職。だがブレンダとの婚約パーティーの時、ついにカールらFBIが乗り込んできた。

    フランクはブレンダにすべてを話して逃げたが、彼女に裏切られ、ついに逮捕されてしまう。しかしフランクは、偽造小切手を見破る能力を高く評価され、FBIで働くようになるのだった。

    実在の天才少年詐欺師と、彼を追うFBI捜査官を描く小粋なクライム・コメディ。監督・製作は「マイノリティ・リポート」のスティーヴン・スピルバーグ。脚本は「ラッシュアワー2」のジェフ・ネイサンソン。原作は主人公のモデルとなったフランク・W・アバグネイルによるベストセラー。撮影は「マイノリティ・リポート」のヤヌス・カミンスキー。音楽も「マイノリティ・リポート」のジョン・ウィリアムス。出演は「ギャング・オブ・ニューヨーク」のレオナルド・ディカプリオ、「ロード・トゥ・パーディション」のトム・ハンクス、「アメリカン・スウィートハート」のクリストファー・ウォーケン、「フリーマネー」のマーティン・シーン、「エステサロン/ヴィーナス・ビューティ」のナタリー・バイ、「パール・ハーバー」のジェニファー・ガーナーほか。

  • 実話を元にしているとはいえ、原作にも多分に脚色はあるでしょう。なのでリアリティは横に置いておくとして、コン・ゲームを期待しているとちょっと物足りない内容かも。偽造などの華麗な手口より、単純ななりすましや運の良さがストーリーの大半を占めているのでタイトル通り、FBI捜査官カールとの追いかけっこを楽しむ映画です。(なのでジャンルはミステリーではないですね)
    変にプライドが高く、自ら不幸に進んでいくかのような主人公の父親をクリストファー・ウォーケンが演じていて、彼の気品があり薄幸そうな風貌が印象深いです(実際、この映画でいくつかの助演男優賞をとってます)
    あと、主人公が実は十代なのにいろんな職業を詐称しているという点で童顔ディカプリオがハマっているといえるでしょう。トム・ハンクスが捜査官を演じることでユーモラスで人情派な好敵手になっています。
    豪華な配役を堪能できる、娯楽映画として鑑賞しましょう。

  • 小さいころから、やんちゃで育った主人公は、そのうち小切手詐欺、他いろいろな悪事を働いておお稼ぎをする。
    刑事はその度に騙されて、ようやく御用となるが、それでも逃げきるずぶとさが楽しい。

  • 実在の天才詐欺師の物語。
    いや本当に面白い。
    散々人をコケにしながら、家族だけは大事にしてるとことかはいかにもアメリカン。
    酒飲みながら見るには最高の映画でした。レオ様はやっぱりこういうのはハマる。

  • フランクとカールは追われる方と追う方で言わば的なのになぜか友達のようというか親子のようというかそんな関係のように見えた。カールの騙しっぷりは鮮やか

  • 息詰まる逃走劇というよりは、ディカプリオの自分探しドラマみたいな構成だった。天才詐欺師でありながら親離れが出来ない二面性はちょっと面白い。いつものレオ様らしく、行く先々で女難の相が出てるのもご愛嬌。

    ただ、鮮やかな詐欺の手口でもっと唸らせてくれるかと思っていたけど、そういうシーンは意外と少なくて少々肩透かしを食らった。
    パイロット、医者、弁護士。いずれも気が付いたら成り代わっていたという印象だし。どうやって他人の人生を手に入れたのか、そのタネを明かして魅了して欲しかったんだけどな。
    あと、フランスでの大規模小切手偽造もそう。足がつかないように生産ラインを調達するなんて大仕事、過程をすっ飛ばして魔法みたいに結末だけ魅せられても何がなんだか。戸籍とか登記とか物資調達とかどうやったのだろう?協力者もなしに本当に可能なのか?映画では語られなかったけど、ものすごく気になる。

    作品に何を求めるかによって評価が割れそうだけど、自分にとっては期待していた程ではなかった。映画の尺を伸ばして、生き馬の目を抜くレオ様と、冴えるカンで追い詰めるトム・ハンクスの苛烈なチェイシングをもっともっと見せて欲しかった。

    あ、もちろんレオ様とトム・ハンクスは相変わらず輝いていましたよ。

  • 制作年:2002年
    監 督:スティーブン・スピルバーグ
    主 演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス、クリストファー・ウォーケン、マーティン・シーン、ナタリー・バイ
    時 間:141分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch/DTS5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch



    1963年、NY州ブロンクスヴィル。
    16歳のフランク・アバグネイル・ジュニアは、両親の離婚のショックから家を飛び出し、生きるために小切手詐欺を思いつく。
    だが偽造小切手は怪しまれやすい。
    そこでパイロットの制服を手に入れた彼は、人々をあざむきつつ、提携する航空会社の飛行機で世界中をタダで飛び回る。
    やがてFBIが動き出す。
    ベテラン捜査官のカール・ハンラティは躍起になって犯人を追うが、なかなか正体をつかめない。
    そんな中、フランクは偶然行った病院で新米看護婦ブレンダに一目惚れし、その瞬間、小児科医に変身。
    病院に就職してしまう。
    ブレンダの心も手に入れ、彼女の父親が検事だと知ると、今度は弁護士になりすまし、ブレンダの父が経営する法律事務所に就職。
    だがブレンダとの婚約パーティーの時、ついにカールらFBIが乗り込んできた。
    フランクはブレンダにすべてを話して逃げたが、彼女に裏切られ、ついに逮捕されてしまう。
    しかしフランクは、偽造小切手を見破る能力を高く評価され、FBIで働くようになるのだった。

  • なかなか良かったとは思うが、特に感想はなし。

  • やっぱりディカプリオはうまい!!

    ミーハー心で「かっこいい~(*´△`*)v」とも思ってしまうんですが、
    ここまで惹かれるのは、やはりその演技力がすさまじいから。

    捕まったあと、飛行機から逃げ出して、お母さんに会いに行くシーン。
    お母さんにはもう別の子供がいるんだって知った時の表情が、ハッとさせられる。

    やっぱこの人はすごい。


    作品としては、痛快!
    フランクが次々サギを行ったり女の人を口説いていくのがおもしろくてたまらない。

    銭形平次ならぬ、トムハンクスさん演じるカールも本当いい味だしてる!
    フランクにいつも逃げられてしまうカールにくすっと笑ってしまう。

    本当カールはいい奴だよ(/ _ ; )
    親のような愛情(/ _ ; )


    フランクに感情移入してしまって、
    最後の方はハラハラしつつ、切なかった。
    フランクはお父さんとお母さんにまたヨリを戻してもらいたかっただけなんだよね。

    泣いた。

    家族ドラマあり。
    涙あり。
    ほっこりあったかさあり。
    そして痛快!!

    本当楽しい映画でした!!

    大好き!!

  • おもしろかった。

    恵まれた環境にうまれても
    不幸になれば
    人間の行いは変わってしまう。

    でも、理想を求める姿は少し共感した。

    そして、洞察力こそ私にたりないものだと。

    ま、何より ディカプリオがかっこいい

  • ディカプリオがとにかくキラキラしてるのでそれだけのためにも見ていい

  • 2大スター共演で豪華な映画でした。
    ドラマがじっくりつくられていたので、2人の距離感がじわじわと縮まっていることが
    上手く作られていたかな・・・なんて思います。


    BGMもオシャレな感じでした^^

  • 見終わった後に、これが実話だと知って驚きました(笑)
    偽造や逃亡の手口がすごく巧妙で、誰かこれを見て犯罪を犯すんじゃないかとハラハラドキドキの映画です。
    だけどフランク自身、元々頭が良いんだろうなー。そしてただ両親が再び一緒になってくれること、それだけが彼の望みなんだと感じました。

  • デカプリオがかわいかった。
    トムハンクスがいい味だしてた。

  • 監督 : スティーブン・スピルバーグ
    出演 : レオナルド・ディカプリオ トム・ハンクス クリストファー・ウォーケン マーティン・シーン


    犯罪コメディ。60年代のアメリカを舞台に、天才詐欺師・フランクとそれを追うFBI捜査官・カールとの追跡劇を描く。“

全39件中 1 - 25件を表示

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする