新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース) [Kindle]

  • 237人登録
  • 3.83評価
    • (13)
    • (26)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 貞本義行
制作 : カラー 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2007年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (167ページ)

新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

  • まとめ買い(1冊50円)で購入。まだ1巻なのでとりあえずの評価。この段階では特にコメントなし。

  • 電子書籍にて再読。

  • 今年出る14巻でめでたく完結ということで、13巻までどっさり購入。長期連載だにゃ。
    シンジと同世代のはずが、いつの間にかミサトさんの年齢も越してしまった。でもオモチローイ。
    貞本版のシンちゃん好き。

  • amazonでセールに出逢い、原作派なわたくそは大人買い!

    映像だと、複雑な世界観についていけないとこもあったので、
    その確認もしつつサクサク読み進める。

    この時代から、いわゆるゆとり世代に代表される、
    若者の潮流が始まってたのかな?

  • 初号期ぺろぺろ

  • シンジ君の決断のシーンと綾波との絆の芽生えが詳しくかかれていてとても面白かったです(*^^)

  • 最近、庵野秀明がちょっとしたマイブーム(本人がauのテレビCMに出演していたり、週刊文春の名物連載「阿川佐和子のこの人に会いたい」に登場していたり)ということで、ちょっと取り上げてみた。みなさんご存じ「新世紀エヴァンゲリオン」のコミック版。順番としてはアニメ放映が先で、コミックスが後追い。コミック版は進むのがあまりにも遅くて、もう10年前から読むのをやめている。だから、アニメ版とコミック版で内容が同じなのかどうかはよく知らない(興味もない)。ただ、未だに完結していないという事実には素直に驚かされる。ググってみたところ、最新刊は13巻らしい。

  • Kindleセールで通常540円のところ、270円になっていたので購入してみた。グイン全巻揃えてからというもの、Kindle本を買うことに全くためらいを感じなくなってしまった。既にKindlePWとKindle Fire HDを合わせたよりも購入した書籍代の方が高いという、Amazonの思惑にハマりまくっているが、全く後悔していない(笑)。
    アニメ版開始前の1995年から連載開始された貞本義行氏によるマンガ。アニメ版と旧劇場版を原作とするコミカライズ作品、という位置づけらしい。
    第1巻はシンジ登場から第3使徒サキエルの襲来。初号機の頭が撃ち抜かれ、初めての搭乗で初めての暴走という、今思えばなんとも衝撃的な物語のスタートが描かれている。シンジがアニメ版よりも意外といろいろ考えているということが描写されていて、なかなか興味深い。

  • 友達のせーるくんがエヴァを
    「ヴァンゲリ」って訳したりヨドバシカメラを「バシカメ」って略したりするんだお。
    だからハゲちゃんはエヴァをそっと心のなかで「ヴァンゲリ」って略してるんだお

  • BookLive! で全額ポイントバック(=実質0円)だったので購入。
    テレビ放送よりコミック連載の方が先だったんですね。だからテレビ版よりちょっと印象が違うのか。
    全話完結したら、全巻買ってもいいかも。いつ完結するか知らんけど(苦笑)。

全14件中 1 - 14件を表示

新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)に関連する談話室の質問

貞本義行の作品一覧

貞本義行の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)はこんな電子書籍です

新世紀エヴァンゲリオン(1)<新世紀エヴァンゲリオン> (角川コミックス・エース)のコミック

ツイートする