ソードアート・オンライン 1【通常版】 [DVD]

  • 56人登録
  • 3.63評価
    • (8)
    • (7)
    • (12)
    • (2)
    • (1)
  • 8レビュー
監督 : 伊藤智彦 
出演 : 松岡禎丞  戸松遥 
  • アニプレックス (2012年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4534530057693

ソードアート・オンライン 1【通常版】 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 見終わった!
    没入したくなるお話だったわあー
    ネタバレ。



    前後半もの。
    後半はサービスパート感がすごい。
    しかしよく戻ろうと思えるなみんな。
    自分なら完全にモブキャラで、でも攻略とか夢見ちゃって死んじゃうタイプの人間です。
    amoを現実だと受け入れて、そして現実に戻っていっただけなのかもしれないけど。

  • 安定のNetflix

    一話ごとにストーリーが進むスピードが早くて楽しい。無駄なシーンを飛ばしてくれてありがとう!


    **
    ギルティ侍のキリトくん
    中二の夢が詰まったキャラクター。

    アスナがしょっちゅう剣を出して脅してるのが笑える。どんだけ現実世界で不満たまってるんだろう。
    あとシリカは女から嫌われるタイプ。あざとすぎ。miwaかよw
    てか登場人物全員クセが強すぎて無理w
    アニメなのにイライラするw

    ネトゲの世界って独特すぎて好きじゃないんだよね。
    データに価値を感じられないし、仮想世界で強くても現実世界には何も意味ないし。
    現実世界では輝かない人ばかりいるイメージ。
    だから顔がリアルになるっていう設定はやめるべきだったはず。キモオタがでてこないのおかしい。


    そーいうのが好きな人には、最高なストーリーなんじゃないかな。
    中二病要素満載のネーミングセンスのギルド()とか組めるしw

  • 結構面白かった。
    オンラインゲームはやったことないけどサーバーとか、バグとか、管理者権限とか、その辺のキーワードが、ね、なんか。
    14歳16歳の主人公とヒロインが仮想世界で結婚だのなんだの言って幸せそうな感じにはイラっときたけど。(いいシーンなんですよ、ほんとうに、良いシーンなんだけど。笑)もうちょっと大人の年齢だったらこの辺の話題でも納得感がありますが、14歳位の中学生が、と思うと、、、。でもこの位の年齢設定にしておかなきゃバーチャル世界でのストーリーとして作りにくかったのかなあ、と思ってみたり。確かに成人のプレイヤーはいますが。

    と、いう上記の理由からキリト君はカッコいいのですが、もうちょっと成長しているキリトくんを見たかったです。これは完全に見た目の話。
    一番しっくり来るのはアバターでも私服でもなく、制服姿だったし。童顔だよねキリトって。
    私、ショタコンじゃねえんだな、と思った。

    しかし第二部でおにいちゃんと妹ネタがあんなに露骨に出て来るとは思わなかった。
    リアルでも現実世界でもやりにくそうだなあ。

    二期放送中らしいので、続編もきになるところ。

  • 面白い。

  • 全25話まで観終わった。
    1話のネカマがバレルシーンが笑えた。
    サンジの声はすぐにわかる♪
    12話でユイが消えるところは不覚にも泣けた。

    キリトばかりがモテモテ。
    スグハがダブルで失恋して可哀想だった。
    こんなバーチャルなゲームをやってみたい。

  • 現代にマッチした最高の作品。キャラもそれぞれ愛すべき要素を備えてる。早く続編見たい!!

  • ゲームの中に捕まっちゃって、人との連携がキツくて、つねに死のリスクがつきまとってくるのが過酷で怖い。
    ゲームしてる感覚がリアル!フル装備リアルオンラインとか速く開発してくんないかな!凄く楽しそうだ!
    この作品の本当の良さは、ゲーム好きさんが「ファンタジーを書いてる」んじゃなくて、ゲーム好きさんが「ゲームしてる感覚をリアルに描いてる」のがいい!ゲームが好きなんじゃなくて、ゲームするの楽しいのが好きなんだよね〜!オンラインしたことないのに、している感覚に陥る。SAOをナーヴギアでやってみたい!!
    剣の動き、軌道効果線、効果音、なんか全てが軽く、早く、めっちゃ動く!!もう戦闘最高!!スイッチとか決めがあるのがいい!気持ちいい〜〜〜!!!
    飛行シーンは本当最高!私も飛んでみたい!でも一番に料理が一番したい!包丁でシュッシュッってするやつが超したい!

    人間の醜い争いが勃発して大人数パーティーは出来ず我先にって感じの第一話。やっぱ人間ってダメだわぁ
    SAO始まってすぐは戦いヲタになっちゃったキリトなのに、ギャルゲー並に女の子めっちゃ出てくる…。その割には、下心がない主人公って(…なに?ネットの童貞共の理想像でしょ?)って思って最初は見てたけど
    女の子たちはみんな可愛いし1番初めに会ったアスナが一旦分かれてまた再会ってのはいいね!選び抜いた感!!
    あれ?ここが大嫌いなギャルゲーぽいのに!そこがいい!
    そこから結ばれて一緒に暮らして結婚しての流れは最高!!!4,5話ぐらいしか一緒にいてないけど、ここが一番好き♪
    アスナちゃんかわいすぎ!服は清楚系なのに元気で可愛いし、これで強くてしかも手料理も凄腕の家庭的女性!完璧すぎ!
    ネグリジェみたいなので寝てたよね?夫婦だしいいんだけど、ドキドキした〜!
    あとめっちゃ強いのは気持ちいいね。アスナまで強い最強夫婦ってなんて気持ちいいの!みんなが唖然とするシーンいっぱいあったけど、何回みても気持ちいいもんだねwww

    SAOの終わりはめっちゃさっぱりしすぎてて好きくはないな。そのあとのAIOも、SAOが脳内に残りすぎてて耳尖ってるのがめっちゃ嫌だった。
    でもアスナ助けるため、和やかにでもすごい頑張ってくれたキリトとリーファの二人が微笑ましかった。
    アスナ脱出できないかハラハラしたり、王のあいつはキモすぎて大ッキライでイライラしたり、それをやっつけて、ちゃんと殺さずに法で裁かせたのがえらいぞ!って褒めたくなのほど嬉しかった!
    新しい学校でみんな一緒でオフ会とか2次会とか、またゲーム内で落ち合うとか、なにそれ!すごい楽しそう!!
    キャラ引き継ぎ設定とかすごいいい終わり方じゃーん!
    初めの嫌な感じはどこへやら、SAOが私は大大大好きになってしまいました♪
    でもアスナALOでは髪の毛青色なの!?見慣れなさすぎていやーー!

    GGO編はスパイとして入るって、個人的にはSAOに未練があるみたいでなんか違うなぁって思ってしまう。だってキリトくんもうこのネット探偵職に就職しなよって感じで…。
    まぁGGOって名前でも剣とかも装備できるから、安心(*´ω`*)銃アクションに興味はないんだよねー。
    今オンラインゲームは繋がってるから、アスナたちは観戦することができるのね!まさかアスナこないよね?ううう、なんでだろうね。死んでしまうんじゃないかって心配になっちゃうんだよ〜。頼むから、怪我とかも怖いし、アスナは来ないで〜(´;ω;`)
    GGO編はとにかくキリコちゃんが可愛かった!カッコイイ服着てるのに、いつもキリトなのに、悩んでるとことかしゅんとしてるとことか可愛い!色んなキリトさんいたけど一番心鷲掴みにされたわ!
    あと剣技がいつもながら素晴らしい!でもビームサーベルだから、今まではなかったブォオオンって言った効果音が、いつもより存在感を際立たせてると思う。そんなに主張しないほうがカッコイイかもだけど、これはこれで違った味でいいね!それと、つい癖で背中に剣をしまう動作するとこ、ちょーカッコイイ!マジ!
    GGOになってまったく趣旨が違うのにSAOが絡んでるのがまたいいね。剣で銃弾を切るところは本当に感動。だってくるくる回転したり、無理な体勢にならなきゃならない場面が多くて、いつもよりアクロバティックなのがすごくカッコイイ!
    シノントラウマ克服おめでとう!
    ユウキ登場した「マザーズ・ロザリオ編」私、凄く感動しで泣いたよ。
    キリトさんよりも強い剣技を持つ「絶剣」と言われた、11連撃を編み出した最強の剣士。ユウキ。まさかの病気持ちでフルダイブの申し子とは医療器具満載でオンラインことだったのか…
    ユウキの最後の数ヶ月はリアルでもゲームでもずっとみんなと一緒にいる時間が多くて嬉しかった。ユウキは最後こんなにも多くの人達の善意に囲まれて、幸せに思えたよね。葵ちゃんの声カラカラで力が無い演技が上手すぎて、涙が溢れ出てくるよ。臨場感出過ぎだよ。
    この言葉私、死ぬ時に思い出したい。
    「新しい旅が、ココと同じくらい楽しいものになりますように」

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ソードアート・オンライン 1【通常版】 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ソードアート・オンライン 1【通常版】 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ソードアート・オンライン 1【通常版】 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ソードアート・オンライン 1【通常版】 [DVD]はこんな映画です

ツイートする