HELL [DVD]

  • 30人登録
  • 2.79評価
    • (0)
    • (2)
    • (11)
    • (6)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : ティム・フェールバウム 
出演 : ハンナ・ヘルツシュプルング  ラース・アイディンガー  スタイプ・エルツェッグ  アンジェラ・ヴィンクラー  リサ・ヴィカリ 
  • アルバトロス (2012年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532318406015

HELL [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まず設定が面白い。近い将来起こってもおかしくない現実的な設定がドイツらしい…
    やたら眩しい日差し、枯れ木だけの殺伐とした風景が印象的。撮影の問題もあるからか森の中や田舎での設定になっているけれど実際にはビルや建物が多い街の中の方が生きて行くには適しているのでは…と感じてしまう。やはり水の確保や食料の確保が難しいのだろうか。ただ動植物が絶滅しているような状況であれば街でも森でも大差ないような気がしなくもない。
    生き残る…生き続けることにどれほどの執着があればこんな世界を生き抜いていけるのだろうか、私は早めに辞去したいと考えてしまう。
    こういったシチュエーションでは大抵、家族愛が大きな基軸になっている気がするが、本当にここまでの強さや拠り所になるのだろうか、家族よりも身内や仲間意識の方が強い私には血の繋がりに重点を置く理由がわかりにくい気もする。
    ラストは希望を感じさせるような終わり方であったが、全体の流れを考えると救済の希望がある土地に辿り着いてもそれを守り続ける戦いが始まる気がしてならない。
    現実、一番の敵は人間なのだ相手を喰ってまで生き延びようとするその執念…
    HELL...とはいい題名だと感じる

  •  文明が崩壊した近未来、姉妹と男は複数の人間に襲われる。妹をさらわれて姉が逃げ込んだ村は。。。

     ネタばらししてしまうとゴア描写の一切ないカニバリズムもの。なんか話が追いにくいが、雰囲気はいい。
     やけに太陽がまぶしく印象的だと思ったら、文明が崩壊したのが温暖化が原因というのがいかにも環境保護大国のドイツらしい。

  • SFサバイバルスリラー。特に面白くはなかったけど、丁寧な作りだったので最後まで飽きずに見れた。ラストは「あれっ。今ので終わり!?」というくらい唐突な終わり方ですっきりしない。流れ的にもう一盛り上がりくらいはあるかなと思ってたので、少しもやもやする

    人肉食べるしかなくなった云々は一応、怖い所なのかなあ。彼氏が殺される所も残酷なシーンのわりに、特に何も感情がわかなかった。ものすごく暇で仕方ない時なら1度くらい観てもいいんじゃないかなという作品

  • 太陽が活発すぎて?
    地球の温度が10度上昇してしまった世界
    水や食料も枯れてサバイバル

    アルバトロス作品では
    おもしろい方だと思う

    ただ人を家畜にする村人たちの
    爪の甘さ笑った(^∀^)

    閉じ込められた人間があんだけいて
    手足も縛られてない状態なら
    早いとこ団結して逃げれそうなもの
    とかつっこんじゃう

  • ○日本語字幕
    ○日本語吹き替え
    *
    *
    *
    なかなか面白かった。
    ただ最後がよく分からなかった。
    鳥の向かう先に何を思った?
    緑の山発見かと思って確認したけど、はげ山だった。
    こんな状況で3年って無理だよ。

    人間農場は条件さえ飲めば悪くない話だと思う。
    食材的に無理だけど。
    食料も燃料も尽きかけている。新しいものは生産されない。
    確実に先細りな未来。身を任せて死んでいくのが正しいと思う。
    環境に適応できないんじゃ仕方ない。
    諦めじゃなく、自然淘汰だよ。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする