フェイシズ [DVD]

  • 186人登録
  • 2.71評価
    • (3)
    • (14)
    • (49)
    • (28)
    • (11)
  • 50レビュー
監督 : ジュリアン・マニャ 
出演 : ミラ・ジョヴォヴィッチ  ジュリアン・マクマホン  サラ・ウェイン・キャリーズ  マイケル・シャンクス  デヴィッド・アトラクチ 
  • Happinet(SB)(D) (2012年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953048966

フェイシズ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ~☆~ ミラ・ジョヴォヴィッチィィィ~!~☆~

    弱そうで強い、やっぱミラは強い女が似合うなぁ~

    しかし、この作品ややインパクトが弱い惜しい作品かな、
    でも、大好きなミラだからいいや、

    教師アンナ(ミラ)は女友達とクラブで飲んだ後、
    1人で夜道を歩く・・・そもそもこれが間違っているんだな。

    で、涙のジャックという洒落たあだ名の連続女性殺人鬼に遭遇し、
    頭をしこたま打って川に転落。

    気づいたアンナは認知症、いや相貌失認となり
    もう人の顔がゴチャゴチャで自分の顔もアレぇ?となるのだ。

    恋人はいたが担当刑事の方がタイプだったので乗り換える。

    さて、涙のジャックは誰でしょう?

    それは失語症になった少年が知っていましたとさ、というお話です。

    余談、髪をアップにしたミラの額は見事なMでしたね。

    まぁまぁですな

  • ミラジョボが連続殺人事件に巻き込まれたせいで頭を打って、
    相貌失認という脳障害を負って、犯人の顔はもちろん
    周囲の人の顔の記憶や識別ができなくなってしまうサスペンス。

    だいぶ前に予告だけ観ていて、相貌失認の演出の部分は
    すっごく面白そうだったので観ました。
    映画本編でもその部分は面白いんだけどちょっとわかりづらい。
    最初、違う人に見えなかったです(笑)。お、俺が逆相貌失認なのか??
    たぶん、外国人を見たら全員同じ人に見える感覚だからでしょうか。

    主人公の孤独感はすごく出ててよかったです。あとミラジョボ感。
    肝心のストーリーの方は火サスっぽくあまりにもベタすぎ。チープ。
    なんか惜しい。
    ひとりのキャラクターを複数のキャストが演じてるので、
    エンディングテロップでのキャスト一覧がえらいことになっててウケました。
    ミック・ジャガーの元恋人、マリアンヌ・フェイスフルがでてます。
    昔を語るエピソードがちょっと切ない。

  • 顔見知りの連続殺人犯


    連続殺人犯の犯行を偶然目撃してしまい、逃げる途中で頭を打った主人公は人の顔を認識出来なくなってしまう。


    犯人の顔が分かっているのに、犯人が間近にいても分からないサスペンスと聞いてチェック。

    ミラ様の感動的な大根演技と、90年代にタイムスリップしたかのような面白脚本で非常にニヤニヤした。良い。

    まさか2012年の映画で「安全装置が外れてないぜ!」とギャグ無しで言われるとは思わなかった。


    バレバレの犯人と、おざなりなロマンスと、いい感じにビッチな主人公の三位一体でダメ映画なのに退屈しない。これはこれで。

  • 思わず声に出してつっこみたくなる…
    ヒゲかい!

  • 相貌失認という症状のネタは面白いが、ケレスト刑事が髭を剃るタイミングがおかしかったこと、仕草もだけどむしろ声で相手がすぐ分かるんじゃないの?という疑問、中盤で犯人が分かっちゃってサスペンス味に欠けたこと、ラストのご都合主義なモノローグなど、イマイチな部分も多かったので☆2。
    人の顔が見るたびに違って見えるだけでもこの上なく孤独な気分になるだろうに、自分の命を狙っている人間が目の前にいるかもしれないにも関わらずそうと分からなかったら、恐くて他人と会うなんてできないだろうな。

  • 着眼点はとても興味深くていいんですけどね。
    まぁ、何ちゅうか…ミラジョボビッチのアイドル作品って所です。
    顔認識が出来なくなるって、当たり前過ぎて考えてことなかったですけど、怖いですね。
    作中だと親しい人でも全然わからないような描き方でしたけど、気持ちが落ち着いてくれば声とか空気感で分かるかもしれないですけどね。
    しかし物語が雑でした。出だしであれだけ酷い物言いの刑事さんが「初めて会った時から…」だなんて、「はぁぁぁぁ〜(ー ー;)」って感じだし、プロファイラーの刑事さんが犯人って言うのもねぇ〜あまりにも都合良すぎる。最後追い詰められるのが同じ橋の上…出来過ぎだよ。
    エンディングの臭いナレーションにも驚愕します(笑)
    一発必中ですか(°_°)
    ま、その辺に転がってる駄作ですね(笑)

  • 殺人事件に居合わせたアンナは強く頭を打ち、人の顔を判別する事ができなくなった。犯人の顔も分からないまま、魔の手は迫る。というような話。
    顔が判別できた刑事が犯人だと思いました。あれって顔が判別できる唯一の人=運命の人って演出だったの???判別=忘れられない=犯人だと思って殺伐としたよ私は……。

  • ミラ・ジョヴォヴィッチを見るだけの映画…

    殺人場面に遭遇したけど、頭を打って人の顔が見分けられなくなり犯人の顔も認識できなくなった女性の話。

    男に頼りっぱなしのミラ・ジョヴォヴィッチはレアかな。

  • 人の顔を認識できなくなるって設定は面白い。ミラ・ジョボビッチも相変わらず美しい。なのに脚本が両方を活かしきれてない不幸。正直途中でだれまくり。もったいないなー。ミラ・ジョボビッチの周りを似たような顔の俳優を配置してるから見てる方も誰が誰だか分からなくなってくるのは唯一上手いなあと。でもそれだけ。肝心の展開が単調で先が読めてしまう。手に汗握るサスペンスをと思って観賞すると火傷する。ミラ好きならばぜひ。

  • 2時間TVドラマ…

全50件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

フェイシズ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

フェイシズ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

フェイシズ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする